Web音遊人(みゅーじん)

UKパンク・ロックの伝説ザ・ダムドがオリジナル編成で2021年に復活

ザ・ダムドが2021年7月、オリジナル・ラインアップで英国ツアーを行うことが発表された。

1976年10月にシングル『ニュー・ローズ』でデビュー、イギリスのパンク・ロック・バンドとしては初めてレコードを発表したのがザ・ダムドだった。彼らはまた1977年3月から、イギリスのパンク・ロック・バンドとして初めてアメリカでツアーを行ったことでも知られている。

セックス・ピストルズやザ・クラッシュと並んでUKパンクのオリジネイターとして敬愛されるザ・ダムド。ファースト・アルバム『地獄に堕ちた野郎ども』(1977)は時代を超えて聴かれる名盤であり、『ニュー・ローズ』『ニート・ニート・ニート』は永遠のパンク・クラシックスだ。

吸血鬼ヴィジュアルのデイヴ・ヴァニアン(ヴォーカル)と赤ベレー帽とユーモラスな言行のキャプテン・センシブル(ベース、ギター)を軸に、ザ・ダムドはメンバー交替を繰り返してきた。ポール・グレイ(ベース)やピンチ(ドラムス)らもバンドに長く在籍、“サマーソニック2019”でも呼吸の合ったエキサイティングなステージを披露したが、熱心なファンが思い描くザ・ダムド像といえばやはりラット・スケイビーズ(ドラムス)とブライアン・ジェイムズ(ギター)を含むオリジナル・ラインアップではなかろうか。

『地獄に堕ちた野郎ども』に続くセカンド・アルバム『ミュージック・フォー・プレジャー』(1977)を発表した後のバンド解散を経て、オリジナル編成は崩壊。一時は再合体を果たすものの、ブライアンは1991年、ラットは1996年に再び離脱している。

映像ドキュメンタリー作品『地獄に堕ちた野郎ども』(2015)では、2人の脱退にまつわるエピソードが語られている。ガンズ&ローゼズが『ニュー・ローズ』をカヴァーしたことで作曲者のブライアン1人に多額の印税が入ったことは他のメンバーにとって面白くなかったようで、キャプテンがライヴ「次はガンズ&ローゼズの曲をやります〜」とおちょくって紹介。ブライアンがブチ切れてギターを放り出す映像も見ることが可能だ。さらに同作品ではキャプテンとラットの印税を巡る確執にも触れられている。

そんな人間関係のもつれゆえ、オリジナル・ラインアップの復活は困難かと思われたが、それが実現することになったのである。

2020年10月21日にはロンドンで4人が揃って記者会見を行い、再結成について語っている。それによると彼らは新型コロナウィルスの流行以前から話し合っていたとのこと。「タイミング的には良くない時期かも」と躊躇しながらも、「やらないと後悔するかも知れない」とツアーを発表したのだという。

オリジナル・ラインアップによるツアーは“1回のみ”。まず英国ツアー4公演が発表され、ロンドンでの追加公演も行われることになった。本記事の時点ではイギリス以外の日程は発表されていない。

キャプテンは記者会見で「まだリハーサルはしていない」と発言しているが、ライヴで演奏する予定の曲について「45年前と同じ」と語っている。1990年代初頭の再結成では『地獄に堕ちた野郎ども』からのナンバーを中心に、シングルB面でザ・ビートルズのカヴァー『ヘルプ!』、『マシンガン・エチケット』(1979)に収録されたMC5のカヴァー『ルッキング・アット・ユー』などもプレイされたが、今回はどうなるだろうか。

ブライアンが参加したもう1枚のアルバムである『ミュージック・フォー・プレジャー』からの曲にも期待したい。ピンク・フロイドのニック・メイスンがプロデュースした『ミュージック・フォー・プレジャー』から、例えば1977年にしてポスト・パンクの領域に踏み込んでしまった『ユー・ノウ』などもステージで盛り上がりそうだ。

それ以外にも、あの曲もこの曲も聴きたい。UKパンク・ロックの大ベテランの前では、我々はパンク少年少女になってしまう。

2021年7月の時点で世界がどうなっているかは神のみぞ知る。だが、“1回のみ”のツアーが可能であれば、レコード・デビュー45周年という節目となる2021年、ぜひ日本公演も行っていただきたいものだ。

来るべき日が来たら、我々はマスクの代わりに『ニート・ニート・ニート』ジャケットの紙袋を被って、UKパンク・ロックの生けるレジェンドを迎えよう。

■インフォメーション

DVD/Blu-ray『地獄に堕ちた野郎ども』

発売元:キングレコード
発売日:2020年3月11日
価格:1,900円(DVD)/2,500円(Blu-ray)※いずれも税抜
詳細はこちら
オフィシャルサイトはこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

広瀬香美さんインタビュー

今月の音遊人

今月の音遊人:広瀬香美さん「毎日練習したマライア・キャリーの曲が、私を少し上手にしてくれました」

5663views

藤田真央

音楽ライターの眼

クララ・ハスキルの覇者が魅せる古典派作品の世界/藤田真央 ピアノ・リサイタル

2195views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

6786views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

16882views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10951views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

9762views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

7208views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2910views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4756views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

6219views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

3715views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15839views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

7702views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

18316views

音楽ライターの眼

連載28[ジャズ事始め]渡辺貞夫が暗黒に覆われたニューヨークから日本へ持ち帰ったものとは?

75views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

3878views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

4877views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

34615views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

4313views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3114views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

17222views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2390views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19073views