Web音遊人(みゅーじん)

石丸由佳

口ずさめるようなメロディで、オルガンの音色に親しみを持たせたい/石丸由佳インタビュー

世界的に権威あるシャルトル国際オルガンコンクールで優勝後、国内外で活躍中のオルガン奏者、石丸由佳。宇宙をイメージして選曲した『オルガン・オデッセイ』、恐怖心をかきたてる『死の舞踏~悪魔のパイプオルガン』など、斬新な視点でオルガンの魅力を伝えるアルバムを発表してきた石丸の新作は『瑠璃色の地球 ~風のうた パイプオルガンで聴く想い出のポップス』。昭和〜平成を彩ったポップス曲を味わいのある音色で奏でたユニークなアルバムだ。

パイプオルガンで、人の声のように“歌う”

「パイプオルガンはまだ多くの方々にとって遠い存在。もし皆さんがよく知っている、口ずさめるようなメロディがオルガンの音色で聴こえてきたら、親しみを持っていただけるのではないかと思って」

新作のテーマをポップスにした理由についてこう語る石丸だが、パイプオルガンの歴史を考えると、決して突飛な発想ではないという。

「昔の作曲家たちが、教会のパイプオルガンで格式の高い音楽を演奏していたかといえば必ずしもそうではなくて、たとえばバッハは誰もが口ずさめる讃美歌をアレンジして弾いていました。オランダのスウェーリンクという作曲家は、礼拝でオルガン演奏を禁じる宗派が支配的だった当時、流行り歌(世俗曲)を弾くコンサートを開催していたそうです。当時の人たちにとっては、“ああ、あの歌ね”というメロディがオルガンから聴こえていたのでしょう」

それにしても、ポップスのように歌のメロディがはっきりした音楽をパイプオルガンで演奏するのは難しくないのだろうか。

「そうですね。パイプオルガンで人の声のように“歌う”のは実際かなりハードルが高いと思います。そこで今回は、辻オルガンを使って録音することにしました。オルガンビルダーの辻宏さんが製作した楽器で、日本各地の教会や学校などに設置されているのですが、このアルバムでは名古屋の結婚式場のチャペルに設置されたパイプオルガンを使いました。パイプは300本ぐらいで、6,000本近くもあるコンサートホールのオルガンに比べるとかなり小ぶり、鍵盤も1段しかないのですが、とにかくよく“しゃべる”楽器なんです」

オルガンが“しゃべる”とは、どういうことなのだろう?

「鍵盤を押して音が鳴る前に、わずかに“トゥッ”っていう金属音のような音がするんです。風が歌口(パイプの穴)に当たる音だと思うのですが、ヨーロッパの歴史的なオルガンにもこのような音がするものがあって、よく“しゃべる”楽器といいます。ほかにも、鍵盤とパイプの下の弁をつなぐ木製のアクションがカチャカチャという音をたてたり。工場生産ではなく、すべて手で作られた楽器ならではの味わいですよね。本当に繊細で、指が鍵盤に少しでも触れるとすぐに風が入ってしまうので、演奏するのはとても難しいですが、人の声を表現するにはぴったりだと思いました」

石丸由佳

気鋭の作曲家たちによるアレンジも今作の聴きどころ。アルバムの幕を開ける『翳りゆく部屋』(作詞・作曲:荒井由実)の前奏から、まるで教会音楽のような響きが印象的だ。
「アレンジをしてくださった坂本日菜さんは、教会の礼拝用の音楽を数多く手がける作曲家なのですが、同時にオルガネッタという小さな手回しオルガンのスペシャリストでもあって、今作で私が目指した素朴な音色のイメージをとてもよく理解してくださいました。オルガンは“ひとりオーケストラ”と呼ばれるように、あらゆる楽器の役割ができますが、今作ではあえてそういった万能の大型オルガンではなく、素朴な味わいを前面に出したいと思って」

『部屋とワイシャツと私』(作詞・作曲:平松愛理)のほっと心やすらぐ音色は、そういったオルガンならではだろう。
「この曲は、意外と苦労しました。“部屋とワイシャツと私”というサビの部分が、音符だけで示すと同じ音の繰り返しで、弾いているうちにモールス信号のように聴こえてきてしまって。アレンジしてくださった中村友美さんに、楽譜に歌詞も書き込んでいただきました。そうすれば、リコーダーのタンギングのように発音にアクセントをつけることができるので」

日本のコンサートホールならではのオルガン文化を作りたい

コンサートのアンコールで『瑠璃色の地球』(作詞:松本隆/作曲:平井夏美)を弾いたところ、お客さまから大きな反響があったという。2024年春、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館の専属オルガニストの任期を終え、所沢市民文化センター ミューズのホールオルガニストに就任した石丸は、「ヨーロッパの教会とは違う、日本のコンサートホールならではのオルガン文化を作る」という目標に向かって、日々オルガン音楽の裾野を広げている。

「りゅーとぴあの専属オルガニストに就任したのは2020年の4月で、任期のほとんどがコロナ禍だったのですが、パイプオルガンは飛沫感染のリスクがもっとも少ない楽器ということもあり、けっこう忙しくしていました。オルガン公演の企画はオルガニストに一任されているので、やりたいことをやらせていただいたという感じです。たとえばプラネタリウムのようにホールに星空を投影して、宇宙にちなんだ作品を演奏するコンサートは、引き続きやっていきたいですね。日常の忙しさを抜け出してホールに駆けつけ、客席につくやいなや宇宙へ飛んでいくみたいな。オルガンを通して、そんな体験をしていただけたら嬉しいです」

アイデアは無限に広がるという石丸の活動から、ますます目が離せない。

石丸由佳

 

石丸由佳さんにバイカウントクラシックオルガンの新モデル「Domus S8」と「Domus 4」を試奏していただきました
最新音源技術とAIの融合による新たなモデリング音源が搭載され、パイプオルガンの響きを一層リアルに再現できるようになった新モデル。試奏してみての感想をうかがいました。
「パイプオルガンは鍵盤を押すとパイプに風が入って、弱い音からふーっと音が立ち上がるのですが、そういった音の立ち上がりの感じがちゃんと再現できていますね。これは大きな進歩だと思います。風がパイプを通るときのノイズ、“音なき音”まで出るなんてすごいですね」
※撮影に使用したオルガンは発売前のため、一部ロゴ配置等が異なります。

■アルバム『瑠璃色の地球 ~風のうた パイプオルガンで聴く想い出のポップス』

アルバム『瑠璃色の地球 ~風のうた パイプオルガンで聴く想い出のポップス』

発売元:キングレコード
発売日:2024年3月13日
料金(税込):3,300円
詳細はこちら

photo/ 宮地たか子

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

上野耕平さん

今月の音遊人

今月の音遊人: 上野耕平さん「アクセルを踏み続けることが“音で遊ぶ”へとつながる」

12524views

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

音楽ライターの眼

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

4673views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

44532views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

109565views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

15377views

オトノ仕事人

最適な音響システムを提案し、理想的な音空間を創る/音響施工プロジェクト・リーダーの仕事

1967views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

14081views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2965views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19558views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4930views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4648views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25157views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

15377views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30630views

音楽ライターの眼

酒井麻生代のフルートには、ジャズのマイナー楽器として張ってきた虚勢を排した清々しさがある

6328views

小林洋平

オトノ仕事人

感情や事象を音楽で描写し、映画の世界へと観る人を引き込む/フィルムコンポーザーの仕事

1450views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

9484views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

8905views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6740views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5218views

ヤマハ製アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぶ、ヤマハ製アコースティックギター

8044views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

6038views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25157views