Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:木嶋真優さん「私は“人”よりも“音楽”を信用しているかもしれません」

テレビで明るくトークする姿を見ることも多いバイオリニストの木嶋真優さん。けれど、3歳半からバイオリニストとして厳しい道を歩み、世界の舞台で活躍してきた彼女の言葉には、ひたむきに音楽と向き合ってきた音楽家ならではの重みがあります。木嶋さんが理想とする「音遊人」の姿とは?

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

小学生の頃からいちばん聴いていたのは、チャイコフスキーの『交響曲第5番』だったかもしれません。最初にこの曲を聴いたとき、「あ、これが恋愛というものなのかな」と子どもながらに思ったのを憶えています(笑)。ロシア人のザハール・ブロン先生に師事する前からロシアの音楽が好きで、プロコフィエフやチャイコフスキーなどをよく聴いていました。
なかでも忘れられない思い出が、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチさんがロンドン交響楽団を指揮したチャイコフスキーの5番。18歳の時、そのコンサートの前半に出させていただいていたのですが、後半に聴いた5番の演奏がものすごく衝撃的に神々しくて。ロストロポーヴィチさんがオーケストラと一緒に生み出す音楽、あれ以上に心に残る演奏にはまだ出会っていません。
クラシック以外でいちばん聴いていたのは、大好きなMISIAさんの音楽。ブロン先生のレッスンに行くとき、iPodに入れて聴いていました。クラシックだとなにを聴いても、「ここはこういうことをしているんだ」と、演奏者の視点で聴いてしまうんですよ。ですから音楽を聴いて純粋に楽しむという意味では、MISIAさんですね。

Q2.木嶋さんにとって「音」や「音楽」とは?

「あなたにとって心臓とはなんですか?」という質問と同じですね。音楽がなかったら、私は生きていけないと思います。これまでの音楽人生が私そのものだったと思いますし、音楽によって生かされているという感覚があります。私にとって音楽は、自分の存在意義を肯定してくれるもの。言ってしまえば、「人」よりも「音楽」を信用しているところがあるかもしれません。
もちろん人生には、音楽に関係ないところでもさまざまなことが起こりますが、やっぱり音楽って、どんなときにも寄り添ってくれる存在なんですよね。すごく落ち込んで、なにかに頼りたいときは必ず音楽をかけていますし、逆に楽しい気分のときもかけています。そのぐらい私の生活において音楽は、空気のように自然にあるものです。
音楽を自分から切り離すことはできなくても、じつはバイオリンと距離を置くことはあります。3歳半からずっと弾いてきましたが、とても繊細な楽器なので、温度や湿度によって機嫌が悪くなって鳴らなかったり、雨の日などはステージに出た瞬間にコンディションが変わってしまったり……さんざん振り回されて疲れることはありました。けれど、音楽というものにまったく疑いを感じたことがないので、バイオリンをやめたいと思ったことはないのです。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

それ私です、私!(笑)先日のNHK交響楽団とのリハーサルで、はじめてにもかかわらず指揮の広上淳一先生に「いやあ、君の場合はもう自由にやっていいよ」と言っていただきましたが、もっと音で遊べるようになれたらと思っています。
「音で遊ぶ」って本当に難しいことだと、最近よく思うんです。とくにクラシックは長い歴史、いろいろな流れがあるわけで、それを壊さず遊ぶのは至難の業。けれど、素晴らしい音楽家、一流と呼ばれる方々は、必ずみんな舞台の上で遊ぶんですよね。私が一緒に演奏している室内楽のメンバーや、マルタ・アルゲリッチさんの仲間の音楽家などは、すごいハイレベルの演奏をしながら、絶妙に遊んできます。「遊ぶ」といっても、身勝手な、ただの自分の主張ではなく、遊べるスペースを相手にもあげることが大切。よく「音のキャッチボール」と言いますが、本当の意味でそれができている舞台は少ないと思います。卓越した音楽家だけに可能な、究極の世界でしょう。
私はステファン・グラッペリも大好きなのですが、音で遊べるという意味においてジャズミュージシャンは尊敬する、憧れの存在です。じつはひそかに「ジャズセッションの仕方」みたいな教則本を買って練習しているんですよ。今さら親切に教えてくれる人もいないので。そうやって最近、ようやく「音で遊ぶ」ということが少しずつ分かりはじめた。といってもまだ足の親指をちょっと入れたぐらいの段階ですが……そうだ! 音で遊べるようになったら「音遊人」に改名しますね(笑)。

木嶋真優〔きしま・まゆ〕
2016年、第1回上海アイザック・スターン国際バイオリン・コンクール優勝。2000年、第8回ヴィエニャフスキ国際バイオリン・コンクール・ジュニア部門にて日本人として最年少で最高位受賞。2011年、ケルン国際音楽コンクールのバイオリン部門で優勝、併せてその優れた音楽的解釈に対しDavid Garrett賞も受賞した。2002年度文化庁海外派遣研修員。2015年秋にはケルン音楽大学大学院を満場一致の首席で卒業、ドイツの国家演奏家資格を取得。現在、日本とヨーロッパに拠点を置き、意欲的に活動を行なっている。使用楽器はNPO法人イエロー・エンジェル、宗次コレクションより特別に貸与されたAntonio Stradivari 1699 ”Walner”。
オフィシャルサイトはこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:荻野目洋子さん「引っ込み思案だった私は、音楽でならはじけることができたんです」

2444views

サルヴァトーレ・リチートラ

音楽ライターの眼

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.2

2246views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

10253views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

4580views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

7309views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

3165views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

8455views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4005views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

13729views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

2946views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3375views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21079views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

6810views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

13729views

音楽ライターの眼

ジャズはクラシックの“なれの果て”なのかを考えてみようかな

6068views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

3173views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

7207views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

4805views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

15618views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3463views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

6508views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4005views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5982views