<< ピアニストコラムTOP

深見まどかの「C’est la vie~ 関西人のパリ音楽漂流記」

2015年ロンティボー国際音楽コンクール5位(1位なし)、2017年ブゾーニ国際ピアノコンクールファイナリストなど輝かしい成績を収め、世界的なピアニスト、マリア・ジョアン・ピリスからも賞賛を受ける深見まどかが、現在拠点を置くパリから日々の出来事や、演奏活動の様子などお届けいたします。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex 続きを読む

pianist 深見まどか

pianist 深見まどか
« 卓越した技術と音色を併せ持つヴィルトゥオーゾ» « 壮絶なパワーと集中力 » « 傑出したドビュッシー弾き。不可能を感じさせない技巧と個性 » - 仏ウエストフランス紙、クラシカジャンダ紙などのコンサート評より

« まどかさんは常に真摯に音楽に取り組み、音楽に対して献身的な愛を傾けるピアニスト。膨大なレパートリー、完全な音楽性と安定した高度なテクニック。 » - マリア・ジョアン・ピリス

京都市生まれ。東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て渡仏。パリ国立高等音楽院修士課程において3つの科(ピアノ、古楽フォルテピアノ、室内楽)全てを審査員満場一致の首席で卒業。同音楽院学長の推薦を受け、最優秀学生として仏国立学術団体アカデミー・フランセーズ奨学金を受けた。パリ・エコールノルマル音楽院コンサーティストディプロマ取得。また、アブデル・ラーマン・エル=バシャの勧めによりベルギー・エリザベート王妃音楽大学のアーティスト・イン・レジデンスを3年間務めた。 フィガロジャポン紙のパリ特集では若手演奏家を代表して、ジョルジオ・アルマーニ氏やギャスパー・ノエ氏らと共に紹介された。モーストリークラシック、月刊ピアノでインタビューや特集記事が掲載されている。今秋、フランスのCDレーベルからドビュッシー12の練習曲/ラヴェル鏡のアルバムがリリース、その後リスト、ブゾーニなどの作品集アルバムと世界初録音を含むエルサン、ルルーなどの現代音楽アルバムがリリースされ、iTunesなどで先行配信される予定。

シャンゼリゼ劇場、サルコルトー、サルガヴォー、カーザダムジカ、Flagey、Bozar大ホール、モハメド5世国立劇場などヨーロッパの主要ホールにソリストとして定期的に登場している他、オルセー美術館にて行ったドビュッシー練習曲全曲を含むソロリサイタルの模様はラジオフランスにて放送された。インターラーケン・クラシックス、パリ・ショパンフェスティバルをはじめとする著名な音楽祭にてソロリサイタルを行い、Flageyホールでのソロリサイタルの模様はベルギー国営RTBFラジオにてヨーロッパ全土に放送された。海外国際コンクールにおいて2010年ポルト市国際など数々の入賞を重ね、2015年ロンティボー国際音楽コンクール5位(1位なし)並びに最優秀ラヴェル作品演奏賞、2017年ブゾーニ国際ピアノコンクールファイナリスト、並びに最優秀現代曲演奏賞を受賞。第15回アメリカ・ヴァンクライバーン国際ピアノコンクールに選抜。第16回ワルシャワ・ショパン国際ピアノコンクールディプロマ授与。国内では全日本学生音楽コンクールなどに入賞。2012年度青山音楽賞新人賞受賞。ソリストとしてはこれまでに、ベルギー国立ワロニー管、パリ室内管、芸大フィル、フランス・パドルー管、ポルト国立管、モロッコフィルなどのオーケストラと共演。来シーズンにはドイツにてアンサンブル・モデルンとのコンチェルトデビューが決定。
現在はエコールノルマル音楽院やパリ郊外の地方音楽院などで伴奏助手や教員をしながら、日本とヨーロッパ各地で演奏活動をしている。
これまでにピアノを椿久美子、戎洋子、林佳勲、田村安佐子、角野裕、東誠三、上田晴子、ジョルジュ・プルデルマシェ、マリアン・リビツキー、菅野潤、ミシェル・ベロフ、アブデル・ラーマン・エル=バシャ、マリア・ジョアン・ピリス 各氏に、フォルテピアノをパトリック・コーエン、室内楽をイタマール・ゴラン、ケネス・ワイス 各氏に師事。


※上記は2018年7月23日に掲載した情報です。

No.6日本での公演に感謝。そしてドビュッシーに惚れ直した話

2019.01.11更新

 Meilleurs vœux pour l’année 2019 !
 謹んで新春のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございました。
新しき年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
 

数年前パリでクリスマス休暇を過ごした時に撮れた写真

 2019年の幕が開けましたね。皆様良い休暇を過ごされましたでしょうか。

 さて、年末のコラムでイタリアコンクール旅の後編を次回にと予告しておりましたが、先に年末年始の日本での公演のご報告とお礼を書かせて頂きます。

 12月、1月と日本滞在中に各地でお世話になりました皆様、コンサートに足を運んでくださった皆様、誠にありがとうございました。また、ご心配をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。

 まさかの車椅子帰国からの片足ギプス演奏、おまけに高熱とヘルペスですっかり病院の診察券コレクターと化しておりましたが、京都・東京を往復しながらなんとか無事に終えられました5公演、少しだけ振り返りたいと思います。 

ドビュッシーチクルス第2弾として、ベーゼンドルファー東京サロンにて、ウィーンの至宝・ベーゼンドルファーの280VCモデルという大変希少価値の高いモデルで演奏させていただきました。

 VCシリーズは始めて弾かせていただいたのですが、リハーサルで弾いてすぐに、その驚くべき柔軟性、色彩感に合わせて七変化してくれる様子に度肝を抜かれてしまいました。

 昔からあるベーゼンのあの独特な重厚感のある響きに、軽やかで煌びやかな音色がプラスされ、なんともいえない温かみと高貴な香りの漂う音。

 そういえば、昨年の8月に審査をさせていただいたコンクールの公式ピアノも、先日私が演奏させて頂いたのと同じピアノだったらしく。この頃からVCとのご縁があったとは感慨深いです!

 この全曲シリーズも残すところあと1回となってしまい、少々寂しくもあります。笑

 理解しなければ魅力を伝えることは出来ない!と、ドビュッシーにただ近づきたくて、全曲を「演奏する」ことでドビュッシーを「理解したい」と思ったのがきっかけだったこのシリーズ。

 このシリーズを支えて頂いているヤマハ様には何とお礼を申し上げればよいか、言葉もございません。
 恥ずかしながら始めて取り組む作品も多々あり、未開拓だった小品にも隠れた魅力が沢山あるんだと、ますます彼の作り出す世界の虜になる日々です。

 即興性のある自由奔放な音楽の中に理路整然とした無駄の無い主張があり、神秘性、幻想性、官能美、象徴主義と印象主義が一体となった世界。
そんな音楽を生み出せるドビュッシーを私は「ド変態」だと思っています。
もちろん、本来の意味での変態ではなく、特異な才能を持った独創性の強い「音楽変人」としての意味なのですが。笑
 「型や流派」の中で即興性が存在しているというところは、能や生け花などの日本文化に通ずるところもあるのでしょうか。

 昨年末のチクルス第2回では、ドビュッシー40歳代に作られた曲を中心に取り上げさせていただきました。
 彼の40代はというと、婚約破談、結婚、再婚と揺れ動く私生活の一方で(恋人の自殺未遂事件もあったり・・・!)、作曲家としては「ペレアス」や「海」の成功などで充実度を増し、万博や友人芸術家達からの様々な刺激でオリエンタリズムへの憧れが強く現れている頃です。

 いつかやってみたいと思っていた、没後に出版された「忘れられた映像」の第3曲「嫌な天気だからもう森へは行かないの諸相」を「版画」の第3曲「雨の庭」をお聴き頂いた後に違いを探しながら聴いて頂く試みも(ある種の脳トレ。笑)実現出来まして、嬉しゅうございました。

 「忘れられた映像」は生前未出版でありながら他の作品への影響が沢山見られる曲で、管弦楽のための「映像」第3曲「春のロンド」や「ピアノのために」の第2曲「サラバンド」も、この忘れられた映像の曲中に出てくるモチーフが原型になったと言われています。

 チクルス最終回は4月、ヤマハCFXを使用してのコンサートです。
 一人でも多くの方にご来聴頂ければ幸甚でございます。

 京都では、毎年年末にさせて頂いているわざ永々棟さんでのエラールシリーズのリサイタル第4弾をさせていただきました。
 こちらの公演は、大正時代に建てられた数寄屋建築の建物の中でフランスの象徴的ヒストリカルピアノでもあるエラールピアノを使い、休憩時には日本庭園を眺めながら特注の和菓子とお抹茶を愉しんで頂くという、和洋文化の融合した面白いスタイル。

 「ヒストリカルピアノ」とは、現存する「モダンピアノ」の前進となった歴史楽器です。
 ヒストリカルピアノの子孫であるフォルテピアノ、そのまた子孫であるスクエアピアノを作ったセバスチャン・エラールとその甥ピエールによって作られた楽器が、エラールピアノなのです。

 私の母校、パリ国立高等音楽院には歴史楽器が沢山あるのですが、なんと!ドビュッシーやラヴェルが当時実際弾いていたエラールピアノも置いてあるんです。

私も在籍中は古楽科の学生の特権で、よくこのピアノで練習させてもらって、おまじないのようにピアノを撫でてました。笑

 他には、東京ではサキソフォニストとのリサイタルや、京都ではこちらも毎年私の恒例行事となっております東日本大震災チャリティーコンサートで弾かせていただき、あっという間に日本滞在中の公演が終わりました。

ベーゼンドルファー東京にて演奏中の一コマ。

 ソフトペダルを全く使えず弱音のコントロールに終始苦心し、ギプスでバランスがうまく取れず酩酊状態で弾いているかのようで、酔いどれドビュッシーになってました。笑

 次回の日本でのコンサートは3月。ショパンやサンサーンスなどペダル必須の曲を演奏予定ですので、しっかりと骨と靭帯の回復に努めて参ります。

 今回のこの事故で、松葉杖で歩くという不自由さともどかしさから、普段気づかない人の優しさや有り難みに気付く事が出来て本当に勉強になりました。両親を始めとして支えてくださっている方々に多大な心配をかけてしまったというのが大変心苦しいです。

 「ありがとう Merci」は日本語でもフランス語でも私の大好きなよく使う言葉ですが、普段はどうしても時間に追われてしまう毎日で、軽くむやみに多用しがちでした。もっと重みを持ってその言葉を発信するようにし、「あたりまえ」をあたりまえと受け取らず、ささいな事にも感謝を忘れない心を持ち続けていきたいです。

 普段の自分の行いを省みるチャンスをくれたこの経験に感謝し、1日でも早い完全復活を目指したいと思います。

 皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します。

 à très bientôt (また近いうちに)!
 

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

執筆者 Profile

pianist 深見まどか

pianist 深見まどか
« 卓越した技術と音色を併せ持つヴィルトゥオーゾ» « 壮絶なパワーと集中力 » « 傑出したドビュッシー弾き。不可能を感じさせない技巧と個性 » - 仏ウエストフランス紙、クラシカジャンダ紙などのコンサート評より

« まどかさんは常に真摯に音楽に取り組み、音楽に対して献身的な愛を傾けるピアニスト。膨大なレパートリー、完全な音楽性と安定した高度なテクニック。 » - マリア・ジョアン・ピリス

京都市生まれ。東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て渡仏。パリ国立高等音楽院修士課程において3つの科(ピアノ、古楽フォルテピアノ、室内楽)全てを審査員満場一致の首席で卒業。同音楽院学長の推薦を受け、最優秀学生として仏国立学術団体アカデミー・フランセーズ奨学金を受けた。パリ・エコールノルマル音楽院コンサーティストディプロマ取得。また、アブデル・ラーマン・エル=バシャの勧めによりベルギー・エリザベート王妃音楽大学のアーティスト・イン・レジデンスを3年間務めた。 フィガロジャポン紙のパリ特集では若手演奏家を代表して、ジョルジオ・アルマーニ氏やギャスパー・ノエ氏らと共に紹介された。モーストリークラシック、月刊ピアノでインタビューや特集記事が掲載されている。今秋、フランスのCDレーベルからドビュッシー12の練習曲/ラヴェル鏡のアルバムがリリース、その後リスト、ブゾーニなどの作品集アルバムと世界初録音を含むエルサン、ルルーなどの現代音楽アルバムがリリースされ、iTunesなどで先行配信される予定。

シャンゼリゼ劇場、サルコルトー、サルガヴォー、カーザダムジカ、Flagey、Bozar大ホール、モハメド5世国立劇場などヨーロッパの主要ホールにソリストとして定期的に登場している他、オルセー美術館にて行ったドビュッシー練習曲全曲を含むソロリサイタルの模様はラジオフランスにて放送された。インターラーケン・クラシックス、パリ・ショパンフェスティバルをはじめとする著名な音楽祭にてソロリサイタルを行い、Flageyホールでのソロリサイタルの模様はベルギー国営RTBFラジオにてヨーロッパ全土に放送された。海外国際コンクールにおいて2010年ポルト市国際など数々の入賞を重ね、2015年ロンティボー国際音楽コンクール5位(1位なし)並びに最優秀ラヴェル作品演奏賞、2017年ブゾーニ国際ピアノコンクールファイナリスト、並びに最優秀現代曲演奏賞を受賞。第15回アメリカ・ヴァンクライバーン国際ピアノコンクールに選抜。第16回ワルシャワ・ショパン国際ピアノコンクールディプロマ授与。国内では全日本学生音楽コンクールなどに入賞。2012年度青山音楽賞新人賞受賞。ソリストとしてはこれまでに、ベルギー国立ワロニー管、パリ室内管、芸大フィル、フランス・パドルー管、ポルト国立管、モロッコフィルなどのオーケストラと共演。来シーズンにはドイツにてアンサンブル・モデルンとのコンチェルトデビューが決定。
現在はエコールノルマル音楽院やパリ郊外の地方音楽院などで伴奏助手や教員をしながら、日本とヨーロッパ各地で演奏活動をしている。
これまでにピアノを椿久美子、戎洋子、林佳勲、田村安佐子、角野裕、東誠三、上田晴子、ジョルジュ・プルデルマシェ、マリアン・リビツキー、菅野潤、ミシェル・ベロフ、アブデル・ラーマン・エル=バシャ、マリア・ジョアン・ピリス 各氏に、フォルテピアノをパトリック・コーエン、室内楽をイタマール・ゴラン、ケネス・ワイス 各氏に師事。
続きを読む

※上記は2018年7月23日に掲載した情報です。