<< ピアニストコラムTOP

深見まどかの「C’est la vie~ 関西人のパリ音楽漂流記」

2015年ロンティボー国際音楽コンクール5位(1位なし)、2017年ブゾーニ国際ピアノコンクールファイナリストなど輝かしい成績を収め、世界的なピアニスト、マリア・ジョアン・ピリスからも賞賛を受ける深見まどかが、現在拠点を置くパリから日々の出来事や、演奏活動の様子などお届けいたします。

(毎月1日、15日頃更新。※更新日は、都合により前後する場合がございます。)
コラムIndex 続きを読む

pianist 深見まどか

pianist 深見まどか
« 卓越した技術と音色を併せ持つヴィルトゥオーゾ» « 壮絶なパワーと集中力 » « 傑出したドビュッシー弾き。不可能を感じさせない技巧と個性 » - 仏ウエストフランス紙、クラシカジャンダ紙などのコンサート評より

« まどかさんは常に真摯に音楽に取り組み、音楽に対して献身的な愛を傾けるピアニスト。膨大なレパートリー、完全な音楽性と安定した高度なテクニック。 » - マリア・ジョアン・ピリス

京都市生まれ。東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て渡仏。パリ国立高等音楽院修士課程において3つの科(ピアノ、古楽フォルテピアノ、室内楽)全てを審査員満場一致の首席で卒業。同音楽院学長の推薦を受け、最優秀学生として仏国立学術団体アカデミー・フランセーズ奨学金を受けた。パリ・エコールノルマル音楽院コンサーティストディプロマ取得。また、アブデル・ラーマン・エル=バシャの勧めによりベルギー・エリザベート王妃音楽大学のアーティスト・イン・レジデンスを3年間務めた。 フィガロジャポン紙のパリ特集では若手演奏家を代表して、ジョルジオ・アルマーニ氏やギャスパー・ノエ氏らと共に紹介された。モーストリークラシック、月刊ピアノでインタビューや特集記事が掲載されている。今秋、フランスのCDレーベルからドビュッシー12の練習曲/ラヴェル鏡のアルバムがリリース、その後リスト、ブゾーニなどの作品集アルバムと世界初録音を含むエルサン、ルルーなどの現代音楽アルバムがリリースされ、iTunesなどで先行配信される予定。

シャンゼリゼ劇場、サルコルトー、サルガヴォー、カーザダムジカ、Flagey、Bozar大ホール、モハメド5世国立劇場などヨーロッパの主要ホールにソリストとして定期的に登場している他、オルセー美術館にて行ったドビュッシー練習曲全曲を含むソロリサイタルの模様はラジオフランスにて放送された。インターラーケン・クラシックス、パリ・ショパンフェスティバルをはじめとする著名な音楽祭にてソロリサイタルを行い、Flageyホールでのソロリサイタルの模様はベルギー国営RTBFラジオにてヨーロッパ全土に放送された。海外国際コンクールにおいて2010年ポルト市国際など数々の入賞を重ね、2015年ロンティボー国際音楽コンクール5位(1位なし)並びに最優秀ラヴェル作品演奏賞、2017年ブゾーニ国際ピアノコンクールファイナリスト、並びに最優秀現代曲演奏賞を受賞。第15回アメリカ・ヴァンクライバーン国際ピアノコンクールに選抜。第16回ワルシャワ・ショパン国際ピアノコンクールディプロマ授与。国内では全日本学生音楽コンクールなどに入賞。2012年度青山音楽賞新人賞受賞。ソリストとしてはこれまでに、ベルギー国立ワロニー管、パリ室内管、芸大フィル、フランス・パドルー管、ポルト国立管、モロッコフィルなどのオーケストラと共演。来シーズンにはドイツにてアンサンブル・モデルンとのコンチェルトデビューが決定。
現在はエコールノルマル音楽院やパリ郊外の地方音楽院などで伴奏助手や教員をしながら、日本とヨーロッパ各地で演奏活動をしている。
これまでにピアノを椿久美子、戎洋子、林佳勲、田村安佐子、角野裕、東誠三、上田晴子、ジョルジュ・プルデルマシェ、マリアン・リビツキー、菅野潤、ミシェル・ベロフ、アブデル・ラーマン・エル=バシャ、マリア・ジョアン・ピリス 各氏に、フォルテピアノをパトリック・コーエン、室内楽をイタマール・ゴラン、ケネス・ワイス 各氏に師事。


※上記は2018年7月23日に掲載した情報です。

No.7さかのぼり過ぎなイタリア紀行、後編。

2019.01.30更新

 皆様ボンジュールボンジョルノー!!

厳しい寒さが続く毎日かと思いますが、お元気でお過ごしでしょうか。

今回はやっと!イタリアコンクール旅の後編です。

季節が全く違う暑苦しい夏の紀行なので、写真を見ながら暖まってください。笑
 

なんだか7人の小人でも出てきそうな雰囲気ですが、普通に人間が生活しています。

 イタリア滞在中にお世話になったホストのご家族が、コンクール終了後にバーリの近郊にあるアルベロベッロという世界遺産の街の観光案内をしてくださったのです! 

まるでおとぎ話の世界に迷い込んだかのよう!

 このトゥルッリと呼ばれているとんがり三角屋根の建物、なんと16世紀の建物。開拓農民用の住居として建てられたのが始まりだそうで、ほとんどが当時のままの姿で残っており、「アルベロベッロのトゥルッリ」で世界遺産に登録されているのです。 

道端のジェラニウムが、ファンタジックな雰囲気をより一層濃厚に演出してくれます。

盆栽っぽいミニチュア。

 あまりに可愛いので値段を聞こうとしたら、外にいたおばちゃんに何かを言われた→ホストご家族の通訳によると「主人がバーに行ったきり帰ってこないから今日は店閉まいよ、明日来て」だった。

これぞイタリア。笑

 そういえば、電車の出発時刻になっても電車も人もいなくて不安になってたら、出発時刻の5分 「後」 くらいからホームに人が集まりだしたっけ。笑

ホストのお母様作。毎回、素人の料理とは思えない傑作で渾身のブォーノ(美味しい)が私の口から飛び出してました。

トゥルッリに差し掛かる夕日を眺めながらイタリアで1番美味しい (と現地人が言っていた) ジェラート屋さんのジェラートを食べた瞬間、幸福度は最骨頂に。

 帰りの機内では、ジローラモさん似の日焼けしまくった叔父さんが、ひたすらイタリア訛りの英語で、私が無視し続けてもずっと話しかけてくる。

 そんなイタリア人の明るさに終始微笑みながら帰路に着いたのでした。
 

ファイナル終了後のパーティで、入賞者や審査員の先生方と記念に。
イタリア人の陽気さが写真からも伝わります。笑

 それでは皆様、また次回!

チャオチャオー!

 あ、チャオはイタリア語なのにフランスでもよく使うんです。笑

  • << 前の記事
  • >> 次の記事
  • 最新の記事

執筆者 Profile

pianist 深見まどか

pianist 深見まどか
« 卓越した技術と音色を併せ持つヴィルトゥオーゾ» « 壮絶なパワーと集中力 » « 傑出したドビュッシー弾き。不可能を感じさせない技巧と個性 » - 仏ウエストフランス紙、クラシカジャンダ紙などのコンサート評より

« まどかさんは常に真摯に音楽に取り組み、音楽に対して献身的な愛を傾けるピアニスト。膨大なレパートリー、完全な音楽性と安定した高度なテクニック。 » - マリア・ジョアン・ピリス

京都市生まれ。東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校、同大学音楽学部を経て渡仏。パリ国立高等音楽院修士課程において3つの科(ピアノ、古楽フォルテピアノ、室内楽)全てを審査員満場一致の首席で卒業。同音楽院学長の推薦を受け、最優秀学生として仏国立学術団体アカデミー・フランセーズ奨学金を受けた。パリ・エコールノルマル音楽院コンサーティストディプロマ取得。また、アブデル・ラーマン・エル=バシャの勧めによりベルギー・エリザベート王妃音楽大学のアーティスト・イン・レジデンスを3年間務めた。 フィガロジャポン紙のパリ特集では若手演奏家を代表して、ジョルジオ・アルマーニ氏やギャスパー・ノエ氏らと共に紹介された。モーストリークラシック、月刊ピアノでインタビューや特集記事が掲載されている。今秋、フランスのCDレーベルからドビュッシー12の練習曲/ラヴェル鏡のアルバムがリリース、その後リスト、ブゾーニなどの作品集アルバムと世界初録音を含むエルサン、ルルーなどの現代音楽アルバムがリリースされ、iTunesなどで先行配信される予定。

シャンゼリゼ劇場、サルコルトー、サルガヴォー、カーザダムジカ、Flagey、Bozar大ホール、モハメド5世国立劇場などヨーロッパの主要ホールにソリストとして定期的に登場している他、オルセー美術館にて行ったドビュッシー練習曲全曲を含むソロリサイタルの模様はラジオフランスにて放送された。インターラーケン・クラシックス、パリ・ショパンフェスティバルをはじめとする著名な音楽祭にてソロリサイタルを行い、Flageyホールでのソロリサイタルの模様はベルギー国営RTBFラジオにてヨーロッパ全土に放送された。海外国際コンクールにおいて2010年ポルト市国際など数々の入賞を重ね、2015年ロンティボー国際音楽コンクール5位(1位なし)並びに最優秀ラヴェル作品演奏賞、2017年ブゾーニ国際ピアノコンクールファイナリスト、並びに最優秀現代曲演奏賞を受賞。第15回アメリカ・ヴァンクライバーン国際ピアノコンクールに選抜。第16回ワルシャワ・ショパン国際ピアノコンクールディプロマ授与。国内では全日本学生音楽コンクールなどに入賞。2012年度青山音楽賞新人賞受賞。ソリストとしてはこれまでに、ベルギー国立ワロニー管、パリ室内管、芸大フィル、フランス・パドルー管、ポルト国立管、モロッコフィルなどのオーケストラと共演。来シーズンにはドイツにてアンサンブル・モデルンとのコンチェルトデビューが決定。
現在はエコールノルマル音楽院やパリ郊外の地方音楽院などで伴奏助手や教員をしながら、日本とヨーロッパ各地で演奏活動をしている。
これまでにピアノを椿久美子、戎洋子、林佳勲、田村安佐子、角野裕、東誠三、上田晴子、ジョルジュ・プルデルマシェ、マリアン・リビツキー、菅野潤、ミシェル・ベロフ、アブデル・ラーマン・エル=バシャ、マリア・ジョアン・ピリス 各氏に、フォルテピアノをパトリック・コーエン、室内楽をイタマール・ゴラン、ケネス・ワイス 各氏に師事。
続きを読む

※上記は2018年7月23日に掲載した情報です。