ヤマハピアニストラウンジ Facebook

Pianist:シャルル・リシャール=アムラン氏(Charles Richard-Hamelin)じっくり作品に向き合い、ピアニストとして成長していきたい この記事は2016年4月1日に掲載しております。

鮮烈な個性の競演となった第17回ショパン国際ピアノコンクール。温かな包容力のある音楽で聴衆を魅了し、
第2位(併せてソナタ賞)に輝いたシャルル・リシャール=アムランに、コンクールを振り返りながら、
これまでの歩み、今後の抱負などを語っていただいた。

ヤマハCFXはショパン作品の繊細な表現に適している

 3週間にわたって極度の緊張の中でショパンの作品に向き合ったコンクールの日々を振り返って、彼のパートナーとなったヤマハCFXに助けられたと語る。
「緊張してナーバスになっているときでも、信頼できるパートナーがいることで安心して演奏できました。何度もくじけそうになりましたが、楽器に救われたと感じています。1845年製のプレイエルを弾いたことがあるのですが、現代のピアノはショパンの時代のピアノとまったく違います。そういう意味で、現代のピアノの中でヤマハCFXは、ショパンの作品の繊細な情感を表現するのにもっとも適していると思います。また、ヤマハCFXのソフトペダル(左のシフトペダル)は、僕がこれまで出会ったどのピアノよりも優れていると感じました。ソフトペダルを踏むと音がどうしても薄くなってしまうのですが、音のクオリティが変わらずに美しく響いてくれて、右のダンパーペダルと組み合わせて音色の色彩や濃淡のグラデーションをつくり出すことができました」

Pianist:シャルル・リシャール=アムラン氏(Charles Richard-Hamelin)じっくり作品に向き合い、ピアニストとして成長していきたい

 2016年1月に日本各地で開催された入賞者ガラ・コンサートでは、ワルシャワで絶賛され、ツィメルマンからソナタ賞を贈られた《ピアノ・ソナタ第3番》、《ピアノ協奏曲第2番》を、みずみずしい詩情あふれる演奏で聴かせてくれた。
「《ピアノ・ソナタ第3番》は、19世紀のロマン派のソナタの最高傑作だと思います。それぞれの楽章が完璧に書かれているだけでなく、4つの楽章の統一感が素晴らしいのです。緩徐楽章の中間部のアルペジオの旋律は、第1楽章の出だしの下降型と同じですよね。緻密な構成感、精緻な陰影、ダイナミックな楽想、偉大な作品だと思います」
  ツアー中の6人の入賞者の仲睦まじい様子も微笑ましかった。
「11日間に9つのコンサートというハードなスケジュールでしたが、ほかの入賞者たちと修学旅行のようなツアーを楽しみました。コンクールの入賞者同士が、コンクールの後でこのように絆を深めることができるなんて素敵なことだと思います。ショパンの音楽が大好きで、演奏するのが楽しくて仕方がない仲間が集まったという感じですね。あまり観光はできませんでしたが、新幹線の車窓から日本の風景や人々の暮らしの様子を眺めました。富士山の雄大な姿も見ることができましたし、東北の自然も美しかったです。すばらしいホール、ピアノ、そして僕たちの演奏を熱心に聴いくださる聴衆の方たち……、日本が大好きになりました」
 5月には日本で待望のオール・ショパン・プログラムのリサイタル・ツアーが予定されている。
「ショパンがもし生きていて、日本で彼の作品がこんなに愛されていると知ったら、きっとびっくりするでしょうね。ショパンを心から愛する聴衆の皆さんに、僕の作品への想いを届けたいと思います」

Text by 森岡葉

Pianist:シャルル・リシャール=アムラン氏(Charles Richard-Hamelin)じっくり作品に向き合い、ピアニストとして成長していきたい
第17回ショパン国際ピアノコンクール入賞者ガラ・コンサートの記者会見。お互いの発言に笑顔で耳を傾ける入賞者たちのリラックスした様子が印象的だった。「入賞者としての大きな責任を感じながら、全力を尽くしてショパンという作曲家に向き合っていきたいと思います」と語ったアムラン。

シャルル・リシャール=アムランへ “5”つの質問

Profile

pianist シャルル・リシャール=アムラン © Elizabeth Delage

pianist
シャルル・リシャール=アムラン
2015年ショパン国際コンクール第2位。クリスチャン・ツィメルマンプライス(ソナタ.ベスト・パフォーマンス賞)を同時に受賞したシャルル・リシャール=アムラン。2014年モントリオール国際音楽コンクール第2位、ソウル国際音楽コンクール第3位、同時にベートーヴェンのソナタに対する特別賞受賞。2015年トロントのウーマンズ・ミュージカルクラブより、特別なキャリアアップ賞を受賞。
ポール・サルドゥレスク, サラ・ライモン、ボリス・ベルマンに師事し、マックギル大学を2011年に卒業。2013年イエール大学でマスター課程を修了し、両大学から全面的な奨学金を受けた。現在モントリオール音楽院にて、アンドレ・ラプラントのもと研鑽を積んでいる。
2015年9月彼のファーストCD、ショパン後期の作品を収録したものがリリースされている。
これまでにワルシャワ・フィル、モントリオール・フィル、ソウル・フィル、イ・ムジチ・デ・モントリオール等と共演。
楽器と一体化して紡ぎだされる温かい音、謙虚で成熟度の高い演奏は、早期より世界中のメディアから絶賛されている。
続きを読む

コンサート情報

シャルル・リシャール=アムラン
オール・ショパン ピアノ・リサイタル
5/20(金)18:45開演
三井住友海上しらかわホール[愛知]
5/22(日)14:00開演
岡山シンフォニーホール 大ホール[岡山]
5/23(月)19:00開演
東京オペラシティ コンサートホール[東京]
5/26(木)13:30開演
横浜みなとみらいホール 大ホール[神奈川]
5/30(月)19:00開演
青葉区民文化センター フィリアホール[神奈川]
5/31(火)19:00開演
ザ・シンフォニーホール[大阪]

※上記は2016年4月1日に掲載した情報です。

ヤマハピアニストラウンジ Facebook