ヤマハピアニストラウンジ Facebook

僕にとってピアノは、自分を表現するための道具。それ以上でもそれ以下でもありません。清塚 信也氏 (Kiyozuka Shinya)

5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。中村紘子氏、加藤伸佳氏、セルゲイ・ドレンスキー氏に師事。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業。1996年、第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位。2000年、第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 第1位、2004年、第1回イタリアピアノコンコルソ金賞、2005年、日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位など、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。人気ドラマ「のだめカンタービレ」にて玉木宏氏演じる「千秋真一」、映画「神童」では松山ケンイチ氏演じる「ワオ」の吹き替え演奏を担当し、脚光を浴びる。
知識とユーモアを交えた話術と繊細かつダイナミックな演奏で全国の聴衆を魅了し続け、年間約120本の演奏活動を展開。 TV番組「ジョブチューン」「ビーバップ! ハイヒール」「たけしの誰でもピカソ」「みゅーじん<音遊人>」や「朝日新聞<ひと>欄」等で取り上げられるなどメディアの関心も高い。今までにポーランド国立放送交響楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、モスクワ・フィルハーモニー交響楽団、ザグレブ・ソロイスツ、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、山形交響楽団と協演。舞台「ジョルジュ」への出演(村井国夫、音無美紀子、竹下景子、鳳蘭、渡辺美佐子、真那胡敬二の各氏との共演)、華道家假屋崎省吾氏や書道家武田双雲氏とのコラボ公演、中島美嘉「SONG FOR A WISH」編曲&ピアノ演奏、映画「うつし世の静寂に」音楽監督、広島東洋カープ「栗原健太選手」バッターボックス登場曲の演奏&作曲、NHK大河ドラマ龍馬伝「龍馬伝紀行」テーマ曲演奏、NHK教育テレビ「ミューズの微笑み~ときめき美術館」へのナビゲーター役での出演、「NHK歌謡コンサート」「FNS歌謡祭」「僕らの音楽」「ミュージックフェア」等の音楽番組での有名アーティストとの共演、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」「ベルセルク/黄金時代篇III 降臨」などのサウンドトラック演奏など、次々と新たなるフィールドへの挑戦を続け、常に話題と注目を集めている。「ぐっすり眠れるピアノ」「Charge Up」など8枚のCD、書籍、教則本、楽譜集などを発表するほか、「プレバト!!」「踊る! さんま御殿」「中居正広のミになる図書館」などのバラエティ番組出演、エッセイ連載、レギュラーラジオ番組「清塚信也ピアノラウンジ(全国5局ネット)」のパーソナリティなど、マルチピアニストとして縦横無尽に活躍。2013年1月全国公開の映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役として俳優デビュー。2014年2月に初のライブDVD『清塚信也☆THE LIVE』を発売。2014年9月、朋友「髙井羅人」と連弾ユニットを結成し、アルバム『KIYOZUKA☆LAND(キヨヅカランド)』(CD+DVD)を発売!2015年公開予定の映画『ポプラの秋』(主演:本田望結)では、医師役での出演のほかに音楽(作曲&演奏)を担当。

『KIYOZUKA☆LAND(キヨヅカランド)』

好評発売中
清塚信也×髙井羅人
日本コロムビア
COZQ-956/7
3,600円(税抜)

演じるという魅力

その後、2年にわたるロシアでの留学を経た清塚さんは、決められて歩んできた道を自分自身の道だと思えるようになった。
「日本人が少ないだろうと思って、ロシアを選びました。海外の地で初めて一人暮らしをして、母や先生やその他のしがらみすべてから解き放たれて、自由な時間を過ごしました。人間らしい人生を取り戻したといっても過言ではありません。そのとき改めて音楽っていいなって思えたんです」
 本人の意志で音楽と向き合うことができるようになり、帰国後はコンサートを中心とした活動をスタートさせた。そして映画『神童』では松山ケンイチさん演じるワオの吹き替え演奏でメディアデビュー。さらに人気ドラマ「のだめカンタービレ」では玉木宏さん演じる千秋真一役の吹き替え演奏をし、話題となる。そして演奏の演技指導にも携わるようになった。
「弾き真似とは、いかに本当に弾いているようにみせるかを教えるものです。一番印象に残っているのは映画の『さよならドビュッシー』で橋本愛さんに演奏指導したときのことです。彼女が『月の光』を弾くというシーンがあって、実際は僕が弾いているその音に合わせて、彼女が弾き真似をするんです。本当のピアニストは動きが柔らかいんですが、素人がピアノを弾こうとすると鍵盤を上から下へ押すという動作になってしまう。同じ事をピアニストがやったらミスに繋がってしまいます。ですから彼女には、鍵盤に触っていて、弾いた後に手を上に上げる、つまり下から上に動かす方が、ピアニストらしいモーションだと教えてあげました。すると手首から肘にかけての動きがだんだん柔らかくなっていって、その動きで弾くと曲の出だしのところがとても上手く弾けるようになりました。それがとてもいい音だった。フォームから入るのって大事なんだなと改めて勉強になりました」
 芝居の現場に携わるようになって、清塚さんの関心や思いは“演じる”ことに向けられ、強く惹かれた。
「高校生の頃からワークショップに行ったりしていたこともあって、もともと芝居はやりたかったことでした。芝居は個性がキャラクターとして捉えてもらえる。人間味があるとか、味があるとか評価してもらえるのでやりがいがあります。照明、音声、相手の台詞、カメラワークなど、いろいろな人との関わりが多くて、一つとして同じじゃないものが生まれます。周りがどう関わっているかを無視して毎回同じ演技をしていたら、げんなりするでしょう。何が起こるかわからない現場がとても楽しいんです」

清塚 信也氏 5つの質問