佐野史郎と高田漣がアコースティックの生音とともに巡るカントリー&ウェスタンの世界

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
音座銀座「カントリー&ウェスタンを巡るアコースティックギターの世界」Web音遊人
佐野史郎と高田漣がアコースティックの生音とともに巡るカントリー&ウェスタンの世界

第12回を迎えた『音座銀座(On The Gin Za)』は、会場をヤマハ銀座スタジオに移してのスペシャルバージョンとなった。ナビゲーターは俳優でありミュージシャンとしても活躍する佐野史郎。豊富な音楽知識をベースに、深くコアな話題にまで掘り下げることで毎回人気を博している。今回のテーマは「カントリー&ウェスタンを巡るアコースティックギターの世界」。ゲストはマルチ弦楽器奏者として知られる高田漣。ステージにはギターやフラットマンドリン、バンジョーなどが並び、いつもとはちょっと異なる雰囲気に、期待も高まりつつスタートした。

高田漣は、フォークシンガーの故・高田渡を父に持つ。「渡さんと僕は、吉祥寺の焼き鳥屋でばったり会ったりして」と佐野がご近所トークを始めると、「高校生の頃に佐野さんとお会いしたのも吉祥寺、ニール・ヤングの話をしたのを覚えている」と高田が応じる。最初の1曲はニール・ヤングの『Get Back To The Country』。イントロのフィドル(バイオリン)が心地よい。「ニールはカントリーの巨人といわれるハンク・ウィリアムスが使っていたギターを手に入れ、そのギターに“ハンク”と名付けて、今もライブで使っているんですよ」と高田がレアな話題を披露。ロックの殿堂入りしたニールだが、アメリカのルーツミュージックを大事にしているのだという。 

音座銀座「カントリー&ウェスタンを巡るアコースティックギターの世界」Web音遊人

「3~4歳の頃に、こういう音楽がラジオから流れていた記憶はある」と佐野が次に選んだのは、ハンク・ウィリアムスの『Move It On Over』。ロックの原型ともいわれる曲である。高田が10年来バックをつとめている細野晴臣は、自身をカントリーシンガーと言っているという話から、初期のカントリーミュージックであるヒルビリー、R&Bの元になったレイス・ミュージックへと内容は大きく展開。それぞれ白人と黒人の音楽の話題だったのが、やがてロックンロールに結びつくという『音座銀座』らしいヒストリー談義になってくる。

 カントリーとポップス、2つのチャートでナンバーワンを獲得したエルビス・プレスリー。カントリー・ミュージシャンのチェット・アトキンスはエルビスの初期にギタリストとして参加していた。ジョージ・ハリスンはチェットの影響を濃く受けている……と話が進んだところで、佐野が「チェット・アトキンスのギャロッピング奏法を教えてよ」と促す。高田がアコースティックギターを手に取り、即席のギター講座となる。その後エレキに持ち替え、ビートを効かせながらのピッキングも披露。カントリーの名曲を聴きつつ、フラットマンドリン、バンジョーで触りを演奏、ドブロ(金属の共鳴板を持つギター)でのスチールギター奏法も聴かせてくれたところで、最後は高田渡の名曲『生活の柄』を佐野とデュエット。サプライズのミニコンサートに会場は聴き惚れた。

 すべてを紹介できないのが残念だが、日本のカントリー・ミュージシャン、ウィーリー沖山、ジミー時田から、かまやつひろし、高田渡まで、いつもながらの豊富な内容となった。「これまで、あちこちに飛んでさまざまなジャンルを聴いてきましたが、巡り巡りいろんな音楽にカントリー&ウェスタンのエッセンスが溶け込んでいることがわかった」という佐野の思いをしっかり共有。充実感たっぷりのお得なひと時となった。

さて次回は2017年4月14日(金)、俳優でありギタリストとしても「エド山口&東京ベンチャーズ」を率いて活躍中のエド山口さんをお招きし、エレキ・サウンドの代名詞ともいえる「テケテケ」について、奏法の誕生から後の音楽に与えた影響まで、深く、広く、面白く、語っていただきます。みなさま、乞うご期待!

■第12回 音座銀座スペシャル「佐野史郎vs高田漣 カントリー&ウェスタンを巡るアコースティックギターの世界」曲リスト

トークショーの中で紹介された曲の一覧表です。こちらのPDFファイルをご覧ください

■第13回 音座銀座「佐野史郎vsエド山口 エレキだ!Go!Go!テケテケテケテケ!!」

日時:2017年4月14日(金)開場17:30/開演18:00
場所:ヤマハ銀座ビル1F“ポータル”(東京都中央区銀座7-9-14 )
出演:ホスト・佐野史郎 ゲスト・エド山口
観覧:無料
席数:予約席35名(抽選)※後方に立ち見フリースペースあり(当日先着順)
イベントの詳細・お申し込みはこちら

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 唐沢耕
photo/ 森島興一