可憐な一輪から聴き手の心を包む名花へ、転換期を迎えて新しい役に挑戦するソプラノ歌手/砂川涼子インタビュー

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
砂川涼子インタビュー - Web音遊人
可憐な一輪から聴き手の心を包む名花へ、転換期を迎えて新しい役に挑戦するソプラノ歌手/砂川涼子インタビュー

 「音楽の先生になりたくて音楽大学を受験したのですが、いろいろな先輩方の歌を聴くなどして広い世界があることを知り、もっと勉強して上手になりたい、そしてたくさんのお客様に喜んでいただきたいと思うようになったのです」

所属する藤原歌劇団での公演をはじめ、新国立劇場などさまざまなオペラに出演して透明感のある歌声を披露している砂川涼子。これからの日本オペラ界になくてはならないソプラノ歌手であり、その歌はまだまだ多くの可能性を秘めている。
「大学在学中も先生になるつもりでしたが、初めて本格的なオペラ公演を観て感動したという経験や、たくさんの素敵な歌に出合えたことなどで心境に変化が生じ、もっと歌を勉強したいという欲求が生まれましたので大学院へ進みました。そうしますと今度は、コンクールを受けてみたいという思いが強くなるといった向上心が生まれ、学内のオペラ公演に出演したときには多くの先輩方と共演する中でお客様から拍手をいただけるといった、これまでにない経験ができたのです。そうしたこともすべて、歌うことが好きだというシンプルな気持ちが、自分を支え続けてくれたからでしょう」

砂川は、過去に『ラ・ボエーム』のミミを演じて、歌唱・容姿ともに“理想のミミ”と絶賛され、ほかにも『魔笛』のパミーナ、『カルメン』のミカエラといった可憐なキャラクターが似合う歌手として評価されてきた。しかし、今はさらに幅広い役を歌ってみたいという気持ちが強くなってきたという。
「これまでは、ミミやミカエラのような、一歩下がっているけれど実は芯が強いという女性を歌うことが多かったのです。そうした中、舞台での経験を重ねて声も成長し、さらに多くの役が歌えるのではないかと思えるようになりました。少し前でしたら、自分にいちばん合っている役をたずねられると迷わず『ミミです』と答えていましたが、声にパワーが出てきましたので、『トスカ』『蝶々夫人』の主人公や『オテロ』のデズデモナといった、歌声にドラマ性を求められる役にも挑戦したくなったのです」

砂川涼子インタビュー - Web音遊人

円熟期を迎えつつある彼女の変化や自信は、2017年4月22日(土)にヤマハホールで行われるリサイタル『砂川涼子 ソプラノ・リサイタル~愛歌(カンツォーネ・ダモーレ)~』のプログラムにも反映され、ファンであっても驚くような曲も並ぶ。
「これまではオペラ公演が多かったため、ソロのリサイタルについては積極的になれませんでした。歌いたい曲や役が少しずつ増えてきたこともあり、久しぶりに本格的なリサイタルへ取り組もうと思ったのです。ドナウディやロッシーニといったシンプルで美しいイタリアの歌曲も歌いますし、『オテロ』で歌われる『柳の歌』、『トスカ』の『歌に生き、恋に生き』など、自分の可能性を広げるオペラ・アリアもあります。こうした曲では、歌われるまでのドラマ性や心情の変化なども大事ですし、お客様にもオペラの雰囲気を味わっていただきたいですから、アリア前後の音楽も含めたひとつの場面としてお楽しみいただけるよう工夫をするつもりです」

そうしたアイデアや心配りも今までの舞台経験から生まれたものであるし、音楽家としての見識やセンスも垣間見える。仕事とプライベートの切り替えははっきりしているということだが、それでも日常の中で楽しんでいるファッションや香りが仕事に結びつくこともあるようだ。
「ある女優さんが、演じる役によって香水を変えるというお話しをされていて、オペラの役作りにも通じるなと共感したことがあります。そうした何気ないことでもヒントになりますし、楽しみながら次の仕事への扉を開くことができそうですね」

次はどういった役、そして歌を魅せてくれるのか注目を集める砂川涼子の活動は、これからのオペラ界にもほどよい刺激を与え、多くのファンを楽しませてくれるに違いない。 

■砂川涼子 ソプラノ・リサイタル~愛歌(カンツォーネ・ダモーレ)~

日時:2017年4月22日(土)14:00開演(13:30開場 )
場所:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル7F)
料金:5,000円(税込)
曲目:ヴェルディ/歌劇『オテロ』より『柳の歌~アヴェ・マリア』、プッチーニ/歌劇『トスカ』より『歌に生き、恋に生き』ほか

公演の詳細はこちら

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ オヤマダアツシ
photo/ 阿部雄介