音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で
楽器探訪 Another Take
音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

見せる楽器の一面も持ち併せている「ELC-02」には、デザインにもこだわりがあります。
「白と黒を基調に、大人の趣味の楽器というコンセプトを意識し、友だちに自慢したくなるようなデザインを目指しました。メインユニットの上部には網目状の細かい模様の入った黒と、やや艶のある黒を使い分けるなど、細部にもこだわっています」(鳥村さん)
開放的なイメージの現代的なデザインは、演奏歴や年齢を問わず広い層から好まれる雰囲気で、思わず鍵盤に触れてみたくなります。

その期待感そのままに「構えず、思うままに、自由に弾いてほしい」と語るのはマーケティング担当の吉村大樹さん。
「たとえばギターなら、ちょっとやってみようという感じで自分なりに弾き始める方が多いと思います。同じように、エレクトーンも気軽に触ってみてほしいのです。これは演奏を楽しみたい人の気持ちに届ける楽器だからです」
とはいえ、メインユニットには多くのボタンが並んでいます。操作方法はどこから覚えたらいいのでしょう。
「操作方法を覚える必要はありません。説明書を読まずに使いながら慣れていく携帯電話と同じです。まずはいろいろと触ってみて、音色やリズムを試してみてください。どこを触っても壊れる心配はありませんので(笑)」(吉村さん)

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

(写真左)マーケティング担当の吉村大樹さん。(写真右)開発担当の鳥村浩之さん。

「ELC-02」には、ステージア「ELS-02」を継承する豊富なコンテンツや機能が搭載されています。986種類の音色、634種類のリズムもプリセットされているので、これまで知らなかった音色やリズムにも出会えそうです。
さらに、クラシック、ジャズ、J-POPなどの音楽ジャンルを選ぶだけで本格的な演奏ができるレジストレーションメニューを506種類も搭載。あらかじめ上下鍵盤、ペダル鍵盤に音が割り当てられ、最適なエフェクトなどもセットされているので、細かい設定をしなくてもバランスの良い本格的な演奏が楽しめます。
「とても高度な技術を使った機能が、ストレスなく自然に演奏できるよう設計されていますので、演奏経験のある方、ない方、どなたにも楽しんでいただけると思います」(鳥村さん)

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

直感的に操作できるカラータッチパネル。音色やリズムなどを豊富なメニューの中から選ぶことができる。

Take3では「ELC-02」の分解、組み立て手順を動画で紹介します。

 

Take1:持ち運び可能なエレクト―ン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ
Take2:音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能
Take3:【動画】「楽しさ」をまるごと運ぼう!「ELC-02」の分解、組み立て手順

■ステージア「ELC-02」

大人の趣味としての演奏に最適な、コンパクトで持ち運びもできるカジュアルなエレクトーン
詳細はこちら

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 芹澤一美
photo/ 阿部雄介