なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.3

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.3
音楽ライターの眼
なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.3

前回の原稿に対しても“ご指摘”をいただいたので、解説を加えておきたい。

それは、「すでに義務教育の現場でもジャズは使われています」というものだった。

これは、「義務教育の延長線上で音楽をとらえようとする傾向が日本では特に強いのではないか」という前回の記述に関係する“ご指摘”ということになる。

確かに、あの記述で「義務教育=クラシック音楽」といった先入観がボクにあったことは否めない。ステレオタイプ的な、安易な表現だったと反省します。

文部科学省のホームページを調べてみると、平成29年3月に公示された新学習指導要領の中学校学習指導要領解説音楽編に「ジャズ」の文字があった。

ジャズのみならず、ロック、歌舞伎、能楽、世界の諸民族の音楽を取り上げて、シラバス(学習計画)を作成しなさい、というお達しであるという印象を受ける。

この部分に関して、「生活や社会における音楽の意味や役割について考え、音楽のよさや美しさを味わって聴くことができるように」なることによって、「思考力・判断力・表現力等」を鍛えることを狙っているらしい。

特にジャズとロックを聴くことは、「生活や社会における音楽の意味や役割について、更に幅広く、また深く理解する」ことを目的としているとのこと。

冒頭で触れた“ご指摘”でも、現場ではすでにジャズの大まかな歴史を取り上げられているという情報をいただくことができた。つまり、ルイ・アームストロングをはじめとする主なジャズ・ジャイアントたちの名前は、その代表的な演奏とともに中学生が「見知っている」ことになる。

このことを踏まえて前回の記述を見直そう。

教育現場での評価を上げるテクニックの固定化が、例えば受験科目に対して合格への最短コースを指南する塾講師の教え方に共通するという可能性は確かにあるだろう。

しかし、より柔軟なアタマでジャズを含めたいろいろなジャンルの音楽を聴くというカリキュラムがすでに現場でも浸透していることを考えると、一概にクラシックとジャズの対立仮説で論を進めるべきではなかった。

ただ、こうした対立仮説に用いられる固定化は、コーチングやティーチングといった“指導”が優先される方法論では、有効に作用する。それこそ受験を目的とした学習塾などは、固定化なくしては成り立たないだろう。

一方で、学習指導要領の改訂の背景に、固定化による効率偏重への危惧や、多様化への対応を「やってますよ」と示すために、鑑賞素材の“枠”を増やす=ジャズを取り上げるという動きがあったことは想像できる。

ということは、学習指導要領の改訂を、学習塾的な固定化とその反動という対立仮説を顕在化させたものと見ることもできるわけだ。

ただ、ティーチングの象徴でもある教育現場では、対象や定義を収束させるのではなく逆に拡散させる動きがあることを、改めて認識しておかなければならない。

つまり、対立仮説となるべきはジャズとクラシックではなく、むしろ音楽におけるジャンルは並列的になりつつあり、学習指導要領に記載されることでジャズさえ固定化の対象とせざるをえない現実がある、ということだ。

その点に注意して、この後の論を進めていきたい。

<続>

なぜジャズのハードルは下がらないのか?<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 富澤えいち