バイロイトにせまりつつある、新しいワーグナーの聖地「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
バイロイトにせまりつつある、新しいワーグナーの聖地「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」
バイロイトにせまりつつある、新しいワーグナーの聖地「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」

ドナウ川に面した美しい古都ブダペストの音楽ホールといえば、由緒あるリスト音楽院の大ホールが有名だが、実は2005年に中心部から少し南に下った川沿いに、モダンで最新の音響設備を持つコンサートホールがオープンした。

約1,700人収容のバルトーク国立コンサートホールは、Müpaと呼ばれる総合芸術施設の中にある。なおMüpaは日本語ではこれまで「芸術宮殿」と表記されてきたが(そもそもMüpaとはハンガリー語の「芸術宮殿」の略語)、現在ではMüpaが正式名称となっている。

さて、Müpaでは2006年より毎年初夏に、「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」と題された大規模な祭典を開催、今や世界のワーグナー・ファンの間では本家バイロイト音楽祭に次ぐ聖地になりつつある。チケット価格がお手頃なこともあって、観客の外国人の割合が30パーセントを超える公演もあるという。

この祭典をここまで築き上げてきた立役者は、ハンガリーを代表するオペラ指揮者のアダム・フィッシャー。彼の人脈で、国際的なワーグナー歌いがこの時期ブダペストに集結すると言っても過言ではない。オーケストラは当初よりハンガリー放送交響楽団が務める。

なかでもハイライトは、文字通り4日連続で上演されるワーグナーの4部作『ニーベルングの指環』全曲上演だ。休みをはさまない4日連続上演は世界的にも珍しい。この通称《ブダペスト・リング》のもう一つの大きな特徴は単なるコンサート形式ではなく、映像や照明、ダンサーたちを効果的に用いた本格的な舞台であること。ホールにはオーケストラ・ピットがあってステージはかなり自由に使えることから、このスペースにふさわしい独自の演出が考案された。

二層になった舞台の上段には大きなスクリーンが設置され、そこには音楽に合わせてさまざまな象徴的な映像が映し出される—たとえば『ワルキューレ』では吹雪や火のイメージ、『ジークフリート』のブリュンヒルデの岩山は赤いカーテンといった具合に。その上、11人のダンサーが時には登場人物たちの心の内を表し、時にはストーリー中のキャラクターに扮して踊る。歌手たちは衣装こそコンサート用衣装だが、迫真の演技を繰り広げ、舞台がシンプルな分、感情がダイレクトに伝わってくる。

バイロイトにせまりつつある、新しいワーグナーの聖地「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」

『ワルキューレ』より。ブリュンヒルデ(イレーネ・テオリン=左)、ヴォータン(ジェイムズ・ラザフォード=右)

歌手たちは総じて高水準だったが、とりわけジークリンデ役のアニヤ・カンペの歌唱は輝かしく、しかも繊細な表情までくっきり聴き取れて、至福だった。またブリュンヒルデ役のイレーネ・テオリン(今年新国立劇場の『ワルキューレ』でも同役を歌った)は、『ワルキューレ』『ジークフリート』『神々の黄昏』のブリュンヒルデ役を3日連続で歌うという偉業に挑んだが、指揮者フィッシャーの好サポートもあり、最後まで声は衰えることなく、威厳のあるブリュンヒルデ像を描き切った。男性陣ではニーベルング族の悪役たちが特に力演、アルベリヒ役のハンガリー人バスのペーター・カルマン、その息子ハーゲン役のルニ・バッテンバーグが存在感のある歌唱を聴かせた。

バイロイトにせまりつつある、新しいワーグナーの聖地「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」

『神々の黄昏』のカーテンコール。写真中央の左から3人目が指揮のアダム・フィッシャー。

2017年はこの『指環』全曲上演に加えて、『パルジファル』と演奏機会の少ない初期オペラ『リエンツィ』も取り上げた。来年はいったん『指環』はお休みし、『トリスタンとイゾルデ』(新演出)、『タンホイザー』と『さまよえるオランダ人』を上演するが、2019年には『指環』が復帰する予定という。わずか10数年でブダペストの地で花開いたワーグナーの祭典は、この後どのように発展を遂げていくのだろうか。

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 後藤菜穂子