【プレゼント】変わりゆく季節に大人の時間を愉しむ「佐野史郎が語る音楽の魔力」

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
第1回音座銀座「佐野史郎が語る音楽の魔力
【プレゼント】変わりゆく季節に大人の時間を愉しむ「佐野史郎が語る音楽の魔力」

いつの頃か、私たちは気付いてしまったはずだ。たとえば、真夜中過ぎ徐々に白みゆく空のまぶしさ。あるいは、正しさや絶対というものの脆さ。あらゆる物事はハッキリと分かたれたものではなく、綿々とつづき、また時に行き来し、うつろいゆくものであるということに。

だが、そんな“うつろい”の中に感傷やある種の意味のようなものを認め、それを舌の上で転がすように味わうことができるのも、大人だけの特権だ。その点、街も自然も秋へと向かい刻々と色を変えていくこれからの時期は、そんな愉しみを味わうのにちょうどいい、大人のための特別な季節といえる。

この秋、ヤマハ銀座ビル1F“ポータル”で開催されるトークショー「音座銀座 On The Gin Za」は、そんな“大人の特別な時間”にふさわしく、大人の音楽の愉しみ方を「達人」の手法から発見しようという新企画。記念すべき第1回は佐野史郎さん。

正統派からディープな個性派まで幅広い役柄をこなす俳優の佐野さんは、7歳から高校時代までを島根県松江市ですごしたこともあり、小泉八雲への造詣が深い。高校時代の同級生でもあるギタリスト山本恭司さんと、毎年ヤマハ銀座スタジオで朗読ライブ「小泉八雲の世界」を開催しているほか、今年7月には、八雲の生誕地ギリシャ・レフカダ島で開かれた八雲没後110年記念イベントで朗読ライブをおこなったばかりだ。

佐野さんの活躍の場は、舞台やテレビ、映画にとどまらない。
ビートルズをリアルタイムで体験し、ロックのみならずグループ・サウンズ、フォーク、ニューミュージックと日本の音楽にも精通し、学生時代はっぴいえんどのコピーもしていたという佐野さんは、現在もミュージシャンとして「ゼラチン・シルバー・クラブ・バンド」で精力的に活動している。また芝居や音楽のみならず、写真やアート、サブカルチャーといった世界で佐野さんの名前を見聞きしたことがある人もきっと多いことだろう。

このような人は時に「マルチな人」と称されるが、佐野さんにそのことばは相応しくない。佐野さんはきっと物事の隙間や余韻、そして“うつろい”の中にある愉しみをたくさん知っている。だからこそ表現の世界、虚構と現実のはざまを自由に行き来できるのだ。愉しみを多く知っている大人がいかに魅力的であるか、それはあえて言うまでもない。

さて『音座銀座』では、いったいどんな話が飛び出すのか。変わりゆく季節に大人の時間を愉しんで欲しい。

■第1回音座銀座「佐野史郎が語る音楽の魔力」

日時:9月25日(木)16:30開場/17:00開演(終演18:00)
場所:ヤマハ銀座ビル1F“ポータル”(東京都中央区銀座7-9-14 )
観覧:無料
席数:予約席30名(抽選)※後方に立ち見フリースペースあり(当日先着順)
申込み:Web、FAX、ヤマハ銀座ビル1Fインフォメーションカウンターにて受付
応募締切:9月15日(月・祝)
当選発表:9月18日(木)頃、当選された方のみハガキまたはメールでご連絡いたします
※入場者多数の場合は、入場制限をさせていただく場合があります。
詳しくはこちらをご覧ください。

■Web音遊人読者プレゼント

Web音遊人読者のみなさま、抽選で3名様を予約席にご招待いたします。
こちらのWeb音遊人専用フォームにてご応募ください。
応募締切:9月15日(月・祝)
当選発表:9月18日(木)頃、当選された方のみメールでご連絡いたします

文/ ハラカワタエコ