アルファ波で満たされた、心温まる冬の一夜/カスタム・ウィンズ木管五重奏団 Vol.4

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
カスタム・ウィンズ木管五重奏団
音楽ライターの眼
アルファ波で満たされた、心温まる冬の一夜/カスタム・ウィンズ木管五重奏団 Vol.4

概して「五重奏」をナマで聴く機会は限られる。木管五重奏は、楽曲も少ないからなおさらだが、フルート、オーボエ、ホルン、ファゴット、クラリネットそれぞれがバランスよく絡んで、アンサンブルの妙が醸し出されると、実に心癒やされる。気鳴楽器ならではの、心地よさや安堵感に自ずと浸れる。

「カスタム・ウィンズ木管五重奏団」は、名称変更やメンバー交代を乗り越えて、すでに四半世紀あまり、そんな「知る人ぞ知る名曲」を演奏し続けている。ヤマハホールのコンサート・シリーズ出演も、4回目!

この日のプログラムは、18世紀後期から20世紀にかけての4曲。始まりと終わりはドイツの五重奏曲、あいだの2曲はフランスのピアノ曲を五重奏用にアレンジしたもので、モーリス・ラヴェル(1875~1937)の「クープランの墓」とクロード・ドビュッシー(1862~1918)の「小組曲」という興味深い選曲である。

まず、モーツァルトやベートーヴェンらと同時代の作曲家、フランツ・ダンツィ(1763~1826)の「木管五重奏曲ト短調」。ト短調→変ホ長調→変ロ長調→ト短調と進行するが、5人の音色が明瞭で温和なせいか、ト短調特有のストレス感や哀愁に引きずられたりせず、リラックスモードで聴けた。随所に現れる陽旋律を大切に届けるような演奏だ。まるで雲の切れ間から顔をのぞかせる太陽のように、暖かく心安らぐ。また、例えば第2楽章で丸山勉のホルン、鈴木一志のファゴット、タラス・デムチシンのクラリネットが、絶妙な田園詩的サウンドを醸すなど、「楽器の組み合わせ」の変化も面白い。

同様のことは、20世紀に活躍したテオドール・プルーメル(1881~1964)の「木管五重奏」にもいえる。ただしこの曲は全編スクリーン・ミュージック的で、聴き手が自由に物語を想像しながら聴ける楽しさがあった。登場人物の心情や状況、背景などが浮かんでくるような楽器使い。ホルンが幸福感や安心感、明るい展開などに効果的に使われているのも特徴。しかも、ハーモニーはまぎれもなく現代の色彩であった。

一方フランスものは、アレンジの面白さに自ずと五感が反応した。ラヴェルが、第一次大戦で戦死した友人たちに捧げた全6曲からなるピアノ独奏曲「クープランの墓」は、4楽章の五重奏に。もともと悲壮な曲ではないが、5管の旋律の受け渡しや和音の美などを超えたバイブレーションが魔法のように機能して、天国にいるかのような気分に。編曲者はアメリカで活躍したホルンの名手、メイソン・ジョーンズのようだが、ホールをアルファ波で満たす奥義が、譜面に潜んでいるのではないかと思えた。

ドビュッシーの4手用「小組曲」は、身を寄せ合うような連弾パフォーマンスを見ながら聴いても退屈に思えるほど、心象風のフレーズが多い。そんな長調4曲を、5管が相手を変えながら呼応したり、ソロを受け渡したりしながら進む。NHK交響楽団首席フルート奏者、神田寛明の編曲だが、絶妙のコンビネーションを展開し続ける岩佐和弘のフルートと広田智之のオーボエはもとより、丸山のホルンが絡んで躍動感が増したりして、連弾とはかなり趣(おもむき)が違って新鮮に思えた。

5人の名手が本音で語り合うかのように、互いを思いやりながら品のいい音色を交わす、温かなひとときを堪能できた。

原納暢子〔はらのう・のぶこ〕
音楽ジャーナリスト・評論家。奈良女子大学卒業後、新聞社の音楽記者、放送記者をふりだしに「人の心が豊かになる音楽情報」や「文化の底上げにつながる評論」を企画取材、執筆編集し、新聞、雑誌、Web、放送などで発信。近年は演奏会やレクチャーコンサート、音楽旅行のプロデュースも。書籍『200DVD 映像で聴くクラシック』『200CD クラシック音楽の聴き方上手』、佐藤しのぶアートグラビア「OPERA ALBUM」ほか。
Lucie 原納暢子

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 原納暢子
photo/ Ayumi Kakamu