今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」
今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

2003年、5,000倍のオーディションを突破し、ミュージカル『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役を射止めた新妻聖子さん。ミュージカル界に彗星のごとく現れたシンデレラ・ガールと話題になりましたが、それまでの道のりは決して平坦なものではなかったようです。歌手を目指した少女の頃から新妻さんが育んできた、プロとしての“歌うこと”への向き合い方とは?

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

セリーヌ・ディオンの『The Power Of Love』でしょうか。彼女の歌声に宿るパワーに奮い立たせてもらっているというか、喝を入れてもらっているというか。
セリーヌ・ディオンは私にとって、曲ではなく“歌唱そのもの”を聴く数少ないアーティストなんです。父の仕事の関係でバンコクに住んでいた高校生のとき、映画『タイタニック』が大ヒットしていて、私も4~5回観に行きました。本編の前にセリーヌ・ディオンが歌う主題歌『My Heart Will Go On』のMVが流れたのですが、それを観たとき雷に打たれたような感動を覚え、気がついたら涙が出ていました。私がなりたいのはこれだ!と確信しました。
“セリーヌ様”は、私にとって永遠のアイドルです。勝手な推測ですが、彼女は類まれな資質を持って生まれながらも、努力の人だと思っているんです。数年前、ラスベガス公演を観に行きましたが、変わらないどころかパワーアップしていました。今も現役で、歌唱力も声量も衰えずに歌う。そこに、努力や気合を感じざるを得ません。
彼女は、ドレスを着ていても、よい声が出るよう仁王立ちで歌うんです。女性らしいけれど男前で、どこにも媚びていない感じを私はリスペクトしています。そんな彼女の“歌道”がもっとも色濃く出ているのが『The Power Of Love』なのかなと思います。
私も今、歌い手としてお仕事をさせていただいていますが、声に説得力のあるボーカリストになりたいですね。

Q2.新妻さんにとって「音」や「音楽」とは?

癒しですね。歌に限らず、さまざまなジャンルのコンサートやライブに行きますが、やはり音楽には癒されると単純に思います。
一方で、自分が歌うときの「音楽」の大前提は、人を喜ばせるということです。
バンコクに住んでいたころ、日本人の友達とカラオケに行って何気なく歌ったら、「聖子ちゃん、めちゃくちゃ上手いね」と褒めてくれ、とても喜んでくれたんです。私が歌うと人が喜んでくれるということを発見し、歌手になりたいと思い始めたんです。
ところが、帰国してオーディションを受けてもうまくいかない。学校で一番歌が上手いって、よく褒められていたけれど、外に出たら“ビジネス”としては通用しないことに気付いたんです。であれば、芸を磨き、人に喜んでもらわないと私の居場所はないと思いました。ミュージカルを始めてからは、それをより突き詰めて考えるようになりました。今もその気持ちは変わりません。

今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

宣伝ではないのですが(笑)、新作『アライブ』をプロデュースしていただいた、さかいゆうさんを真っ先に思い浮かべますね。
シンガーソングライターであるさかいさんは、ピアノやキーボードと戯れ、遊びながら音を奏でていらっしゃるイメージ。本当に楽しそうに、楽器と一体化して音で遊んでいるんです。さかいさんは独学で作曲を始められたのですが、才能に恵まれていたのはもちろんのこと、さらに努力してそれを磨いてきたということも、すごく羨ましいです。
私は、3歳のときから姉と一緒にピアノを習っていました。自分からやりたいと言い出したにもかかわらず、まったく練習せずにお教室に行き、レッスンの時間になると壁によじ登って時計の針を30分進ませ、「お母さん、もうレッスン終わっちゃったみたい」という小細工をしていたほどです。11歳の時、バンコクに行くのをきっかけにピアノは辞めてしまいました。
その後、歌手を目指すにあたって、自分で作曲ができたら近道になるのではと考え、いろいろやってみましたが、ぜんぜん続かない。人は好きなことしか死に物狂いでがんばれず、私にとってそれは歌だけだったんです。
私にとってプロのスタートとなったミュージカルは、あまり遊ぶ余地が残されていない音楽です。決め事があり、確実にそれを遂行していく。でも、私の性格は、そういうほうが向いていると思います。ロジカルに物事を考え、針の穴を一つひとつ埋めるような作業が結構好きなんです。
でも……というか、だからこそ、さかいゆうさんのように、自由なグルーヴで音と自然に戯れられるミュージシャンには憧れますね。

新妻聖子[にいづま・せいこ]
2002年、TBS「王様のブランチ」でデビュー。2003年、5,000倍のオーディションを突破し、ミュージカル『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役にて初舞台。以降、『ミス・サイゴン』キム役など、ミュージカル界屈指の歌姫として活躍中。第31回菊田一夫演劇賞、第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞、第7回岩谷時子賞奨励賞受賞。その豊かな表現力と、力強くかつ美しい歌声は唯一無二と評され、「今、もっとも生でその歌声が聴きたいアーティスト」として話題となり、『MUSIC FAIR』や『うたコン』などの音楽番組をはじめ、NHK大河ドラマ『真田丸』、数々のバラエティ番組でも存在感を発揮。その活躍は多岐に亘る。
新妻聖子オフィシャルサイト  http://www.seikoniizuma.com/

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 福田素子
photo/ 宮地たか子