新着情報

新着情報

feed

2017年8月8日 [防音室 (アビテックス)・調音パネル]
夏季休業(2017年8月11日~8月20日)のお知らせ

【Web音遊人】卓上でドラム演奏が楽しめる!音色と叩き心地にこだわったデジタルパーカッション「DD-75」
2017年8月8日 [音楽情報・サービス]
【Web音遊人】卓上でドラム演奏が楽しめる!音色と叩き心地にこだわったデジタルパーカッション「DD-75」

ラムやパーカッションを自宅で演奏したいとき、立ちはだかるのが音や設置スペースの問題。様々な理由で打楽器の所有を諦めている人や、もっと気軽に打楽器を楽しみたい人の救世主となりそうなのがデジタルパーカッションDD-75だ…続きを見る

【関連情報】Stereo Sound ONLINEにヤマハ ワイヤレスストリーミングアンプ『WXA-50』、ワイヤレスストリーミングプリアンプ『WXC-50』製品記事「ヤマハ WXC-50 / WXA-50レビュー:使いやすく多機能、そして確かな音質。時代にマッチしたネットワーク対応コンポーネント」が掲載されました。
2017年8月7日 [ホームシアター・オーディオ]
【関連情報】Stereo Sound ONLINEにヤマハ ワイヤレスストリーミングアンプ『WXA-50』、ワイヤレスストリーミングプリアンプ『WXC-50』製品記事「ヤマハ WXC-50 / WXA-50レビュー:使いやすく多機能、そして確かな音質。時代にマッチしたネットワーク対応コンポーネント」が掲載されました。

【Web音遊人】“演奏経験の原点”の場に戻って、闊達なピアニシズムで魅了/小川典子ピアノ・リサイタル
2017年8月7日 [音楽情報・サービス]
【Web音遊人】“演奏経験の原点”の場に戻って、闊達なピアニシズムで魅了/小川典子ピアノ・リサイタル

特別な思い出のつまったホールに立つと、演奏者の気持ちは自ずと高まるようだ。
この日の小川典子は、1曲目のモーツァルト「ピアノ・ソナタ第3番」から、実に伸びやかに演奏。左右の手が楽しげに対話したり歌ったりしながら、一気に進行していく。後半になるにつれ、よりパワーがみなぎって…続きを見る

2017年8月7日 [ネットワーク機器]
RTX5000/RTX3500最新版ファームウェア(Rev.14.00.22)の配布開始:IKEv1メインモードでのNATトラバーサルに対応、および各種バグ修正

【Web音遊人】バイロイトにせまりつつある、新しいワーグナーの聖地「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」
2017年8月4日 [音楽情報・サービス]
【Web音遊人】バイロイトにせまりつつある、新しいワーグナーの聖地「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」

【Web音遊人】“ワクワクと好奇心”をキーワードに、新鮮な音楽を創造するマルチプレイヤー/東儀秀樹インタビュー
2017年8月4日 [音楽情報・サービス]
【Web音遊人】“ワクワクと好奇心”をキーワードに、新鮮な音楽を創造するマルチプレイヤー/東儀秀樹インタビュー

「篳篥(ひちりき)や笙(しょう)といった雅楽の楽器は、非常に個性的な音がしますので存在感はありますけれど、まだまだ知られていないと実感しています。ですから常にコンサートでは楽器の紹介をしますし、雅楽の鑑賞教室…続きを見る

【関連情報】Stereo Sound ONLINEにヤマハ AVレシーバー『RX-A3070』製品記事「ヤマハRX-A3070先行試聴会開催。 UHDブルーレイをRX-A3070で再生したら、映画館を遙かに越える満足度が得られた」が掲載されました。
2017年8月4日 [ホームシアター・オーディオ]
【関連情報】Stereo Sound ONLINEにヤマハ AVレシーバー『RX-A3070』製品記事「ヤマハRX-A3070先行試聴会開催。 UHDブルーレイをRX-A3070で再生したら、映画館を遙かに越える満足度が得られた」が掲載されました。

【Web音遊人】華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生_vol.1
2017年8月3日 [音楽情報・サービス]
【Web音遊人】華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生_vol.1

ヘルベルト・フォン・カラヤンは、何においても独自の「美学」をもっている人だった。音楽、服装、趣味、家庭、仕事……。人生のすべてにおいて、その「美学」を徹底して貫き通した。生き方そのものが「粋」だった、と表現した方がいいかもしれない…続きを見る

【Web音遊人】なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.4
2017年8月3日 [音楽情報・サービス]
【Web音遊人】なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.4

前稿で、ジャズの固定化につながると思われる学習指導要領について触れた。
固定化が進む状況であるということは、ジャズのハードルを下げるどころか、上げるための外堀がどんどん埋められていることを意味する。
となれば、本稿では「ジャズのハードルを下げる」ことを論じ…続きを見る

前へ| 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 次へ

ページトップへ戻る