• mixiチェック

おまかせサラウンド機能対応機器

各社のおまかせサラウンド機能対応テレビ一覧をご案内しています。
(2016年9月23日現在。ヤマハ調べ)

おまかせサラウンド機能とは

対応機器同士をHDMIケーブルで接続することにより*1、テレビの電子番組表(EPG)情報と連動して、番組内容にあったサラウンドモードに自動で切り替わります。たとえばジャンルコードがスポーツならば、視聴する際、自動的にサラウンドモードがスポーツモード*2に。特に意識しなくても、常にふさわしいサウンドでコンテンツを堪能できます。

*1 テレビおよびヤマハAV機器がオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応していない場合に、ヤマハAV機器からテレビ音声を出力するには、HDMIケーブルのほか光デジタルケーブルでの接続が必要です。
*2 機種により搭載されるサラウンドモードの名称や種類は異なります。

おまかせサラウンド機能搭載ヤマハ製品

シアターラックシステム YRS-2500、YRS-1500、YRS-1200、YRS-2100、YRS-1100、YRS-700
YSPシアターラックシステム YSP-LC5100、YSP-LC4100、YSP-LC3000*、YSP-LCW3000*
デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-5600、YSP-5100、YSP-4100、YSP-4300、YSP-3300、YSP-2700、YSP-2500、HTY-250、YSP-2200、YSP-3000*1、YSP-1600、SRT-1500
ホームシアターパッケージ YHT-S401、YHT-S351、YHT-S400、YHT-S350

* YSP-3000/LC3000/LCW3000は日立製品のみ対応。

おまかせサラウンド機能対応他社製テレビ

東芝映像ソリューション株式会社製液晶テレビ「レグザ(REGZA)」

日立コンシューマ・マーケティング株式会社 リビングサプライ社製テレビ「Wooo」

東芝映像ソリューション株式会社製液晶テレビ「レグザ(REGZA)」
Z700Xシリーズ
M500Xシリーズ
S20シリーズ
Z20Xシリーズ
S11シリーズ
Z10Xシリーズ
J20Xシリーズ
J10Xシリーズ
G20Xシリーズ
J10シリーズ
S10シリーズ
G9シリーズ
Z9Xシリーズ
J9Xシリーズ
G9シリーズ
Z8シリーズ
J8シリーズ
CELLレグザ X2シリーズ
CELLレグザ XE2シリーズ
CELLレグザ X1シリーズ
Z8Xシリーズ
Z7シリーズ
J7シリーズ
ZPシリーズ
Z3シリーズ
B3シリーズ
BC3シリーズ
ZG2シリーズ
Z2シリーズ
ZP2シリーズ
ZG1シリーズ
Z1Sシリーズ
ZS1シリーズ
F1シリーズ
RB2シリーズ
RE2シリーズ
RS2シリーズ
Z1シリーズ
RE1シリーズ
RE1Sシリーズ
HE1シリーズ
A2シリーズ
AC2シリーズ
AS2シリーズ
GL1シリーズ
H1シリーズ
H1Sシリーズ
R1シリーズ
RX1シリーズ
ZX9500シリーズ
Z9500シリーズ
ZX9000シリーズ
Z9000シリーズ
H9000シリーズ
R1BDPシリーズ
R9000シリーズ

※上記東芝製テレビのリモコンでユニボリューム機能を搭載したヤマハ製品のUniVolumeのON/OFFが可能です。

日立コンシューマ・マーケティング株式会社 リビングサプライ社製テレビ「Wooo」
薄型液晶テレビ プラズマテレビ 液晶テレビ
UT800シリーズ
UT770シリーズ
GP08シリーズ
XP07シリーズ
HP06シリーズ
XP05シリーズ
HP05シリーズ
XP035シリーズ
XP03シリーズ
HP03シリーズ
XR02シリーズ
HR02シリーズ
K1シリーズ
N1シリーズ
GP1シリーズ
S08シリーズ
V09シリーズ
K09シリーズ
XP08シリーズ
XP07シリーズ
HP07シリーズ
H07シリーズ
XP05シリーズ
HP05シリーズ
H05シリーズ
XP035シリーズ
XP03シリーズ
WP03シリーズ
H03シリーズ
XV02シリーズ
HV02シリーズ
  • mixiチェック

ページトップへ戻る