木村大

※このインタビューは2007年に行われたものです。

昨年のツアーで得たものを最大限に生かして

この9月から来年(2008年)の3月にかけて、日本全国をまわるリサイタル・ツアーが始まりました。昨年の秋から今年の春にかけてのツアーに続いて、2回目となりますね。

木村: 昨年からのツアーの中でいろんなアイデアが浮かんできました。クラシック・ギターの可能性を、ソリストとして広めるためのいろんなアイデアです。昨年のツアーはやりたいことがぎっしりと詰まった企画で、途中で変更することができませんでした。
それでフラストレーションが溜まることもありました。また、長丁場の中では演奏に集中できない状況もありました。これはファンの方々の応援でなんとかクリアできたんですが、自分がもっと能動的に仕掛けていかなければならないと痛感しました。悪い言葉ですが、ツアーでは演奏会を「こなす」という感覚がどうしても生まれてきてしまいます。それを撃退したいと思いました。

それを踏まえて、今回のツアーはステップアップしたものになりそうですね。

木村: 今回はすべての楽曲を自分で編曲しました。小編成のストリングスに入ってもらうんですが、この編曲も自分でしています。すべてを自分で担うことで、ツアーの途中での変更や改訂が自由にできるわけです。ギター1本で弾かないあり方を見て「木村大はソロをしないのか?」と言われるかもしれないけれど、ギターとストリングスの組み合わせをしているだけで、ギターはあくまでもソロで弾いていることに変わりはない。
ギター1本で2時間のリサイタルを開くあり方もあるでしょうが、実は聴き手も弾き手も辛い時間になってしまうことも多い。ピアノ伴奏があって始めてより輝きを増す、ヴァイオリンのリサイタルのように考えていただければいいわけです。その中で「無伴奏ギター」の作品を取り上げると、よりギター1本の魅力が引き立つのではないかとも考えているんです。何にせよ、ツアーでたくさんのお客さまから大きなエネルギーをいただけるのが本当に嬉しい。一晩のリサイタルの中で、毎回全力投球をして、クラシック・ギターの魅力を目一杯ご披露したいと思っています。


ストレートでオーソドックスなのが魅力




今回のツアーではヤマハのエレクトリック・アコースティックのギターを使われるそうですね。

木村: 現代の巨匠と言われているジョン・ウィリアムスもこうした方向性の活動を取り入れていますが、クラシック・ギターにも電気的な力の手助けを借りた演奏の仕方があってもいいのではないかと思いました。クラシック・ギターの音量には限界があります。つまり大ホールでの演奏には向かないということ。僕の目指すものは、フィンガー・ピッキングというクラシック・ギターならではの奏法の良さをそのままに、音量だけを増幅すること。増幅しても自然な音であるように、ヤマハの技術の方々に無理を言って作っていただいた楽器なんです。GCX31Cという機種をベースに、木村大ヴァージョンを作っていただいています。いずれは、ピックを使ってもいい音がするように、クラシック・ギターなのにロックもできるような楽器に仕上がっていったらいいなと思っています。

クラシック・ギターの世界では革命的な演奏スタイルとなりますね。

木村: 今回のツアーで、この楽器のキャラクターやカラーを追求したいと思っています。芯のしっかりした音色で、高音から低音までバランスのいい、ストレートでオーソドックスな楽器なので、それができるはず。生の音の倍音の鳴りとか、臨場感をつくり上げたいですね。

ギター造りにおいてのヤマハとのコラボレーションはいかがでしたか?

木村: 技術の方々はもちろんのこと、企業として挑戦や実験を率先して行う気質があるように思います。ギターの魅力を広めたいというモチベーションは、すでの僕と共有のもの。これでクラシック・ギターの可能性も広げたいと思っています。

意欲満々ですね。

木村: 20代の間はできる限りいろんな挑戦をしたいと思っているんです。もちろんクラシック・ギターが僕の中核。でももしかしたらフラメンコやロックなども取り入れていくかもしれない。エレクトリック・ギターも手にするかもしれない。でもクラシック音楽の美しさをもっと多くの人に知っていただだきたい、という僕の思いは揺るぎません。一見ヴァラエティに富んだ活動に見えても、それはすべて「木村大」の音楽活動なんだ、と言えるように頑張りたい。そのためにも、自分がまず完全燃焼できるリサイタルを積み重ねていかなければならないと思っています。

新しいアルバムのリリースは考えていますか。

木村: 今回のツアーの後に録音したいと思っています。ツアーで練り上げた演奏や、浮かんできたアイデアを盛り込んだものを。

楽しみにしています。

profile : 木村 大

1982年、茨城県土浦市に生まれる。5歳より父、義輝に師事、ギターと音楽理論を学ぶ。第13回GLC全国学生ギターコンクール小学校低学年の部優勝。その後、数々のコンクールで優勝する。96年、第39回東京国際ギターコンクールに14歳で優勝。96年と97年、茨城県知事賞受賞。バルセロナ音楽祭に招待されヨーロッパデビュー。17歳でソニーよりCDデビュー。以後3年にわたり全国リサイタルツアーやオーケストラとの共演、アルバム「カデンツァー17」「駿馬」「アランフェス」を発売。この間、テレビ、ラジオに出演。雑誌、新聞にも登場。日本のクラシック音楽会に旋風を起こす。2001年2月、第11回新日鐵音楽賞フレッシュアーティスト賞を受賞。02年4月より2年間、英国王立音楽院に留学。第1回ベストデビュタント賞(音楽部門)を受賞。07年9月から08年3月にかけて、全国20数会場でリサイタルを開催中。

木村 大

新着情報

feed

2017年8月12日 [ギター・ベース]
【イベント情報】アコースティックギターの祭典『ヤマハ アコースティック・マインド2017』のチケット発売に関する情報を追加しました。

2017年7月27日 [ギター・ベース]
【イベント情報】島村楽器・ビギナーズ倶楽部 特別篇「OKAPY直伝・初心者向けエレキベースセミナー“歌って弾けるベーシストを目指そう!!”」開催!

ベースを始めたばかり、始めてみようと思っている方、軽音楽部に入ったばかりの学生の皆さんにぴったりのベースセミナーを開催!ベースの特長、機材セッティング、ベースの奏法・練習方法など盛りだくさん。ボーカリストでもあるOKAPYさんならではのベースを弾きながら唄うコツ迄、トークと演奏を交えて分かりやすく解説します。お気軽にご参加ください。

■日程
8月26日(土)ららぽーと湘南平塚店
10月7日(土)松本パルコ店
10月8日(日)長野店
10月9日(月)イオンモール佐久平店
9月23日(土)広島パルコ店
9月24日(日)ららぽーとEXPOCITY店

■参加費:1,500円(税抜)

以下割引制度を設定しています。
軽音割   1,200円(税抜)※対象:軽音楽部員
親子割   1,200円(税抜)※対象:親子での参加
スクール割 1,200円(税抜)※対象:島村楽器ミュージックスクール生徒

※開催時間・その他詳細につきましては、各開催店舗様へ直接お問い合わせください。

2017年7月20日 [ギター・ベース]
【新商品発売】エレクトリックアコースティックギター『Aシリーズ』数量限定・ブラックカラーモデルを発売致します。

2017年7月14日 [ギター・ベース]
Yamaha ギターレクチャーコンサート

地球が生まれ、そして海が隔てるそれぞれの陸地が生まれた。文明の進歩は、大陸の長所となり、文化の個性を作り上げた。それぞれの文化は、異質ではあるが、感性は似ている。人の感性は、世界の色別はなく、それはみな同じだ。今回は、5 回にわたって世界を旅するコンサートをお届けいたします。名曲の数々を、どうぞご堪能ください。

2017/9/7 スペイン・イタリアギター音楽の夕べ
2017/11/2 イギリス・ドイツを含む北ヨーロッパギター音楽の夕べ
2018/1/17 南米ギター音楽の夕べ
2018/3/7 日本周辺ギター音楽の夕べ
2018/5/18 日本周辺ギター音楽の夕べ

■会場
ヤマハ銀座コンサートサロン
■開場 / 開演
開場 18:00 / 開演 19:00
■ナビゲーター(第1回~第5回)
坂場 圭介
■チケット
各回2,000円(全席自由)
5回シリーズ券:8,000円(全席自由)
※別途、チケット発券手数料(216円)がかかります

2017年7月6日 [ギター・ベース]
【イベント情報】ダニエル・ホー with ヤマハアコースティックギター スペシャルライブ 3days開催![1743KB]

6回のグラミー賞受賞を誇るダニエル・ホーが来日。東京・浜松・仙台の3daysスペシャルライブが決定。聴く人を惹きつけてやまない多彩なギターサウンド、独創的な音楽性と演奏技術。是非この機会にお見逃しなく!!

■日程:2017年7月28日(金)Start 18:00~
■場所:ヤマハミュージック横浜店地下1F ハーバー※予約受付終了となりました。


■日程:2017年7月29日(土)Start 13:00~
■場所:ヤマハミュージック浜松店8F かじまちヤマハホール ※予約受付終了となりました。


■日程:2017年7月30日(日)Start 15:00~
■場所:ヤマハミュージック仙台店6F イベントホール

ページトップへ戻る

DEPAPEPE 三浦拓也がヤマハnew A seriesを弾く!(月刊Go!Go!GUITAR掲載)

  • depapepe

ヤマハギター オフィシャルSNS登場!

  • インスタグラム
  • Twitter

アコースティックギター取扱店

  • Lisland

関連リンク

  • 大人の音楽レッスン
  • 楽器解体全書
  • アーティスト
  • 高校軽音楽部支援サイト K-ONB
  • BACKSTAGE
  • ygd
  • ヤマハ ギターの歴史
  • ギターフェスタ