メンテナンス

メンテナンス

アコースティックギターのサウンドを長くお楽しみいただくために。

デリケートな「木」から最高のサウンドを引き出しているギター。お気に入りのサウンドや外観を長くお楽しみいただくためのお手入れの知識や、上手なチューニングのコツをご紹介します。

日常のお手入れ

お手入れの基本はカラ拭き
ギターを弾き終わったらすぐに楽器専用のクロスでカラ拭き。それだけでギターは長持ちするようになります。ギターについた手の脂や汗は、小さな傷からボディや指板に入り込むとひび割れの原因になることがあります。演奏後すぐに脂や汗をふき取ることで事前にトラブルを防止できます。ただし、アコースティックギターのラッカー塗装は、シリコンにより変質することがあるので、シリコンの含まれない専用のクロスを用意しましょう。

定期的に指板にオイルを
弦を交換するのと同時に、指板にレモンオイルかオレンジオイルを塗っておきましょう。過度の乾燥を防ぎ、しっとりとしたフィーリングを保てます。

保管するには、湿度や温度の変化を少なく
アコースティックギターは、湿度と温度による影響を非常に受けやすい楽器です。保管する場所の湿度は45~55%がベストと言われています。乾燥と高温多湿は厳禁。直射日光やエアコンの直撃なども、温度変化の原因となるので避けましょう。

弦の交換
1:ペグを回す方向を確認しましょう。1~3弦用のペグは正面から見て時計回りの巻き方、4~6弦用のペグは反時計回りになっています。

2:ブリッジに弦を差し込むときには、ブリッジピンも一緒に差し込み、軽く弦を引っぱり、遊びがないよう確認します。

3:弦をペグに取付ける時は二~三巻きを目標に。一巻き目は差し込んだ弦の上側を、二巻き目からは下側を巻き、差し込んだ弦を挟むようにすると、緩まずしっかりと巻きつけることができます。

ページトップへ戻る

GAKKIソムリエPresents YAMAHA LL-TA製品レビュー

  • トランスアコースティックギター

ヤマハギター オフィシャルSNS登場!

  • インスタグラム
  • Twitter

アコースティックギター取扱店

  • Lisland

関連リンク

  • 大人の音楽レッスン
  • 楽器解体全書
  • アーティスト
  • 高校軽音楽部支援サイト K-ONB
  • BACKSTAGE
  • ygd
  • ヤマハ ギターの歴史