仕事の歴史

仕事の歴史1900年~1935年

[明治~戦前]国産最初のパイプオルガン建造への道のり

his-pic-001.jpg
「聖テモテ教会」

記録によれば、明治30年代(1900年頃)に、ヤマハの前身である日本楽器製造は早くもパイプオルガンの構造研究に着手していたとされています。当初は 竹製のパイプを試作するところから始め、自動オルガンなども製作したようです。また、当時国内に設置されていた数少ないパイプオルガンの調律、補修を請負 い、熱心に構造研究をしていたと伝えられています。

大正時代に入ると、英国留学から帰国した徳川頼貞侯爵が私財を投じて南葵(なんき)音楽堂を建立し、そこに日本最初のコンサートオルガンが設置されました。この英国製オルガンとの出会いがその後のヤマハの方向を決定付けることになります。

当時国内ではオルガンを組み立てる技術者がおらず、日本楽器でパイプオルガン研究を独自に行っていた一人の技師が、保守管理技術習得を期待されて、英国人 技師の助手として招聘されました。またとないチャンスを得て、今までの研究をベースにオルガン建造技術を学んだその技師は、南葵音楽堂パイプオルガンの保 守、調律を行うかたわら研究を進め、ついに国産最初のパイプオルガン建造に成功します。
この成功は当時各界から多くの賛辞をあつめ、たいへんな話題となりましたが、その礎ともいえる南葵音楽堂を建立した頼貞候自身が、なにより喜んだのではないでしょうか。

[主な出来事]

his-pic-003.jpg
東京音楽学校パイプオルガン参考書

1900年頃  パイプオルガン研究に着手。
1920年   南葵音楽堂オルガン設置に参加。
1928年   関東大震災で損壊した南葵音楽堂から、旧東京音楽学校奏楽堂へパイプオルガンが寄贈される。解体、修復、復元の全ての工程を、日本楽器技術者が担当。
1929年   東京麹町東郷坂独逸教会に、ワルカー社製オルガン設置。
1932年   東京本郷の聖テモテ教会に、日本楽器技師達による、我が国最初の国産パイプオルガンを建造。(2段鍵盤8ストップ)
1934年   東京音楽学校にパイプオルガン建造。(2段鍵盤8ストップ)
1935年   東京公教神学校にパイプオルガン建造。(2段鍵盤5ストップ)

この他、東京無線放送局、東郷坂独逸教会、横浜クリストチャーチ、本郷中央会堂などの見積書、設計図面などが多数残されています。

新着情報

feed

2017年8月10日 [ピアノ・鍵盤楽器]
8/27 新東名 浜松サービスエリア上り線にてピアノ不思議体験ショー[1500KB]

新東名高速道路 浜松サービスエリア NEOPASA浜松上り線「MUSIC SPOT」でピアノ不思議体験ショーを開催いたします。
8月27日(日) (1) 10:00~ (2) 11:00~ (3) 13:00~ 各回30分
ピアノ博士とその助手が、ピアノの音の鳴る仕組みや調律の仕方など実演を交えて紹介してくれます。
実際にピアノのボディや鍵盤のパーツに触れてもらったり、解体、修復に参加してもらいます。
夏休みの自由研究の参考にぜひいらしてください。

2017年5月23日 [ピアノ・鍵盤楽器]
【クラビノーバ】お部屋に鍵盤楽器を3Dで配置できるスマホアプリに、クラビノーバ CLPシリーズ新モデルの掲載がスタート

2017年3月24日 [ピアノ・鍵盤楽器]
【ピアノ・エレクトーン】お部屋にピアノやエレクトーンを3Dで配置できるスマホアプリ

2016年12月12日 [ピアノ・鍵盤楽器]
【ヤマハミュージックデータショップ】12月25日まで期間限定で、全品10%OFF!ウインターセールを実施!

2016年7月4日 [ピアノ・鍵盤楽器]
ヤマハミュージックデータショップにて、「サマーセール2016」を実施中!

全商品10%OFFでお求めになれます。7月4日(月)~7月17日(日)23時59分まで。
この機会にぜひMIDIやレジストデータをお買い求めください。

ページトップへ戻る

  • roomcoバナー

関連リンク

  • 関連リンク