アーティストを知る

アーティストを知る

アーティストインタビュー

  • 上野 信一

    マルチ・パーカッション・プレイヤーとして活躍する上野信一氏が、打楽器を始めたきっかけ~フランスで培った音楽観について、そして音楽に取り組むための心構えを、豊富な経験とともに語ります。

  • ドン・リウッチ

    フィラデルフィア管弦楽団の首席ティンパニ奏者であるドン・リウッチ氏が、音楽やティンパニとの出合いや愛用するヤマハティンパニについて語り、若い音楽家たちへメッセージを送ります。

  • デイブ・サミュエルス

    ジャズ マリンバ・ビブラフォン奏者、デイブ・サミュエルス氏が音楽そしてジャズをはじめたきっかけから楽器について、そして若いミュージシャンへのメッセージを語ります。

  • 中村 功

    ヨーロッパを中心に世界各地で演奏活動を展開する中村 功氏が打楽器との意外な出会い、さまざまな民族音楽を演奏するうえで大切にしていること、ヤマハの楽器を使用する理由などを語ってくださいました。

  • ネボイシャ・ジブコビッチ

    世界的なマリンバ奏者/作曲家であるネボイシャ・ジブコビッチ氏が自身の音楽観、作曲のコツ、若い音楽家たちへのメッセージを演奏を交えながら語ります。

  • 神谷 百子

    世界を舞台に幅広く活躍するマリンバ奏者神谷百子さんから、マリンバとの出会い、マリンバの魅力、マリンバを学ぶ人へのアドバイスなどをうかがいました。

  • フランツ・シンドルベック

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席打楽器奏者のフランツ・シンドルベック氏が、音楽との出会いや、オーケストラの中で求めるスネアサウンド、ヤマハのスネアドラムについて語ってくださいました。

  • ネイ・ロザウロ

    マイアミ大学打楽器科部長でもあり、打楽器奏者・作曲家として世界中で活躍するネイ・ロザウロ氏が、作曲と演奏の結びつきや、ヤマハマリンバを演奏する理由について語ってくださいました。

  • ジャン・ジョフロイ

    マルチパーカッショニストとして著名なジャン・ジョフロイ氏が、音楽との出会いや、ヤマハについて語ってくださいました。

    アーティスト関連情報
  • ニール・パーシー

    ロンドン交響楽団首席打楽器奏者のニール・パーシー氏が、自らの音楽人生や打楽器を勉強される方へのメッセージを語ってくださいました。

    アーティスト関連情報
  • 山口 多嘉子

    いつも明るく吹奏楽コンクールの課題曲をアドバイスしてくださる山口多嘉子先生に、打楽器との出会い、学生の頃のお話などをうかがいました。

  • SINSKE

    1stアルバム「INFINITY」でセンセーショナルなデビューを果たし、マリンバの持つ無限の可能性を示唆したSINSKE氏が、マリンバとの出会いについて語ってくれました。

  • 安倍 圭子

    世界的マリンバ奏者の安倍圭子(あべけいこ)氏が、マリンバとの出逢い、ヤマハについて語ってくれました。

個人のアーティストを探す

あ行

  • 安倍圭子

    演奏活動は世界50ヵ国に及ぶ、国際的マリンバ演奏家。

  • 生乃久法

    マーチングパーカッションを全国で指導。日本マーチングバンド・バトントワーリング協会公認指導員。尚美ミュージックカレッジ専門学校、くらしき作陽大学講師。

  • 出田りあ

    マリンバ奏者。2003年「第1回パリ国際マリンバコンクール」グランプリ受賞。

  • 上野信一

    仏ストラスブール・フィルハーモニー打楽器奏者、仏国立トゥールーズ・キャピトル管弦楽団首席打楽器、ティンパニ奏者を経て、ソロのマルチ・パーカッション・プレイヤーとして国際的に活動。国立音楽大学非常勤講師。

  • 植松透

    NHK交響楽団ティンパニ・打楽器奏者。ミラクルパーカッションアンサンブル代表。国立音楽大学、洗足学園音楽大学講師。

  • エミル・リチャード

    ジャズ・ビブラフォン奏者。1994年国際打楽器芸術協会(PAS)より打楽器界のノーベル賞といわれるホール・オブ・フェーム栄誉賞を受賞。

  • 大熊理津子

    05年世界マリンバコンチェルトコンペティション優勝他国内外コンクール入賞多数。06年度より(財)地域創造登録アーティスト。日・米各地、中南米・欧・亜各国で活動。

か行

  • 加納三栄子 / 加納里奈

    共に愛知県立芸術大学卒業。第3回ベルギー国際マリンバコンクールデュオ部門第2位、併せて安倍圭子賞受賞。2マリンバ&ピアノのアンサンブルグループ「凛」で活動中。

  • 神谷百子

    第3回ルクセンブルグ国際打楽器コンクール・ソロマリンバ部門優勝。ジュリアード音楽院卒業。2005年度川崎市アゼリア輝賞受賞。洗足学園大学、エリザベト音楽大学各客員教授、愛知県立芸術大学、国立音楽大学、沖縄県立芸術大学各講師。

  • ギド・マーグランダー

    バイエルン放送交響楽団首席打楽器奏者

  • 小磯幸彦

    立教大学卒業後、全国をソリストとして巡演、1983年のリサイタルで高い評価を得る。「楽友会」で後進の指導にも務める。日本木琴協会常務理事。

さ行

  • 斉藤易子

    マリンバ・ビブラフォン奏者、作曲家。

  • 坂本雄希

    国立音楽大学卒業。全国各地のオケやスーパーワールドオーケストラ、ハンガリー国立フィル等でも演奏活動を行う。現在東京佼成ウインドオーケストラティンパニ奏者

  • 佐野恭一

    国立音楽大学、ベルリン国立芸術大学卒業。東京交響楽団正団員、ベルリン・ドイツ・オペラ・オーケストラ打楽器セクション副首席等長年の演奏活動。

  • ジャン・ジョフロイ

    リヨン高等音楽院教授・ジュネーブ音楽院教授

  • SINSKE

    「第3回世界マリンバコンクール(ドイツ)」にて第2位。ヨーロッパを中心に活動後、日本に拠点を移し、活躍中。現在まで4枚のCDがリリースされ好評を得ている。

  • 菅原淳

    東京芸大卒業。ラ・ロッシェル国際打楽器コンクール第1位。中島健蔵音楽賞、文化庁芸術祭優秀賞、朝日現代音楽賞を受賞。東京音楽大学准教授。

  • 関澤真由美

    ニューヨーク・カーネギーリサイタルホールにてデビュー、高い評価を得て、マリンバソリストとして国際的に活動を展開している。

た行

  • 高田直子

    アメリカ各紙で絶賛のマリンバ奏者。南カリフォルニアマリンバコンクールの審査委員長。

  • 竹内将也

    仙台フィルハーモニー管弦楽団ティンパニ奏者。エジプト・カイロ音楽院教授、東京藝術大学非常勤講師など歴任。師・有賀誠門が提唱する「上の発想・下の発想」の研究・実践を行う。

  • ツーイン・タイ

    パリオペラ座管弦楽団 打楽器奏者。「第3回世界マリンバコンクール」第1位。

  • デイヴ・サミュエルス

    元スパイロ・ジャイラの一員として活躍するジャズ・ビブラフォン&マリンバ奏者。バークリー音楽院准教授。カリビアン・ジャズ・プロジェクト主宰。2003年度・2008年度グラミー賞受賞。デビット・フリードマン氏と共にデュオグループ「ダブル・イメージ」を結成。

  • 塚越慎子

    国立音楽大学を首席で卒業。皇居内にて御前演奏を行う。パリ国際コンクール第1位受賞他、国内外の数々のコンクールにて華々しい受賞歴を持つ。現在国内外にて活躍中。

  • デビッド・フリードマン

    ジャズ・ビブラフォン&マリンバ奏者、作曲家として著名。ドイツ国立ベルリン芸術大学教授。デイヴ・サミュエルス氏と共にデュオグループ、「ダブル・イメージ」を結成。ジャズトリオ、タンブール主宰。

  • ドン・リウッチ

    フィラデルフィア管弦楽団首席ティンパニ奏者

な行

  • 永野哲

    ソロティンパニスト、元九州交響楽団団員。リサイタル等でティンパニ作品の紹介を意欲的に展開中。

  • 中村功

    東京芸術大学、フライブルグ国立音楽大学卒業。現在、カールスルーエ国立音楽大学教授を務める。

  • ニール・パーシー

    ロンドン交響楽団首席打楽器奏者。英国王立音楽院ティンパニ&打楽器科部長。

  • ネイ・ロザウロ

    マイアミ大学打楽器科部長。作曲家としても著名で、執筆や後進の指導など幅広く活動。数多くの国際打楽器フェスティバルにも参加している。

  • ネボイシャ・ジブコビッチ

    マリンバ・パーカッションソリストとして活躍する一方、作曲家としても著名。

は行

  • 浜まゆみ

    桐朋学園大学 音楽学部演奏学科打楽器科 マリンバ専攻を首席で卒業。同大学研究科修了後、アメリカミシガン大学 打楽器科大学院留学。第2回世界マリンバコンクール2位受賞

  • 深町浩司

    愛知県立芸術大学准教授

     

  • フランク・トルティエ

    ジャズ ヴィブラフォン奏者
    フランス国立ジャズ・オーケストラなどで活躍

  • フランツ・シンドルベック

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 首席パーカッション奏者

ま行

  • マイク・マイニエリ

    ジャズ・フュージョンで活躍するビブラフォン奏者。NYCレコードの設立者でもある。

  • 三村奈々恵

    国立音楽大学首席卒業、ボストン音楽院修士号。バークリー音楽院で講師を務めた。CD3 枚リリース。TV、ラジオなど多方面で活躍。

や行

  • 安江佐和子

    桐朋学園大学非常勤講師。サイトウキネンオーケストラ他、ソリスト、室内楽、オーケストラの奏者として活動。歌う色彩のパーカッションという独自の音色感をもつ世界を展開する。

  • 山口多嘉子

    東京芸術大学卒業。同大学大学院修了。ピアノとのデュオ「パ・ドゥ・シャ」、ユーフォニアム&ピアノとのトリオ「トリオ・デ・シャンボウ」メンバー。東京佼成ウインドオーケストラ団員。昭和音楽大学非常勤講師。

  • 吉川雅夫

    武蔵野音大ピアノ科卒。過去スタジオ・ミュージシャンとして約2万曲の録音、2500回のコンサートを経て掴んだマリンバの魅力を広く大衆に…と願う。日本木琴協会理事

  • 吉岡孝悦

    桐朋学園大卒。安倍圭子氏に師事。ニューイングランド音楽院留学。PAS作曲コンクール優勝。村松賞受賞。文化庁芸術祭大賞受賞。世界各国の音楽祭にて自作曲を多数発表。

ら行

団体のアーティストを探す

このコンテンツを視聴するには、JavaScript を有効にしたうえで、最新バージョンの Adobe Flash Player を使用する必要があります。Adobe Flash Playerのインストールページへ

このコンテンツを視聴するには、JavaScript を有効にしたうえで、最新バージョンの Adobe Flash Player を使用する必要があります。Adobe Flash Playerのインストールページへ

このコンテンツを視聴するには、JavaScript を有効にしたうえで、最新バージョンの Adobe Flash Player を使用する必要があります。Adobe Flash Playerのインストールページへ

このコンテンツを視聴するには、JavaScript を有効にしたうえで、最新バージョンの Adobe Flash Player を使用する必要があります。Adobe Flash Playerのインストールページへ

このコンテンツを視聴するには、JavaScript を有効にしたうえで、最新バージョンの Adobe Flash Player を使用する必要があります。Adobe Flash Playerのインストールページへ

新着情報

feed

2017年5月11日 [コンサートパーカッション]
ヤマハコンサートスネアドラム OSMシリーズ 新発売

シェル素材に厳選されたメイプル材を使用。オーセンティックなコンサートスネアの響きを実現しました。
また様々な演奏シチュエーションに応じてスネア(響き線)を交換できるように、タイプの異なるスネアを2種類同梱しています。
深さ5インチ、6.5インチの2ラインナップ。2017年5月13日発売。

2016年4月20日 [コンサートパーカッション]
「第11回安倍圭子国際マリンバアカデミー」の情報を公開しました。

2014年12月17日 [コンサートパーカッション]
上野信一&佐藤祐介 デュオ・リサイタル

2014年6月26日 [コンサートパーカッション]
ティンパニマレット500シリーズ TPM-501B2、 TPM-502B2、 TPM-503B2、 TPM-504B2 新発売

2014年5月2日 [コンサートパーカッション]
「第9回安倍圭子国際マリンバアカデミー」の情報を公開しました。

ページトップへ戻る

ヤマハが販売する他ブランド製品

  • ヤマハが販売する他ブランド製品

イベント情報

  • 安倍圭子 国際マリンバアカデミー
  • ブラスジャンボリー
  • 浜松国際管楽器アカデミー&フェスティヴァル
  • 日本吹奏楽指導者クリニック
  • 自由演奏会