スネアドラムとは

スネアドラムのはじめて楽器ナビ

スネアドラムとは

BSM-1465

ドラムは歴史も古くその形もさまざまですが、その中で胴の上下に皮(ヘッド)をつけ、裏皮に響き線をつけたものをスネアドラムと呼びます。リズムの最も細やかなフレーズを叩き出す役目が多く、それゆえに演奏技術も多岐にわたります。小さい楽器ではありますが、そのパワーと反応の鋭さはバンド全体に与える影響も強く、リズムの要とも言えます。
スネアドラムの胴には木胴と金属胴があり、サイズは直径14インチのものがほとんどで、深さ5~6 1/2インチのものがポピュラーです。スネアドラムとバスドラムは、特にチューニングによって音色や響きを自由につくっていく楽器です。

ページトップへ戻る

ヤマハが販売する他ブランド製品

  • ヤマハが販売する他ブランド製品

イベント情報

  • 安倍圭子 国際マリンバアカデミー
  • ブラスジャンボリー
  • 浜松国際管楽器アカデミー&フェスティヴァル
  • 日本吹奏楽指導者クリニック
  • 自由演奏会