ビブラフォンとは

ビブラフォンのはじめて楽器ナビ

ビブラフォンとは

YV-3910J

ビブラフォンは金属製音板を持つ音板打楽器です。共鳴パイプの上にファンが回っており、それによって速度調整の可能なビブラートが生じ、この楽器独特の甘い音色が出ます。
ビブラフォンは、音板打楽器の中では最も新しい楽器で、元来、ジャズ用の楽器として開発されましたが、その後ポピュラー音楽や現代音楽でも幅広く使用されるようになりました。また、マリンバと同じく、独奏用楽器としての位置づけも高い楽器です。
音域は、基音と4倍音(2オクターブ上)が調律されています。

  • ヤマハでは、YV-3910J,YV-3710JMの2品番に関しては、基音と4倍音の調律に加えて、10倍音(3オクターブと長3度上の音)の調律が行われています。

ページトップへ戻る

ヤマハが販売する他ブランド製品

  • ヤマハが販売する他ブランド製品

イベント情報

  • 安倍圭子 国際マリンバアカデミー
  • ブラスジャンボリー
  • 浜松国際管楽器アカデミー&フェスティヴァル
  • 日本吹奏楽指導者クリニック
  • 自由演奏会