• mixiチェック

管楽器テクニカルアカデミー

管楽器のプロになる。

Yamaha Band Instruments Technical Academy

「ヤマハ管楽器テクニカルアカデミー」は、高度で確かな技術はもちろん、音楽への深い理解と見識を持つ専門技術者の育成を目指しています。

特長

管楽器工場内という、専門技術者になるための最適な環境

ヤマハ管楽器テクニカルアカデミーは、国内管楽器製造の拠点であるヤマハ豊岡事業所内にあります。管楽器の製造現場と隣接していることは管楽器を学ぶ上で大きなメリットです。実習を学ぶ教室では一人一人の専用作業机でしっかりと作業に集中することができ、20名という少数精鋭、全寮制、1年間短期集中と、雑音なく高度な専門技術と幅広い知識を学ぶための最適な環境で学ぶことができます。

「設計」「製造」「修理」に携わる専門スタッフからなる講師陣

ヤマハには管楽器づくりを通じて蓄積したノウハウや世界中で活躍するアーティストとのコミュニケーションにより培った最前線の技術と知識があります。管楽器を知り尽くしたヤマハの講師陣が、そのノウハウを活用したきめ細かなカリキュラムで専門技術者を目指す方々を全力でサポートします。

音楽への理解を深める

毎年のように全国大会で優秀な成績を収める「ヤマハ吹奏楽団」が身近にいる環境とともに楽器練習室も完備しています。また、ヤマハ吹奏楽団定期演奏会・ポップスコンサートや日本吹奏楽指導者クリニックなどの音楽イベントの運営のお手伝いを行ったり、研修ではプロの演奏家を講師に迎えての演奏指導もあり、技術だけでなく演奏に関しても理解を深め、一年後にはプロの専門技術者として活躍する道が開かれています。

卒業後の進路やスキルアップもフォロー

入学時の約束として、全国にあります「ヤマハ管楽器特約店様」に就職をしていただきます。近年雇用形態も変化しておりますが、今年卒業生までは100%の就職率を誇っています。

講座内容

管楽器全般の基礎修理技術と実務基礎知識を中心に、技術者としての実務知識・音楽教養知識全般を習得し、一般ユーザーの修理・メンテナンスに対応できるレベルを目指します。

受講目標
Basic Gradeの取得
※Basic Grade制度:テクニカルアカデミーでは「Basic Grade」の取得を目指します。その後、社会に出て実務経験を積み、より高度な「Seni or Grade」「Master Grade」を受験することもできます。
受講楽器
木管楽器6品目(ピッコロ/フルート/クラリネット/サクソフォン/オーボエ/ファゴット)
金管楽器3品目(ピストン楽器/ロータリー楽器/スライド楽器)
学科管楽器全般の機能・製造などの専門講座と音楽教養知の講座
楽器総論、管楽器設計論、管楽器構造論、管楽器製作論、打楽器総論、教育楽器総論、音響学、安全衛生知識、工具知識、管楽器の歴史、金管楽器機能と構造、木管楽器機能と構造、打楽器機能と構造、楽典、商品知識、吹奏楽史、一般音楽知識、音楽教育史、販売概論
実技管楽器のメンテナンス・修理の基礎技術
やすり掛け、ハンマリング、はんだ付け、楽器点検手入れ実習、教育楽器の簡単な調整技術、打楽器の簡単な調整技術、工具作製、木管楽器(全タンポ交換調整など)、金管楽器(凹み直し・ピストン調整など)
ビジネスマナー研修
外部講師を招き、技術面だけでなく社会人としてのマナー教育にも力を入れています。
その他
吹奏訓練・音楽イベント運営・就職進路相談

施設紹介

学科教室

管楽器の設計者やヤマハの専門技術者を講師に迎えて密度の濃い授業を行います。

実技教室

実技を学ぶ教室はゆったりとしたスペースを確保。一人ひとり専用の机を使用し、作業に集中できます。

教材・工具

教材はヤマハの管楽器に関する豊富なノウハウをもとに編集・作成されています。基礎から応用まで総合的・体系的にまとめられています。リペアに必要な工具は、入学時にご用意しますので、自分専用の工具として大切にお使いください。

寮生活

お客様から信頼される技術者には、技術力や知識はもちろん、高い倫理観と豊かな人格が不可欠です。規律正しい生活はすべての基本、テクニカルアカデミーでは、全員が寮生活を送ります。

部屋
一人一部屋
食事
朝・夕は寮にて、昼食は豊岡事業所内食堂にて喫食します。
※土・ 日曜日、祝祭日の食事はありません。
通学手段
通学専用バスを運行します。
各部屋の設備
バス、個別トイレ、キッチン、洗濯機、机、ベッド

ある日のアカデミー

6:00起床
友だちを起こして寮でいっしょに朝食を食べます。
登校
登校は専用バスで。
※出発時間は状況により変動します。
8:30~講義(10:00~10分間休憩)
今日は楽器総論についてヤマハ管楽器の開発者から直接学んでいます。
開発者ならではの興味深いエピソードも聞けます!
真剣に取り組んでいます!
昼休み(40分間)
昼食は食堂で。
自分の食べたいものを自由に選びます。
今日は何を食べようかな?
~17:45 実技(15:00~10分間休憩)
午後は実技の授業。各楽器の修理・調整方法を学びます。日々同じことの繰り返しですが、ステップアップが実感できます。
分からないことはどんどん先生に聞きます。
集中集中!
プロの演奏家を講師に迎えた吹奏訓練もあります。
18:00 下校
帰りも専用バスで。
夕食
栄養のバランスに配慮した献立が用意されています。
いただきまーす!

休日編

お休みの日には楽しいイベントもいろいろ計画しています。
浜松周辺は自然の恵み豊かな地域です。

緑の中で気分もリフレッシュ!

先輩の声

川村 光司さん

私はリペアという仕事を通じて、地元盛岡市で音楽活動をしている方々のお手伝いをしたいと思い、技術者を志しました。テクニカルアカデミーでは、経験豊富な講師の方々のもと、充実した設備と環境の中で授業に集中でき、管楽器技術を身に付けることができました。1年間があっと言う間に感じるほど、忙しく充実した日々でした。

就職先:岩手県/(株)東山堂

内田 朗子さん

音楽業界に関わる仕事を諦めきれず、大学卒業後、テクニカルアカデミーに入学しました。楽器を製造している職場を間近にし、設計者など普段なかなか接することのできない方にもお話を聞けるチャンスがあるのは、メーカー直結ならではです。1年間集中して勉強できる環境は、早く現場に出て行けるという点で非常に良かったと思います。

就職先:静岡県/ヤマハ(株) 楽器営業統括部
B&O技術サービスグループ

山本 紗耶さん

私は楽器を演奏する楽しさを広めたいです。楽しく演奏するためには、楽器の状態が良くなければなりません。その「夢」を叶えるために修理技術者を志しました。いざ入学してみると、毎日が新しいことの連続で覚えることも多く厳しいテクニカルアカデミーですが、全国から集まった「志」を共にする仲間に出会え、沢山の楽器に囲まれてとても充実した毎日を送ることができました。1年と短い期間でしたが、環境の整ったテクニカルアカデミーでしっかり学んだことが現在の仕事に生かされています。アカデミーを選んで本当に良かったと思います。

就職先:神奈川県/(有)長谷川楽器店

講師からひとこと

柴田 敏彦
テクニカルアカデミーは、世界最大級の管楽器生産工場内にあり豊富な知識と技能を持った専任講師陣、そして何よりも管楽器設計者から講義が受けられるなど、他にない環境下で授業が受けられます。また、音楽知識・営業に関わる知識等外部からの講師を招き講義を受けられることも大きな特徴です。1年間という短い期間ではありますが、毎日が新しい事柄の連続で充実した日々を送ることができます。
生活面では、全員1年間寮生活を送って頂きます。同じ目標を持った仲間と同じ屋根の下で生活を共にし、時には励まし合ったり、慰めあったり、意見交換をしたりと苦楽を共にし「かけがえのない仲間」となることは間違いありません。ぜひ当校で管楽器修理技術を身に付けてみてください。
小出 真衣
テクニカルアカデミーは、充実した設備・カリキュラムに加え実践で活躍してきた技術者が講師を行っており、技術の基礎から実用的で幅広い応用を学ぶことができます。また約700本に及ぶ豊富な備品楽器で基本的な管楽器修理はもちろん、特殊管楽器(アルト/バスクラリネットやバリトンサックス他)などの修理・調整も学べますので、頑張り次第で、将来の可能性はどこまでも広がると思います。

よくある質問

Q ヤマハ管楽器テクニカルアカデミーはどこにありますか?

ヤマハの豊岡事業所内にあります。
住所は、〒438-0192 静岡県磐田市松ノ木島203
電話は、0539-62-3203 FAXは、0539-62-3219 です。

Q 入学試験や入学式について詳しく教えてください。

入学試験は10月初旬(予定)に東京・大阪にて、入学式は4月上旬にヤマハ(株)の豊岡事業所にて実施します。以下の図をご参照ください。

5~9月
応募書類受付
10月
入学試験
合否通知
11月
入学手続
12月
 
1月
 
2月
入学金・前期受講料納入
3月
 
4月
入学式
9月
後期受講料納入

入学試験の主な内容

〈1次試験〉
一般教養、楽典(基礎的な問題が中心)、音感(主に聴音の試験)、各種適性検査。

〈2次試験〉
面接と作文。
面接においては普段通りの会話を心掛けてください。決して作られたものではなく、普段の自分を出して頂きたいと思います。また、『やる気・相手に何かを伝えたいという気持ち』も大切です。作文は当日テーマをお知らせして書いて頂きます。リペアに留まらず広く音楽関連からのテーマとします。

Q 推薦入学制度があると聞きましたが、どの ような推薦でしょうか。

試験内容と選考基準は一般受験と同じですが、入学金が免除になるヤマハ管楽器特約店による推薦制度があります。詳しくはテクニカルアカデミーまでお問合せください。

Q 奨学金制度はありますか?

制度対象外です。

Q 自分はパーカッション担当なのですが、管楽器の演奏はできた方が良いのでしょうか?

演奏はできた方がお客さまの気持ちに寄り添うことができます。テクニカルアカデミーではプロの演奏家を招いて吹奏訓練を実施しますので、自分が演奏できる楽器以外も基礎はマスターして頂きます。演奏実習もカリキュラムの一部とご理解ください。

Q 就職活動はどのように行うのでしょうか?

10月頃より、受講生の希望をベースに、担当者が求人と求職のマッチングを行います。応募先が決まったら応募書類送付と選考試験に臨みます。就職支援として、面談前と入社前の二回に分けてビジネスマナー研修を実施します。

Q 就職先はヤマハ特約店の楽器店に限定されているのでしょうか?

ヤマハ管楽器特約店の就職が基本ですが、ヤマハ株式会社、または、国内販売会社である株式会社ヤマハミュージックジャパンへの就職実績もあります。

Q 講師の方は何人いらっしゃいますか?

事務局運営担当含め常勤は3名ですが、他に随時 各楽器の設計者、生産管理、営業担当者が講師を勤めます。それぞれ専門的な講義を受けられます。

Q アルバイトはできますか?

当アカデミーは、カリキュラムの密度が濃い短期集中型のため、アルバイトは禁止とさせて頂いております。

Q 全寮制とのことですが、寮生活で留意すべきポイントはありますか?

寮は完全個室(バス・個別トイレ・キッチン・洗濯機完備)ですが、集団生活ですので、お互いに迷惑にならないよう気を付けて生活してください。

ヤマハ管楽器テクニカルアカデミーについて

管楽器はその構造やメカニズムが非常に複雑・精緻なため、ちょっとした故障や調整ミスなどでも鳴りや音程、演奏性に大きな影響がでる専門性の高い楽器です。そのために、点検・調整・修理などお客様から寄せられる幅広いご要望に的確に応じられる確かな知識・技術と音楽への深い理解・見識をもつ専門技術者が求められています。 ヤマハは1978 年、優秀な管楽器の技術者養成を目的に「管楽器テクニカルアカデミー(旧リペアスクール)」を開設し、専門技術者を目指す方々をサポートしています。

ヤマハテクニカルアカデミーの沿革

1978年(昭和53年)
管楽器リペアスクールを埼玉工場内に開設。(研修期間5ヶ月)
1982年(昭和57年)
研修期間を11ヶ月に延長。(4月開講)
1989年(平成元年)
単科コース(研修期間3ヶ月)を新設。
木管コース 10月開講。金管コース 翌年4月開講。
1994年(平成6年)
管楽器テクニカルアカデミーと改称し、浜松市の宮竹工場に移転。
SEコース(研修期間3ヶ月)9月開講。
本科(研修期間10ヶ月)開講。
1998年(平成10年)
総合テクニカルコースを新設し、ピアノテクニカルアカデミーと併設。
総合コース(定員16名・研修期間12ヶ月)4月開講。
2004年(平成16年)
一般募集を開始するとともに、管楽器テクニカルアカデミーとして、豊岡事業所に移転。
各種コースを統合した総合コースに一本化。
2005年(平成17年)
定員を20名に増員。

ヤマハ管楽器テクニカルアカデミー

〒438-0192
静岡県磐田市松之木島203(ヤマハ豊岡事業所内)
Tel.0539-62-3203/Fax.0539-62-3219

新着情報

feed

2017年3月16日 [管楽器・吹奏楽器]
2017年「ヤマハ管楽器新人演奏会」~2017 Yamaha Wind Instruments Debut Concert~

2017年2月6日 [管楽器・吹奏楽器]
ファンタスティックフルートと黒笛連合

日時:2017年3月20日(月・祝) 14:30開場、15:00開演
会場:ヤマハ銀座コンサートサロン ヤマハ銀座ビル6F

2017年1月17日 [管楽器・吹奏楽器]
メモリアルコンサート ~立花千春さんを偲んで~

日時:2017年4月18日(火) 18:00開場、18:30開演
会場:ヤマハホール

2016年10月26日 [管楽器・吹奏楽器]
第71回マスタークラス・クリニック&ミニコンサート マルコ・ピエロボン

日時:2016年12月12日(月)18時30分開演(18時開場)
会場:ヤマハ銀座スタジオ(ヤマハ銀座ビル本館地下2F)

2016年10月15日 [管楽器・吹奏楽器]
吉井瑞穂 オーボエ サロンコンサート

日時:201611月15日(火) 19時開演(18時30分開場)
会場:ヤマハ銀座コンサートサロン

  • mixiチェック

ページトップへ戻る