管楽器の歴史

ヤマハ管楽器の歴史

ヤマハが楽器作りの総合メーカーを目指して管楽器の製造に着手したのは、1960年代の初めのことでした。
以来40年以上にわたって、内外のトッププレイヤーとの対話を重ね、たゆみない技術革新のノウハウの蓄積を行ない、今や、ヤマハブランドの管楽器を全世界に送り出しています。
広く音楽を愛する全ての方々に、ヤマハがこれまでたどってきた管楽器の歩みをご紹介させていただきます。

  • 1963年~1974年
  • 1975年~1984年
  • 1985年~1994年
  • 1995年~2004年
  • 2005年~現在

ページトップへ戻る