はじめて楽器ナビ

はじめて楽器ナビ

 

音色から楽器を選ぶ

楽器にカーソルを当てて音色を聴いてみよう。

各楽器の音色を聴いてみよう

ページの先頭に戻る

サイズから楽器を選ぶ

楽器のサイズ・重量を見てみましょう。

各楽器の音域

木管と金管の違い

管が金属製のものが金管楽器、木製のものが木管楽器と一般的に呼ばれますが、そのパターンにあてはまらない楽器もあります。現在はほとんど金属製なのに、以前は木製だったため木管に分類されるフルートと、金属製なのにリードが使われるので木管に分類されるサクソフォンがそれです。木管、金管とは発音体で区別されていると考えるといいでしょう。

発音体 発音原理 主な楽器 図解 マウスピース形状
リップリード マウスピースに当てた唇が振動体となって音が出ます。
  • トランペット
  • トロンボーン
  • ホルン
  • ユーフォニアム
  • チューバ
エアリード エッジに向けて吹き付けられた空気のジェット流が振動して音を出します。
  • フルート
  • ピッコロ


フルートなど

シングルリード マウスピースに取り付けられた1枚のリードが振動体となって音が出ます。
  • クラリネット
  • サクソフォン


リードのある楽器

ダブルリード 楽器の先に取り付けられた2枚のリードが振動体となって発音します。
  • オーボエ
  • ファゴット

移調楽器とは

移調楽器

管楽器は管の長さによって調が変化します。
そのため長い歴史の中で、音色・音の高さ・音量など、
さまざまな音楽に対応出来るよう、色々な調の楽器が生み出されました。
(調というのは、ハ長調、ニ短調といった音階を指します)
例えば歌を歌うとき、歌い始めの音を高くしてみたり低くしてみたりして、
歌いやすい高さに調節をすることができますが、
管楽器では音域や高さは管の長さによって決まってしまいますので、
始めから様々な高さに音階が調節された楽器が存在するのです。

そのためピアノでは「ド・レ・ミ」と弾くとその通りドレミの音が出ますが、
例えばトランペットの場合は何も押さないで音を出すとシの音が出て、
「ド・レ・ミ」と吹くと、ピアノでいうところの「シ・ド・レ」の音が鳴ります。

そのような色々な調を持つ楽器が、一斉に同じ曲を演奏すると、
同じ「ドレミ」でも、まちまちな音が出てしまいますので、
同じ音になるように楽譜を書換えて(移調)表すようになりました。
このような楽器を「移調楽器」と呼びます。

調子

音名の読み方と楽器の調性

現在、日本では様々な国の音名がいくつか使用されていますが、ここでは音楽の基本となるドイツ音名をご紹介します。倍音の一番低い音(基音)が、その楽器の「調性」となります。

各楽器の基本となる調子(基音)
トランペット、コルネット B
ホルン F、B
トロンボーン B
ユーフォニアム B
バス、チューバ B
ピッコロ、フルート C
クラリネット B
サクソフォン E、B
オーボエ、ファゴット C

金管楽器の種類と調性

金管楽器の主な種類は以下の10種です。調性は楽器毎に異なります。

ピッコロトランペット B、A
トランペット B、C、D、E、F、G
コルネット B、E
フリューゲルホルン B
フレンチホルン B、F
アルトホルン E
トロンボーン B、F
バリトン B
ユーフォニアム B
バスチューバ B、C、E

木管楽器の種類と調性

木管楽器の主な種類は以下の12種です。調性は楽器毎に異なります。

ピッコロ C
フルート C
オーボエ C
ソプラノクラリネット E
(ソプラノ)クラリネット B、A
アルトクラリネット E
バスクラリネット B
ソプラノサクソフォン B
アルトサクソフォン E
テナーサクソフォン B
バリトンサクソフォン E
ファゴット C

ページトップへ戻る

ヤマハが販売する他ブランド製品

  • ヤマハが販売する他ブランド製品