トランペット

トランペット_メイン

ウィーンの響き Xeno ~Special Order Model~

Xeno YTR-8335WS(特別生産品)

2013年秋にリニューアルしたXeno(第4世代)YTR-8335Sをベースモデルとし、このモデル独自の「YTベル」を採用。まるでウィーンのロータリートランペットを思わせるような華やかでふくよかな響きが特徴です。

Xenoアーティストモデル C管トランペット

Xenoアーティストモデル C管トランペット

シカゴ交響楽団のジョン・ハグストロム氏監修モデル。従来モデルのパーツを全て見直すことで、最適な抵抗感と重量バランスを手にしました。

"Xenoシリーズ"トランペット

"Xenoシリーズ"トランペット

1990年に登場したXenoトランペット。いまやフラッグシップモデルとなっているシリーズの第4世代の登場です。レスポンスとコントロールの良さがさらに向上しました。

サイレントブラス™

サイレントブラス™

いつでも、どこでも、もっと楽しく。より小型・軽量化され、リアルな響きを再現するサイレントブラス™が登場しました。

製品カテゴリ

B♭トランペット

B♭トランペットB♭トランペット

オーケストラや吹奏楽、ポップス、ジャズなどで最も一般的に使われている楽器です。

Cトランペット

CトランペットCトランペット

おもにクラシックのオーケストラやソロの演奏に用いられています。 とくにフランスの音楽では多く使われるため、現在世界中のオーケストラで、B♭管とともに2本柱となっています。

E♭トランペット

E♭トランペットE♭トランペット

ハイドン、フンメルなどのトランペット協奏曲を演奏するのに用いられる楽器で、上品で柔らかな音色です。D-E♭のコンビネーション(ベル、抜差管をチェンジして音を変えます)の楽器が多く作られています。

E/E♭トランペット

E/E♭トランペットE/E♭トランペット

フンメル作曲の『トランペット協奏曲』を演奏するために特別に作られたトランペットです。

E♭/Dトランペット

E♭/DトランペットE♭/Dトランペット

バロック時代に好まれた、明るく華やかなニ長調の音楽を演奏するのに適した楽器です。 バッハ作曲『ミサ曲 ロ短調』の第3トランペットパートなどに使われます。

F/Gトランペット

F/GトランペットF/Gトランペット

使用される機会は少ないですが、オーケストラで曲によって演奏をより楽にするために使われます。

ロータリートランペット

ロータリートランペットロータリートランペット

ロータリーヴァルブ式のトランペットで、ドイツ、オーストリアのオーケストラで一般的に使われます。ロータリーヴァルブのため音の切り替えが早く、音の変わり目がはっきりしており、トランペットより柔らかな音色ですので、オーケストラ等で他の楽器とよくなじみます。B♭管、C管をはじめ、さまざまな種類のものがあります。

ピッコロトランペット

ピッコロトランペットピッコロトランペット

A管、B♭管、まれにC管があり、A管とB♭管はマウスパイプを差し替えることで管長を変更できるものが多くあります。A管はバロック時代の作品を吹くことが最も多く、B♭管は普通のトランペットの1オクターブ上の音域で、オーケストラ、吹奏楽、アンサンブルで使われます。

ファンファーレトランペット

ファンファーレトランペットファンファーレトランペット

ファンファーレ演奏などのシーンで、メリハリのある輝かしい音を響かせてくれます。長く延びたベルにはフラッグを取り付けるための2つのリングが用意されています。

新着情報

feed

2014年12月17日 [管楽器・吹奏楽器]
ヤマハカスタムトランペット "YTR-8335GH" 1月15日新発売

2014年12月17日 [管楽器・吹奏楽器]
ヤマハカスタムトランペット Xeno アーティストモデル "YTR-9335CHS" 1月15日新発売

2014年12月8日 [管楽器・吹奏楽器]
【Z EXPRESS】Z BLOGを更新しました。「三木 俊雄:Front Page Orchestra Tour」

2014年12月8日 [管楽器・吹奏楽器]
ウィンドクインテット ソノリテ ~結成一周年スペシャルコンサート~

■東京公演
 日時:2015年4月1日(水) 18:30開場、19:00開演
 会場:ヤマハ銀座コンサートサロン(ヤマハ銀座ビル 6F)
■大阪公演
 日時:2015年4月6日(月) 18:30開場、19:00開演
 会場:千里ヤマハホール(千里ライフサイエンスセンタービル 20F)

2014年12月5日 [管楽器・吹奏楽器]
【Z EXPRESS】Z BLOGを更新しました。「朝里 勝久:Jamie Cullum Bigband」

ページトップへ戻る