機能一覧

技術

ネットワーク技術開く

IPv4/IPv6この説明のURLを取得する

ネットワークやコンピュータを相互接続するための仕組みです。
IPv4(Internet Protocol Version 4)、IPv6(Internet Protocol Version 6)と呼ばれる仕組みがあり、どちらもインターネット通信に利用されています。
IPv4アドレスの多くが既に配布されてしまったため、新たなアドレスを取得することが難しくなっています。そのためIPv6への移行が検討されつつあります。

技術情報Open in new window「ヤマハRTシリーズでのIPv6について」
設定例Open in new window「IPv6提案」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

IPv4マルチキャストこの説明のURLを取得する

IPv4プロトコルを使用して複数の特定のコンピュータにデータを送信する仕組みです。
送り側は1回のデータ送信のみで、複数のコンピュータがそのデータを受信しますので効率的な配信が可能です。
ヤマハルーターでは、IPv4マルチキャスト関連の機能として以下を提供します。
IGMPv2/v3, IGMPプロキシ, PIM-SMv2

設定例Open in new window「IPマルチキャストについて」

対応製品: RTX3000

IPv6マルチキャストこの説明のURLを取得する

IPv6プロトコルを使用して複数の特定のコンピュータにデータを送信する仕組みです。
送り側は1回のデータ送信のみで、複数のコンピュータがそのデータを受信しますので効率的な配信が可能です。
ヤマハルーターでは、IPv6マルチキャスト関連の機能として以下を提供します。
MLDv1/v2, MLDプロキシ

技術情報Open in new window「MLD機能説明書」
設定例Open in new window「 IPマルチキャストについて」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120

VLANこの説明のURLを取得する

1つの物理的なネットワーク上に仮想的なグループを形成して複数のLANを構築する技術です。

 タグVLANこの説明のURLを取得する

パケットにタグと呼ばれるヘッダを付加して、タグにより通信可能な範囲を制御する技術です。

技術情報Open in new window「VLAN」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT107e NVR700W NVR510 NVR500 FWX120 SRT100

LAN分割この説明のURLを取得する

スイッチングハブを持つLANインタフェースにおいて、ポート毎に異なるネットワークを割当てて仮想的に複数のLANインタフェースとして使用する技術です。

技術情報Open in new window「LAN分割機能」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX1100 NVR700W RTX810 FWX120 SRT100

LAN1ポート分離機能この説明のURLを取得する

スイッチングハブを持つLANインタフェースにおいて、ポートを複数のグループに分け、グループ以外の通信を遮断する技術です。
WAN側への通信を確保しながら、LAN側端末間の通信を遮断できるようになりますので各端末の独立性が向上し、ウィルス感染防止などLAN内セキュリティーを高めることができます。

LAN1ポート分離機能

設定例Open in new window「LAN1ポート分離機能」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX1100 NVR700W RTX810 RT107e FWX120 SRT100

NATこの説明のURLを取得する

Network Address Translation

IPv4ヘッダーにおいてアドレス部分を変換する技術です。多くは、企業内・家庭内のプライベートアドレスを、インターネットに接続できるグローバルアドレスに変換する場合に使用されます。

技術情報Open in new window「NATとはなんぞや」

NATマスカレードこの説明のURLを取得する

NAT機能を拡張したもので、1つのグローバルアドレスを、複数のコンピューターで共有する技術です。アドレスの変換に加えて、UDP/TCPポート番号の変換も行うことで実現されます。

技術情報Open in new window「IP Masquaradeはなんぞや」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

SIP-NATこの説明のURLを取得する

SIPヘッダー内に格納されているIPアドレスに対してもアドレス変換を行う技術です。
SIP通信では、SIPヘッダー内の情報を元にした呼接続が行われるため、NAT装置を介して接続する場合には、SIPヘッダー内のアドレス情報の変換が必要になります。

  • ルーターの側に固定のグローバルIPアドレスが1つ必要です。
    (LAN側にはプライベートIPアドレスを利用)
SIP-NAT機能とVPN機能を併用したソリューション例

※SIP-NATを使う際は、ルーターの側に固定グローバルIPアドレスが1つ必要です。
(LAN側にはプライベートIPアドレスを利用)

SIP-NAT機能とVPN機能を併用したソリューション例:説明図

技術情報Open in new window「SIP-NAT」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

SNMPこの説明のURLを取得する

Simple Network Management Protocol

機器の管理や稼動状態の監視を、ネットワーク経由で行う仕組みです。監視を行うマネージャーと監視されるエージェントの機能があり、ヤマハルーターはエージェントの機能をサポートしています。

技術情報Open in new window「SNMP」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i RT107e NVR700W NVR510 NVR500 FWX120 SRT100

UPnPこの説明のURLを取得する

Universal Plug and Play

ネットワーク装置と端末間で、通信に必要な情報をやり取りするための技術です。NAT機能が動作する場合、アプリケーション毎に使用するポートの開放や登録の設定が必要になりますが、それらを自動的に行わせることが可能になります。

対応製品: RTX1210 RTX1200 RTX810 RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

バックアップ技術この説明のURLを取得する

複数の回線を使用することで、メイン回線の障害時にも自動で迂回経路を確立するための技術です。

技術情報Open in new window「バックアップ機能」
設定例Open in new window「アドバンストネットワーク」

VRRPこの説明のURLを取得する
Virtual Router Redundancy Protocol

デフォルトゲートウェイ装置を多重化する仕組みです。メインのゲートウェイ装置に障害が発生しても自動的にバックアップのゲートウェイ装置に置き換わり通信を継続します。

技術情報Open in new window「VRRP」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 NVR700W RT250i RT107e FWX120 SRT100

フローティングスタティックこの説明のURLを取得する

動的経路情報と静的経路情報の優先度(preference)に差をつけることでバックアップを行う技術です。何らかの障害により動的経路情報の入手ができなくなった場合に静的経路情報を参照し、通信を迂回させます。

技術情報Open in new window「経路バックアップ機能」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 NVR700W RT250i RT107e FWX120 SRT100

ネットワークバックアップこの説明のURLを取得する

対向機器へ到達性をルーターが定期的にPingにて確認し、障害などで到達性が確認できない場合、予め設定された別経路に通信を迂回させる技術です。動的経路情報の交換が必要がなくなり、負荷の軽いバックアップ構成を提供できます。

技術情報Open in new window「ネットワークバックアップ機能」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 NVR700W RT250i RT107e FWX120 SRT100

  • 当機能を使うことで、スイッチングハブを持つLANインターフェース内の複数のポートを束ねて1つの論理ポートとして利用することが可能です。
    ただし、1つのポートを複数の論理ポートに従属させたり、LANインターフェースをまたがって束ねたりすることはできません。
  • 対応しているのは、スタティック(静的)設定のみです。
  • LAN 分割機能、ポート分離機能、ポートミラーリング機能との併用が可能です。
    ただし、LAN 分割機能またはポート分離機能と併用する場合は、分割または分離したポートと同一のセグメントに属するポートのみを集約させることができます。
  • 製品の仕様上、当機能を使っての回線の増速はできません。
    (例) 1 Gbit/sのポートを2つ束ねて 2 Gbit/sの通信を行うなどはできません。

技術情報Open in new window「スタティックリンクアグリゲーションの設定」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX1210

ルーティングプロトコル開く

RIP/RIP2この説明のURLを取得する

Routing Information Protocol/RIP Version 2

動的に経路情報をやり取りする仕組みです。最適な経路情報を選択する指標にホップ数(目的とするネットワークに到達するまでに経由するルーター数)を用います。
RIP2は、RIP機能を拡張した仕組みで、VLSMのサポートなどが行われています。

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810RT250i RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

OSPFこの説明のURLを取得する

Open Shortest Path First

動的に経路情報をやり取りする仕組みです。最適な経路情報を選択する指標にコスト値(目的とするネットワークに到達するまでのネットワーク帯域を数値化した値)を用います。

技術情報Open in new window「OSPF」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 NVR700W RT250i RT107e FWX120 SRT100

OSPFv3この説明のURLを取得する

OSPF version3

OSPFをIPv6に対応させた仕組みです。基本的な仕組みはOSPFと同じです。

技術情報Open in new window「OSPFv3外部仕様書」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W

BGP4この説明のURLを取得する

Border Gateway Protocol version 4

動的に経路情報をやり取りする仕組みです。主にプロバイダ間での経路情報のやり取りなど高い信頼性が求められる場合に用いられます。受信した経路情報において、どの経路を使用するかの判断にもきめ細かい制御が可能です。

技術情報Open in new window「BGP-4仕様」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 NVR700W RT250i RT107e FWX120 SRT100

RIPngこの説明のURLを取得する

RIP next generation

RIPをIPv6に対応させた仕組みです。基本的な仕組みはRIP2と同じです。

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

VPN開く

IPsecこの説明のURLを取得する

IP Security Architecture

IPパケットを暗号化する技術です。多くは、元のパケットをすべてを暗号化し、新たなIPヘッダーを付加することで、インターネットを介して安全な通信を行うことを実現する手法として利用されています。

技術情報Open in new window「IPsecの概要」
設定例Open in new window「VPN提案」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 NVR700W RT107e FWX120 SRT100

PPTPこの説明のURLを取得する

Point to Point Tunneling Protocol

マイクロソフト社によって提案された暗号化通信の仕組みです。

技術情報Open in new window「PPTPによるVPN機能」
設定例Open in new window「VPN提案」

対応製品: RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120

IPIPこの説明のURLを取得する

IPv4 over IPv4

IPパケットに対し、さらにIPヘッダーを付加する技術です。暗号化機能はありませんので閉域網サービスなど安全な通信が提供されている環境で利用します。ルーターにとって負荷の高い暗号化処理を必要としないため、高速な通信が可能になります。

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

L2TP/IPsec(スマートフォン連携)この説明のURLを取得する

L2TP/IPsecを利用してスマートフォン/タブレット端末から安全に社内ネットワークにアクセスすることができます。

L2TP/IPsecを利用して、リモートアクセスする

技術情報Open in new window「L2TP/IPsec」
設定例Open in new window「スマートフォン/タブレット端末との接続」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W NVR510 RT107e FWX120 SRT100

※L2TP/IPsecの接続条件については、機種ごとのファームウェア対応状況によって異なりますのでRTproの技術情報をご参照いただけますようお願いします。

セキュリティー開く

ファイアウォールこの説明のURLを取得する

インターネット接続用の機器など、不特定の通信先と接する場所に置かれ、外部からの不要な通信を遮断する装置の総称です。

技術情報Open in new window「ファイアウォール機能」

静的パケットフィルタリングこの説明のURLを取得する

ネットワーク機器を経由するパケットについて、IPアドレスやポート番号などで通信を特定し、予め決められた条件に従って通過や遮断を判断する仕組みです。

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

動的パケットフィルタリングこの説明のURLを取得する

ネットワーク機器を経由するパケットについて、LAN側の端末など既に信頼されている通信を判断し、必要に応じて、パケットフィルタの生成・消去を自動的に行う仕組みです。

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

IDSこの説明のURLを取得する
Intrusion Detection System(不正アクセス検知機能)

IP、ICMP、UDP、TCP、FTP、SMTP等を使用した不正パケットによる攻撃や侵入を検出し必要に応じて破棄する仕組みです。

技術情報Open in new window「不正アクセス検知機能(IDS) 」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

MACアドレスフィルタリングこの説明のURLを取得する

MACアドレスを指標として、パケットの通過や破棄を制御する仕組みです。

MACアドレスフィルタリング:説明図

設定例Open in new window「MACアドレスフィルタリング」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

DHCP端末認証この説明のURLを取得する

LAN上の端末において、通信を許可された端末と許可されていない端末をネットワーク上で区別し、許可の有無によってそれぞれの端末がアクセス可能なネットワークを制御するための仕組みです。
部外者が持ち込んだ許可のない端末のネットワークへの接続を防ぐことができるようになります。

DHCP端末認証機能:説明図

技術情報Open in new window「DHCP認証機能」
設定例Open in new window「DHCPサーバー機能アドレス管理強化」
設定例Open in new window「DHCPサーバー機能とMACアドレスフィルタの併用」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

QAC/TMこの説明のURLを取得する

Qualified Access Control with Trend Micro

トレンドマイクロ社の「ウイルスバスター コーポレートエディション」または「Trend Micro ビジネスセキュリティー」とSRT100を連携して動作させる仕組みです。
アンチウイルスソフトが適切に適用されていないクライアント端末については、インターネット接続を行わせないことができるようになります。

◎ウイルスバスター コーポレートエディション8.0、8.0(SP1)、10(SP1)に対応しています。
◎Trend Micro ビジネスセキュリティー5.0, 5.1, 6.0に対応しています。

URLフィルターこの説明のURLを取得する

Web接続を行う場合の制御で、内部データベース参照型と外部データベース参照型の仕組みがあります。
内部データベース参照型は URLの文字列を指標として、接続を許可してよいか、悪いかを判断する仕組みです。
外部データベース参照型は、別途申し込むサービス提供会社のデータベースを参照することで、URL文字列のみでなく接続ページの内容までを判定し、接続を許可してよいか、悪いかを判断する仕組みです。

外部データベース参照型URLフィルターを提供するサービス会社は以下のとおりです。(アイウエオ順)
  • ※外部データベース参照型URLフィルターをご利用いただくには、上記サービス事業者と別途契約が必要です。各サービス事業者ごとに利用できる機種が異なります。対応機種やサービスの詳細・契約に関しましては上記サービス事業者にお問い合わせください。
  • ※Trend Micro Web SecurityのURLフィルターサービスはWebレピュテーションとセットで提供されています。

技術情報Open in new window「外部データベース参照型URLフィルター」
技術情報Open in new window「内部データベース参照型URLフィルター」
設定例Open in new window「URLフィルター:社員/利用者の利用するWebサイトをフィルタリングしたい」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT107e NVR700W FWX120 SRT100
※RTX1210、RTX810、NVR700Wは内部DB参照型のみ

Winny検知機能この説明のURLを取得する

ファイル共有ソフトウェア「Winny」による通信を検出・遮断する機能です。

  • ◎「Winny Version2」に対応しています。
Winnyフィルタ機能:説明図
Winnyフィルタ利用時のログ例

[ 不正アクセス検知機能の履歴 ]

不正アクセス検知機能の履歴

[ ログの内容 ]

ログの内容

技術情報Open in new window「Winny検出・遮断機能(Winny フィルタ)について」
設定例Open in new window「Winnyフィルタ機能とDHCP端末認証機能」
設定例Open in new window「Winnyフィルタ機能:コマンド設定例」
設定例Open in new window「Winnyフィルタ機能:SRT100 GUI設定例」
設定例Open in new window「Winnyフィルタ機能:NVR500 GUI設定例」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

Share検知機能この説明のURLを取得する

ファイル共有ソフトウェア「Share」による通信を検出・遮断する機能です。

技術情報Open in new window「Shareフィルター機能 外部仕様書」
設定例Open in new window「Shareフィルタ機能:コマンド設定例」
設定例Open in new window「Shareフィルタ機能:SRT100 GUI設定例
設定例Open in new window「Shareフィルタ機能:NVR500 GUI設定例」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120 SRT100

QoS開く

優先制御この説明のURLを取得する

ルーターからの送信時に、優先度の高いパケットから送出する仕組みです。IPアドレスやポート番号によって流れているパケットを判断し、リアルタイム性が重視されるデータやロスを最小限に抑えたいデータを、その他のデータよりも優先して送ることができます。

技術情報Open in new window「優先制御」
設定例Open in new window「QoSの設定例:優先制御」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

帯域制御この説明のURLを取得する

ルーターからの送信時に、データの種類に応じて送出することのできるトラフィック量を制御する仕組みです。
IPアドレスやポート番号によって流れているパケットを判断し、それぞれの種類のトラフィックが設定値以内に収まるように制御します。
複数のサービスを使用している場合に、他のサービスに影響を与え難いネットワーク環境を提供します。

技術情報Open in new window「帯域制御」
設定例Open in new window「QoSの設定例:帯域制御」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i NVR700W FWX120 SRT100

階層型QoSこの説明のURLを取得する

優先制御や帯域制御を組み合わせて利用できる仕組みです。優先される通信の中でも特に優先したいとか、帯域を守りながらその中で優先したいなどといった場合に使用します。

Dynamic Traffic Controlこの説明のURLを取得する

帯域制御機能を拡張した仕組みです。回線が混んでいる状態では、指定された帯域を守った通信が行われ、回線が空いてきたら、指定された帯域を越えた通信を行います。
回線帯域を有効に利用することが可能になります。

図:優先制御と「DynamicTrafficControl」を併用したイメージ図
図:優先制御とDynamicTrafficControl併用による出力

技術情報Open in new window「Dynamic Traffic Control」
設定例Open in new window「QoSの設定例:Dynamic Traffic Control」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 NVR700W FWX120 SRT100

Dynamic Class Controlこの説明のURLを取得する

帯域制御機能を拡張した仕組みです。回線帯域を占有してしまう通信を検出した場合、その通信が使用できる帯域を動的に変化させることが可能になります。
ウィルスに感染して膨大なトラフィックを発生させている場合やファイル共有ソフトウェアなどを使用し回線を占有している場合に、動的に使用できる帯域を狭め、他の端末に与える影響を少なくすることが可能です。



関連情報

設定例Open in new window「Dynamic Class Controlの設定例」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W FWX120 SRT100

帯域検出この説明のURLを取得する

変動する帯域で、より確実なQoS制御が可能

インターネットを介して接続しているルーター同士が帯域検出用のパケットを送信、受信することで、その時々の実効帯域を測定する機能です。
測定された実効帯域とQoS機能を連動させることが可能ですので、実効帯域を指標とした効率の良い通信が可能になります。

これまでのQoS設定による問題点

センターと拠点間の送信帯域幅は勘で設定

QoS設定による問題点:説明図
常に一定の帯域幅で送信するため、回線や網内でパケット破損が発生。また未使用の帯域も発生し通信効率が悪い。
帯域検出機能によるQoS

センターとの拠点間の実効帯域を定期的に測定し、結果を送信帯域幅に反映する

帯域検出機能のメリット:説明図
常に実効帯域幅に合わせて送信するため、通信効率が良い。

技術情報Open in new window「帯域検出機能」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

負荷通知この説明のURLを取得する

通信のトラフィックが集中しても、より確実な受信が可能

多数の拠点を有するセンター拠点において、センター拠点ルーターの負荷が高まった場合に拠点ルーターに対しトラフィックを抑えるような制御パケットを送信し、その制御パケットを受け取った拠点ルーターは、センター拠点の負荷状況にあわせてパケット送信を抑える機能です。
負荷の集中するセンター拠点を安定稼動させることで、安定したサービスを提供する環境を提供します。

これまでのトラフィック集中による問題点

拠点からのトラフィックの合計がセンターの能力を上まわる

トラフィック集中による問題点:説明図
常に一定の帯域幅で送信するため、回線や網内でパケット破損が発生。また未使用の帯域も発生し通信効率が悪い。
負荷通知機能による適切なトラフィック制御

センターの能力に合わせて、拠点からのトラフィックを抑制

負荷通知機能によるメリット:説明図
常に拠点からのトラフィックが最適化され、通信効率が良い。

技術情報Open in new window「負荷通知機能」
設定例Open in new window「QoSの設定例:通信のトラフィック負荷を抑制して、通信品質を改善したい」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

設定手段開く

CUIこの説明のURLを取得する

Character-based User Interface

コンソール接続やTelnet/SSHなどでルーター設定画面に接続し、コマンドを直接入力する手法です。
コマンドの詳細はコマンドリファレンスをご参照ください。

技術情報Open in new window「RTシリーズのマニュアル配布」

Telnet/SSHこの説明のURLを取得する

TCP/IPプロトコルを使用し、ネットワーク上の端末を遠隔操作するための仕組みです。
遠隔操作を行う際のネットワーク上に流れるパケットについて、Telnetが暗号化されないのに対し、SSHは暗号化されます。

技術情報Open in new window「TELNET複数セッション機能、SSHサーバー機能 」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

Web GUIこの説明のURLを取得する

Web Graphical User Interface

端末のWebブラウザを使用して、ルーターのWeb設定画面に接続し、主にマウス操作で設定を行う手法です。

簡単設定ページ キャプチャ

対応製品: RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120

カスタムGUIこの説明のURLを取得する

ユーザ独自のHTMLファイルを用意することで、ユーザによって異なるGUI画面を表示する機能です。設定したい項目のみを1つのページにまとめて設定を簡単にしたり、標準のGUI設定ではサポートされていない機能についてのGUI設定が可能になります。

技術情報Open in new window「カスタムGUI」

対応製品: RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120

リモートセットアップこの説明のURLを取得する

リモート拠点に接続し、設定変更や状態確認を行える仕組みです。

ISDN回線この説明のURLを取得する

ヤマハルーターがISDN回線に接続されている場合、ローカル側のヤマハルーターよりリモート拠点の電話番号宛にダイヤルすることでリモート拠点のルーターの設定画面に接続することができます。
工場出荷状態でもISDN回線に接続すれば、リモート拠点のルーターに接続できますので設定追加や変更などの作業をローカル拠点から行うことができます。

技術情報Open in new window「2.1.4 リモートセットアップ」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RT250i NVR500 RT58i

FOMA回線この説明のURLを取得する

USBポートにFOMA端末をUSBケーブルで接続して、ローカル側のルーターから、ISDN回線を使用して、FOMA端末の電話番号宛にダイヤルすることで64kデータ通信を使用してリモートセットアップを行うことができます。

技術情報Open in new window「FOMAリモートセットアップ機能」

対応製品: RTX1200 RTX810 NVR500 FWX120 SRT100

管理・運用開く

コンフィグ多重この説明のURLを取得する

ルーター内部に複数のコンフィグを保存する機能です。コマンドで指定したり、起動時に選択することで、使用するコンフィグを決定します。
複数のコンフィグを保存できることで、テスト用のコンフィグや、運用中のコンフィグなどを簡単に切替えて動作させることが可能です。

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT250i RT107e NVR700W NVR510 FWX120 SRT100

ファームウェア多重この説明のURLを取得する

ルーター内部に複数のファームウェアを保存する機能です。コマンドで指定したり、起動時に選択することで、使用するファームウェアを決定します。
複数のファームウェアを保存できることで、テスト用のリビジョンや、運用中のリビジョンなどを簡単に切替えて動作させることが可能です。

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RT250i NVR700W

外部メモリ対応この説明のURLを取得する

外部メモリ対応(microSD/USBメモリ/USBハードディスク)

USBメモリやmicroSDなどの外部メモリを使用した保守・サポート業務を支援する機能です。

  • ログ、ファームウェア、コンフィグ、Luaスクリプトの保存、コピー
  • 外部メモリに保存したファームウェア、コンフィグからの起動

などの機能があります。

技術情報Open in new window「外部メモリの利用」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

パワーオフログ保存機能この説明のURLを取得する

電源スイッチで電源が切られた場合に、メモリ中の動作ログを本体内の不揮発性メモリに保存してから待機状態に移行することで、再起動後でも電源切断前の動作ログを確認することができる機能です。
動作不安定時に再起動により速やかな復旧を計ると共に、動作ログが保存されることで動作不安定状態が発生した原因究明も可能になります。

パワーオフログ保存機能説明図

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120

統計機能この説明のURLを取得する

CPU使用率やメモリ使用率などの内部リソース情報、トラフィック情報などを保存・参照する機能です。
各種状態を「統計情報」として記録できますので、利用状況や傾向分析に利用できます。

※ご利用のPCの性能や利用環境によっては、PCの負荷が高まったり、統計情報の表示速度などが遅くなる場合があります。

■リソース統計

CPU使用率、メモリー使用率、FLOW数、NATエントリー数を記録・集計し、出力することが可能。

※CPU使用率を表したものです。

■トラフィック統計

インターフェース毎にトラフィック状態を集計。利用状況の把握が可能。

※LAN1のインターフェースのトラフィック状態を表したものです。

対応製品: RTX1200 FWX120 SRT100

DOWNLOADボタンこの説明のURLを取得する

「DOWNLOADボタン」でファームウェア更新も簡単に

ルーター本体に備えられた、ファームウェアのリビジョンアップを実行するためのボタンです。
DOWNLOADボタンを押すだけで、簡単に最新のファームウェアをご利用いただくことができるようになります。

DOWNLOADボタンの利用イメージ

対応製品: RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

ネットボランチDNSこの説明のURLを取得する

ネットボランチDNSサービスとは、ヤマハが提供するDDNS(Dynamic Domain Name System)サービスです。

ネットボランチDNSサーバーに、ホスト名とグローバルIPアドレスを登録することにより、プロバイダから動的に割り当てられるグローバルIPアドレスの環境であっても、常に同じホスト名で、IPアドレスの名前解決ができます。

ネットボランチDNSサービスでは、VPN接続などで利用する「ホストアドレス」と、インターネット電話で利用する「ネットボランチ電話番号」の2種類を取得できます。

ネットボランチDNSサービスは、本サービスに対応したルーターにて、無料(※)、無保証の条件でご利用いただけます。
ただし、予告なくサービスを停止する場合がありますのでご注意ください。ご利用にあたっては、必ずホームページ上の Open in new windowご利用条件をご確認ください。

(※)プロバイダとの契約内容によっては、別途 通信料が発生する場合があります。

技術情報Open in new window「RTシリーズのFAQ」
設定例Open in new window「ネットボランチDNS」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT107e NVR700W NVR510 NVR500 RT58i FWX120 SRT100

スケジューリング機能この説明のURLを取得する

任意のコマンドを指定された時刻に入力し、設定を変更したり特定の動作を実行させたりする機能です。時間に応じてフィルタリング設定を変更したり、NTPサーバと時刻同期させたりすることができます。

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX1100 RTX810 RT107e NVR700W NVR510 FWX120 FWX120 SRT100

拡張機能開く

ファイル共有/同期この説明のURLを取得する

外部メモリ(microSD/USBメモリ/USBハードディスク)をルーターに接続して、ファイルサーバーとして利用する機能です。
複数のルーター間で、それぞれのルーターに接続された外部メモリの内容を同期(ミラーリング)することもでき、拠点間でのファイル共有やバックアップの仕組みを提供します。

ファイル共有/カスタム機能 説明図
ファイル共有機能のシステム要件
クライアントPCの対応OS Microsoft Windows XP (※1)
Microsoft Windows Vista
Microsoft Windows 7
対応プロトコル NetBIOS
SMB1.0/SMB2.0
NBT(NetBIOS over TCP/IP)/CIFS(Direct Hosting SMB Service)

(※1)2014年4月のマイクロソフト社のWindows XPサポート終了をもって、本機能のサポートを終了させていただきました。

Luaスクリプトこの説明のURLを取得する

ルーター内部でLuaスクリプトを動作させる機能です。ユーザ毎の使用環境に適合した動作条件をLuaスクリプトで記述することで、ルーター本体やネットワークの稼動状態の監視、異常発生時には管理者へのメール送信、状況にあわせたルーターの設定変更を自動で行うことができるようになります。

 

技術情報Open in new window「Lua スクリプト機能」
設定例Open in new window「Luaスクリプト機能」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120 SRT100

USBデータ通信端末この説明のURLを取得する

USBポートにUSBデータ通信端末を接続してデータ通信を行う機能です。有線回線未提供エリアや、工事現場や臨時店舗などにも回線設置工事無しで、ブロードバンドネットワークを構築することができるようになります。

※対応携帯端末一覧は下記技術情報内に掲載しています。

技術情報Open in new window「モバイルインターネット接続機能」
設定例Open in new window「モバイルインターネット機能を利用する」

対応製品: RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120 SRT100

データコネクトこの説明のURLを取得する

NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光ネクストで「ひかり電話」を利用している環境で使用できるサービスです。
※付加サービスであるナンバー・ディスプレイの契約が必要です。

データコネクトを利用したIPsecまたはIPUDPによるトンネル設定を利用した拠点間接続

データコネクトを利用したIPsecまたはIPUDPによるトンネル設定を利用した拠点間接続

データコネクトを利用したリモートセットアップ

技術情報Open in new window「データコネクトリモートセットアップ」
技術情報Open in new window「データコネクト拠点間接続」
設定例Open in new window「ソリューション」Open in new window「IPv6」Open in new window「データコネクト」

対応製品: RTX5000 RTX3500 RTX3000 RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120

※「データコネクト」の詳細についてはNTT東日本/NTT西日本のホームページをご覧ください。

スイッチ制御この説明のURLを取得する

対応ルーター/ファイアウォールからの集中管理を可能にするルーター/ファイアウォール連携機能

ヤマハルーター/ファイアウォールのGUIやコマンドでSWX2200を設定・管理する機能で、各ポートの状態確認やVLANなどの設定ができます。さらにルーター/ファイアウォールのSNMP機能やLuaスクリプト機能を利用したSWX2200の監視や動的制御も可能です。

技術情報Open in new window「スイッチ制御機能」
技術情報Open in new window「ルーター経由のSNMPでスイッチの状態を取得する方法」

対応製品: RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120

電話開く

VoIPこの説明のURLを取得する

Voice over Internet Protocol

IPネットワークを使用して、音声データをやり取りする仕組みです。

設定例Open in new window「VoIP(IP電話)提案」

対応製品: NVR700W NVR510 NVR500 RT58i

ひかり電話(フレッツ光ネクスト)この説明のURLを取得する

NTT東日本・NTT西日本が提供しているVoIPサービスの名称です。
NVR500はフレッツ光ネクスト回線を使用した「ひかり電話」サービスに対応しています。

フレッツ光ネクスト接続イメージ

技術情報Open in new window「NGN網接続機能」
設定例Open in new window「拠点間接続+ISP+ひかり電話」

対応製品: NVR700W NVR510 NVR500

無線WAN開く

内蔵無線(LTE/3G)この説明のURLを取得する

内蔵の無線モジュールを使用して、LTE/3Gデータ通信を行う機能です。別途USB接続型データ通信端末を用意することなく、SIMカードを挿入するだけでLTE/3Gデータ通信を行うことができます。
内蔵の無線モジュールは、無線部の排熱を工夫することにより、高信頼性を確保しています。

内蔵無線

技術情報Open in new window「内蔵無線WAN機能」

対応製品: NVR700W

無線LAN開く

IEEE 802.11bこの説明のURLを取得する

1999年に策定された、2.4GHz帯を使用して最大11Mbpsのデータレートを実現した無線LAN規格です。
当時としては、有線LANも10Mbpsがまだまだ主流だったこともあり、十分な速度でした。オリジナルのIEEE 802.11が採用した変調方式であるDSSSをベースにしたCCKと呼ばれる方式で高速化を実現しています。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

IEEE 802.11aこの説明のURLを取得する

1999年に策定された、5GHz帯を使用して最大54Mbpsのデータレートを実現した無線LAN規格です。OFDMと呼ばれる変調方式を採用しています。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

IEEE 802.11gこの説明のURLを取得する

2001年に策定された、2.4GHzを使用して最大54Mbpsのデータレートを実現した無線LAN規格です。
変調方式はIEEE 802.11aで採用されたOFDM方式を用いますが、それまでに広く普及した、IEEE 802.11bの上位互換性を保つため、DSSS/CCK方式も使用されます。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

IEEE 802.11nこの説明のURLを取得する

2009年に策定された、最大600Mbpsのデータレートを実現した無線LAN規格です。
これまでの規格と異なり、2.4GHz帯/5GHz帯のいずれかの周波数帯で使用することができます。
(IEEE 802.11n対応機器が、すべて2.4GHz帯と5GHz帯の両方の周波数帯に対応しているわけではないことに注意が必要)
変調方式はOFDMですが、MIMOやチャンネルボンディングなどといった技術を用いることで高速化を実現しています。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

IEEE 802.11acこの説明のURLを取得する

2014年に策定された、5GHz帯を使用して最大6.93Gbpsのデータレートを実現した無線LAN規格です。変調方式はOFDMですが、変調方式の効率化や利用帯域を拡大したチャンネルボンディングなどの技術を用いることでIEEE 802.11n以上の高速化を実現しています。

対応製品: WLX402 WLX202

マルチSSIDこの説明のURLを取得する

一つのアクセスポイントに、複数のSSID(アクセスポイントの識別子)でアクセスできる機能です。
SSIDごとに異なる認証方式を使用したり、異なるVLAN IDを設定することができます。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

無線セキュリティー機能開く

CCMPこの説明のURLを取得する

Counter Mode CBC MAC Protocolの略です。128bit AESを利用した、無線用の暗号化方式です。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

AESこの説明のURLを取得する

Advanced Encryption Standard の略です。NIST(米国立標準技術研究所)も採用している暗号化方式で、現在、最もセキュリティー強度が高いといわれています。AESは無線LANだけでなく、IPsecの暗号化方式としても広く使用されています。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

TKIPこの説明のURLを取得する

Temporal Key Integrity Protocol の略です。一定パケット量や一定時間ごとに暗号鍵を自動的に変更して暗号化を行うようにすることでセキュリティー強度を向上しています。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

WEP(64bit/128bit)この説明のURLを取得する

Wired Equivalent Privacy の略です。64bit/128bit長の暗号鍵を使用した暗号化方式です。同じ暗号鍵を利用して暗号化を行うためセキュリティー強度は低いです。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

PSKこの説明のURLを取得する

Pre-Shared Key の略で、事前共有鍵と訳されています。
WPA/WPA2パーソナルでは、このPSKによる暗号化方式を使用しています。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

WPA/WPA2パーソナルこの説明のURLを取得する

WiFi Protected Access / WiFi Protected Access 2 Personal の略です。
認証サーバーを使用せずPSK(事前共有鍵)により端末の接続認証を行う認証方式です。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

WPA/WPA2エンタープライズこの説明のURLを取得する

RADIUSサーバーなどのIEEE 802.1x認証サーバーを使用して接続認証を行う認証方式です。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

MACアドレス認証この説明のURLを取得する

無線端末のMACアドレスにより、接続の許可もしくは拒否をすることができます。

対応製品: WLX402 WLX302 WLX202

ページトップへ戻る