IPマルチキャストコマンドリファレンス

はじめに

IPマルチキャスト機能を利用するための各種コマンドを紹介します。

IGMPに関するコマンド

IGMPの設定用コマンドについて説明します。

インターフェースごとのIGMPの設定をする。

[書式]

ip INTERFACE igmp TYPE [OPTION ...]

[設定値]

(TYPE ... IGMPの動作方式)

  • off ... IGMPは動作しない。
  • router ... IGMPルーターとして動作する。
  • host ... IGMPホストとして動作する。

(OPTION ... オプション)

  • version=VERSION ... IGMPのバージョン
    • 2 ... IGMPv2
    • 3 ... IGMPv3
    • 2,3 ... IGMPv2とIGMPv3の両方に対応する。(IGMPv2互換モード)
  • syslog=SW ... 詳細な情報をsyslogに出力するか否か。
    • on ... 表示する
    • off ... 表示しない
  • robust-variable=VALUE (1 .. 10) ... IGMPで規定されるRobust Variableの値を設定する。

[説明]

インターフェースのIGMPの動作を設定する。

[初期値]

TYPE: off
OPTION: debug=off, version=2,3, robust-variable=2

IGMPの静的な設定を登録する。

[書式]

ip INTERFACE igmp static GROUP [ FILTER_MODE SOURCE ... ]
no ip INTERFACE igmp static GROUP [ FILTER_MODE SOURCE ... ]

[設定値]

GROUP ... グループのマルチキャストアドレス
FILTER_MODE ... フィルターモード

  • include ... IGMPの"INCLUDE"モード
  • exclude ... IGMPの"EXCLUDE"モード

SOURCE ... マルチキャストパケットの送信元のアドレス

[説明]

指定したグループについて、常にリスナーが存在するものとみなす。このコマンドは、IGMPをサポートしていないリスナーがいる場合に設定する。 FILTER_MODEとSOURCEは、マルチキャストパケットの送信元を限定するものである。FILTER_MODEとしてincludeを指定したときには、SOURCEとして受信したい送信元を列挙する。FILTER_MODEとしてexcludeを指定したときには、SOURCEとして受信したくない送信元を列挙する。

[初期値]

何も設定されない。

MLDに関するコマンド

MLDの設定用コマンドについて説明します。

インターフェースごとのMLDの設定をする。

[書式]

ipv6 INTERFACE mld TYPE [OPTION ...]

[設定値]

(TYPE ... MLDの動作方式)

  • off ... MLDは動作しない。
  • router ... MLDルーターとして動作する。
  • host ... MLDホストとして動作する。

(OPTION ... オプション)

  • version=VERSION ... MLDのバージョン
    • 1 ... MLDv1
    • 2 ... MLDv2
    • 1,2 ... MLDv1とMLDv2の両方に対応する。(MLDv1互換モード)
  • syslog=SW ... 詳細な情報をsyslogに出力するか否か。
    • on ... 表示する
    • off ... 表示しない
  • robust-variable=VALUE (1 .. 10) ... IGMPで規定されるRobust Variableの値を設定する。

[説明]

インターフェースのMLDの動作を設定する。

[初期値]

TYPE: off
OPTION: debug=off, version=1,2, robust-variable=2

MLDの静的な設定を登録する。

[書式]

ipv6 INTERFACE MLD static GROUP [ FILTER_MODE SOURCE ... ]
no ipv6 INTERFACE MLD static GROUP [ FILTER_MODE SOURCE ... ]

[設定値]

GROUP ... グループのマルチキャストアドレス
FILTER_MODE ... フィルターモード

  • include ... IGMPの"INCLUDE"モード
  • exclude ... IGMPの"EXCLUDE"モード

SOURCE ... マルチキャストパケットの送信元のアドレス

[説明]

指定したグループについて、常にリスナーが存在するものとみなす。このコマンドは、IGMPをサポートしていないリスナーがいる場合に設定する。 FILTER_MODEとSOURCEは、マルチキャストパケットの送信元を限定するものである。FILTER_MODEとしてincludeを指定したときには、SOURCEとして受信したい送信元を列挙する。FILTER_MODEとしてexcludeを指定したときには、SOURCEとして受信したくない送信元を列挙する。

[初期値]

何も設定されない。

PIS-SMに関するコマンド

PIM-SMの設定用コマンドについて説明します。

インターフェースごとのPIM-SMの設定をする。

[書式]

ip INTERFACE pim sparse SW [ OPTION ... ]
no ip INTERFACE pim sparse [ SW [ OPTION ... ]]

[設定値]

(SW ... PIM-SMが動作するか否か)

  • off ... 動作しない
  • on ... 動作する

(OPTION ... オプション)

  • dr-priority=PRIORITY ... DR priority
    • off ... DR priorityを送信しない
    • 1 ... 255
  • hold-time=VALUE ... Hold Timeの値
    • 20 .. 600
  • register-checksum ... registerのチェックサムをどの範囲で計算するか
    • all ... カプセル化するマルチキャストパケットを含むすべて
    • header ... PIMのヘッダーの8byteのみ

[説明]

インターフェースのPIM-SMの動作を設定する。

[初期値]

SW: off
OPTION: dr-priority=1, register-checksum=header, holdtime=60

静的にグループとRPの関係を定義する。

[書式]

ip pim sparse rendezvous-point static IP_ADDRESS [ GROUP_RANGE ... ]
no ip pim sparse rendezvous-point static IP_ADDRESS [ GROUP_RANGE ...]

[設定値]

IP_ADDRESS ... RPのIPアドレス
GROUP_RANGE ... グループの範囲

  • IPアドレス ... 1つのグループ
  • IPアドレス-IPアドレス ... グループの範囲

[説明]

RPのグループの対応を静的に定義する。

[初期値]

設定されない

PIM-SMに関する詳細なログ出力を設定する。

[書式]

ip pim sparse log [OPTION ..]
no ip pim sparse log

[設定値]

OPTION ... 出力する詳細なログの種類を指定する。

  • message-info ... PIMのメッセージの送受信に関するログ
  • timer-info ... 内部で動作する各種タイマーに関するログ
  • state-info ... 各種状態の変化についてのログ
  • data-info ... DATAパケットの送受信に関するログ

[説明]

PIM-SMに関しての詳細なログの出力を設定する。OPTIONは複数選択が可能で、この場合スペースで区切って羅列する。このコマンドを設定することによって出力されるログは、細かなデバッグを目的とした詳細なものである。なお、このコマンドの設定が無い場合でも、基本情報の出力は行われ、以下のルールに従っている。

  • syslog info onが設定されている(default設定) ...PIM-SMが動作していることを確認できる最低レベルのログを出力する。
  • syslog debug onが設定されている ... 動作詳細のログを出力する。

[初期値]

設定されない

registerのchecksum計算方法を設定する。

[書式]

ip pim sparse register-checksum SIZE
no ip pim sparse register-checksum

[設定値]

SIZE ... registerパケットのchecksum計算範囲

  • header ... PIMヘッダーの先頭8バイト
  • all ... registerパケットにカプセル化するIPパケットを含むすべて

[説明]

registerパケットのchecksum計算範囲を指定する。RPとして接続するルーターによって、registerパケットのchecksum計算範囲が異なる場合がある。RPの設定にあわせて指定する。

[初期値]

SIZE=8

ページトップへ戻るReturn to Top