IPマルチキャスト設定例

マルチキャストとは?

1つのIPパケットを複製して特定の複数の相手に送信する技術を用いることで、音声・映像などの UDPストリームを多数の端末に配信します。データを配信する相手が複数であっても、送信元は1つのパケットを送信するだけで済むため、トラフィックの負荷を軽減できます。なおマルチキャストを実現するためには、マルチキャストに対応した特別なネットワークが必要とされます。

設定例

IGMPとPIM-SMを利用してマルチキャストネットワークに参加する。

制限事項についてはこちら

概要

PIM-SMに対応したマルチキャストネットワークに接続し、映像配信などのサービスを利用する際の設定例。ここでは、自分のネットワークにリスナー側となっていることを前提とする。

対応機種

RTX3000, RTX1500

[構成図]

構成図

RPは網内に存在し、そのアドレスは133.176.200.1であるものとする。

Point1:IPマルチキャスト機能を搭載

RTX3000,RTX1500は、IPv4マルチキャスト機能としてIGMP(IGMPv2、IGMPv3、IGMPプロキシ)とPIM-SMに対応し、ネットワークへの負荷を抑えた映像配信などが利用可能になりました。また、データの送信元を限定してPIM-SMの動作を単純化したPIM-SSMにも対応しています。

Point2:閉域網サービス内のマルチキャストサービスに対応

RTX3000,RTX1500のIPv4マルチキャスト機能は、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供する閉域網サービス「Arcstar IP-VPN『マルチキャストVPNサービス』」において、CEルーターとして動作することを確認しております。

[設定例]

ゲートウェイ
の設定

ip route default gateway 10.0.0.254

LAN1の
インタフェース
の設定

ip lan1 address 192.168.100.1/24
ip lan1 igmp router
ip lan1 pim sparse on <--lan1インタフェースでPIMを動作させる

LAN2の
インタフェース
の設定

ip lan2 address 10.0.0.1/24
ip lan2 pim sparse on <-- lan2インタフェースでPIMを動作させる

Multicast
(PIM-SM)
の設定

ip pim sparse rendezvous-point static 239.10.10.10 133.176.200.1
<-- ランデブーポイントは網内に用意されており、そのアドレスは133.176.200.1であるものとする。

VRRPとPIM-SMを連携させる。

制限事項についてはこちら

対応機種

RTX3000, RTX1500

[構成図]

構成図

[設定例]
VRRPで2重化した場合の設定

RTX1500 (1)の設定

LANの
インタフェース
の設定

ip lan1 address 10.10.12.2/24
ip lan1 vrrp 1 10.10.12.254 priority=200
ip lan1 vrrp shutdown trigger 1 lan2 <-- VRRPの設定
ip lan1 pim sparse on vrrp=1 <-- lan1インタフェースでPIMを動作させ、VRRPの1番を連携させる

WANの
インタフェース
の設定

ip lan2 address 10.20.11.1/30
ip lan2 pim sparse on <-- lan2インタフェースでPIMを動作させる

BGPの設定

bgp use on
bgp autonomous-system 65000
bgp neighbor 1 9598 10.20.11.2 hold-time=45 metric=50
bgp import filter 1 include all
bgp import 9001 static filter 1
bgp import 9001 aggregate filter 1
bgp export filter 1 include all
bgp export 9001 filter 1
bgp aggregate filter 1 static include 10.10.12.0/24
bgp aggregate 10.10.12.0/24 filter 1

Multicast
(PIM-SM)
の設定

ip pim sparse rendezvous-point static 239.1.1.0/24 10.254.254.241 <-- ランデブーポイントは網内に用意されており、そのアドレスは10.254.254.241であるものとする。
ip pim sparse register-checksum all <-- register-checksumの計算範囲は、ランデブーポイントの仕様にあわせて設定する。

RTX1500 (2)の設定

LANの
インタフェース
の設定

ip lan1 address 10.10.12.1/24
ip lan1 vrrp 1 10.10.12.254
ip lan1 pim sparse on vrrp=1 <-- lan1インタフェースでPIMを動作させ、VRRPの1番を連携させる

WANの
インタフェース
の設定

ip lan2 address 10.20.11.5/30
ip lan2 pim sparse on <-- lan2インタフェースでPIMを動作させる

BGPの設定

bgp use on
bgp autonomous-system 65000
bgp neighbor 1 9598 10.20.11.6 hold-time=45 metric=100
bgp import filter 1 include all
bgp import 9001 static filter 1
bgp import 9001 aggregate filter 1
bgp export filter 1 include all
bgp export 9001 filter 1
bgp aggregate filter 1 static include 10.10.12.0/24
bgp aggregate 10.10.12.0/24 filter 1

Multicast
(PIM-SM)
の設定

ip pim sparse rendezvous-point static 239.1.1.0/24 10.254.254.241 <-- ランデブーポイントは網内に用意されており、そのアドレスは10.254.254.241であるものとする。
ip pim sparse register-checksum all <-- register-checksumの計算範囲は、ランデブーポイントの仕様にあわせて設定する。

RTX1500 (3)の設定

ゲートウェイ
の設定

ip route 10.10.11.0/25 gateway 10.10.11.200

LANの
インタフェース
の設定

ip lan1 address 10.10.11.202/25
ip lan1 vrrp 1 10.10.11.254 priority=200
ip lan1 vrrp shutdown trigger 1 lan2 <-- VRRPの設定
ip lan1 pim sparse on vrrp=1 <-- lan1インタフェースでPIMを動作させ、VRRPの1番を連携させる

WANの
インタフェース
の設定

ip lan2 address 10.20.10.1/30
ip lan2 pim sparse on <-- lan2インタフェースでPIMを動作させる

BGPの設定

bgp use on
bgp autonomous-system 65000
bgp neighbor 1 9002 10.20.10.2 metric =50
bgp import filter 1 include all
bgp import 9002 static filter 1
bgp import 9002 aggregate filter 1
bgp export filter 1 include all
bgp export 9002 filter 1
bgp aggregate filter 1 static include 10.10.11.0/24
bgp aggregate 10.10.11.0/24 filter 1

Multicast
(PIM-SM)
の設定

ip pim sparse rendezvous-point static 239.1.1.0/24 10.254.254.241 <-- ランデブーポイントは網内に用意されており、そのアドレスは10.254.254.241であるものとする。
ip pim sparse register-checksum all <-- register-checksumの計算範囲は、ランデブーポイントの仕様にあわせて設定する。

RTX1500 (4)の設定

ゲートウェイ
の設定

ip route 10.10.11.0/25 gateway 10.10.11.200

LANの
インタフェース
の設定

ip lan1 address 10.10.11.201/25
ip lan1 vrrp 1 10.10.11.254 <-- VRRPの設定
ip lan1 pim sparse on vrrp=1 <-- lan1インタフェースでPIMを動作させ、VRRPの1番を連携させる

WANの
インタフェース
の設定

ip lan2 address 10.20.10.5/30
ip lan2 pim sparse on <-- lan2インタフェースでPIMを動作させる

BGPの設定

bgp use on
bgp autonomous-system 65000
bgp neighbor 1 9002 10.20.10.6 metric=100
bgp import filter 1 include all
bgp import 9002 static filter 1
bgp import 9002 aggregate filter 1
bgp export filter 1 include all
bgp export 9002 filter 1
bgp aggregate filter 1 static include 10.10.11.0/24
bgp aggregate 10.10.11.0/24 filter 1

Multicast
(PIM-SM)
の設定

ip pim sparse rendezvous-point static 239.1.1.0/24 10.254.254.241 <-- ランデブーポイントは網内に用意されており、そのアドレスは10.254.254.241であるものとする。
ip pim sparse register-checksum all
<-- register-checksumの計算範囲は、ランデブーポイントの仕様にあわせて設定する。

RTX1500 (5)の設定

ゲートウェイ
の設定

ip route default gateway 10.10.11.254

LANの
インタフェース
の設定

ip lan1 address 10.10.11.1/25
ip lan1 igmp router
ip lan1 pim sparse on <--lan1インタフェースでPIMを動作させ、VRRPの1番を連携させる

WANの
インタフェース
の設定

ip lan2 address 10.10.11.200/25
ip lan2 pim sparse on <-- lan2インタフェースでPIMを動作させる

Multicast
(PIM-SM)
の設定

ip pim sparse rendezvous-point static 239.1.1.0/24 10.254.254.241 <-- ランデブーポイントは網内に用意されており、そのアドレスは10.254.254.241であるものとする。
ip pim sparse register-checksum all <-- register-checksumの計算範囲は、ランデブーポイントの仕様にあわせて設定する。

MLDプロキシを使ってマルチキャストネットワークに参加する。

概要

IPv6マルチキャストによる映像配信サービスを利用する際の設定例です。

制限事項についてはこちら

対応機種

RTX5000, RTX3500, RTX3000, RTX1210, RTX1200, RTX810, RT107e, NVR700W, NVR510, NVR500, FWX120, RTX1100, RTX1000, RT58i, RT57i

[構成図]

構成図

[設定例]

IPv6
の設定

ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 prefix ra-prefix@lan2::/64
ipv6 lan1 rtadv send 1
ipv6 lan1 mld router
ipv6 lan2 mld host

【ご注意】

本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。

ページトップへ戻るReturn to Top