コマンド設定

コマンド設定

ルーターのコンソールからコマンドを実行して、スイッチの状態を監視および制御します。
スイッチをMACアドレスで特定しないで、ポートで指定する場合のConfigなども紹介しています。

マルチプルVLANを設定する

SWX2200のマルチプルVLAN機能を使用する設定例です。1台のSWX2200において、ポートをグループに分けて、グループ間の通信を禁止します。

使用機種: RTX1210 NVR700W NVR510 SWX2200 SWX2200-8PoE

タグVLANを設定する

SWX2200のタグVLAN機能を使用する設定例です。SWX2200のポートをグループ分けし、グループ毎に異なるネットワークアドレスを付加します。

使用機種: RTX1210 NVR700W NVR510 SWX2200 SWX2200-8PoE

ホストを検索する

RTX1200を使用して、スイッチの配下にあるホストを検索する設定例です。

使用機種: RTX1210 NVR700W NVR510 SWX2200 SWX2200-8PoE SWX2100

ループ検出機能を設定する

ループ検出機能では、誤ってループ状態が構成されブロードキャスト/マルチキャスト・ストームが発生した場合に自動的にループが発生したポートを一定時間シャットダウンすることができます。

使用機種: RTX1210 NVR700W NVR510 SWX2200 SWX2200-8PoE

ポートミラーリング機能を設定する

SWX2200のポートミラーリング機能を使用する設定例です。SWX2200の任意のポートのトラフィックを、指定したポートにコピーすることができます。

使用機種: RTX1210 NVR700W NVR510 SWX2200 SWX2200-8PoE

SNMP機能を設定する

ヤマハルーターのSNMP機能を使用して、管理下にあるSWX2200のポートの状態を監視したり、ループなどの異常状態をトラップ通知することができます。

使用機種: RTX1210 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120 SWX2200 SWX2200-8PoE

QoSを設定する

QoS機能では、SWX2200の各ポートについて送信帯域や受信帯域を設定できます。 また、ポート毎に、ポートを経由するパケットにDSCP値を付加することで優先度を指定することもできます。

使用機種: RTX1210 SWX2200 SWX2200-8PoE

統計情報の設定

RTX1200を使用して、SWX2200の統計情報を設定する設定例です。

使用機種: RTX1210 NVR700W NVR510 SWX2200 SWX2200-8PoE

省電力機能を設定する

SWX2200には待機時の消費電力をカットする消費電力機能が搭載されています。動作モードをエコノミーモードに切り替えることで、電力を節約することができます。

使用機種: RTX1210 NVR700W NVR510 SWX2200 SWX2200-8PoE

LANケーブル二重化機能を設定する

ルーターとSWX2200の間や、SWX2200同士の間でLANケーブルを二重化し、ネットワークの信頼性を向上させる機能です。二重化することで、主ケーブルの断線や抜けによって接続が切れてしまったときに、自動的にバックアップケーブルがリンクアップして、ネットワークを継続して利用することができます。

使用機種: RTX1210 NVR700W NVR510 SWX2200 SWX2200-8PoE

ページトップへ戻るReturn to Top