無線LANに接続できない

インデックス

症状:無線LANに接続できない

本内容は、WLX302 無線設定ガイド(PDF)Windows7 無線LAN設定例(WPA/WPA2パーソナル)Windows7 無線LAN設定例(WPA/WPA2エンタープライズ)で無線LAN設定を行っても、うまく接続できない時の対処方法を提供します。
下記フローチャートで、どこが問題なのかを把握し、該当箇所の説明をお読み頂くことで、問題解決への近道となります。
ご使用の端末の設定方法については、取扱説明書などを確認してください。

切り分け手順:無線LANの設定を確認し、問題の切り分け作業を行います。

※接続できない端末をWLX302の近くに持っていって確認してください。

1-1

端末の無線LAN機能は「有効」に設定されていますか?

YES/NO
  1. 端末の無線LAN機能が無効であると無線LANを使用できません。機能を有効にする必要があります。こちらをご覧ください。

1-2

端末で周辺のSSIDを確認したとき、接続したいWLX302のSSIDが一覧に表示されていますか?

Windows7 では、下記の画面でSSIDの一覧を確認できます。
Windows7 タスクバー通知領域の図 説明画像をクリック
図 説明画像

WLX302で設定されているSSIDは、下記の画面で確認できます。
WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > SSID管理
図 説明画像

YES/NO
  1. 1-7 にお進みください。

1-3

認証方式についての確認を行います。以下に示す項目を確認し、すべて問題がなければ 1-4 に進んでください。

1.設定内容の確認
    ◇認証方式にWPA/WPA2パーソナルを使用している場合
       事前共有鍵が正しいものか確認します。確認方法はこちらです。

    ◇認証方式にWPA/WPA2エンタープライズを使用している場合
       ユーザー名とパスワード、認証サーバーの設定が正しいものか確認します。確認方法はこちらです。

2.WLX302の認証方式が端末に対応した認証方式であるかの確認
     確認方法はこちらです。

YES/NO

1-4

MACアドレスフィルタリングによって端末の接続が制限されていないか確認してください。
制限している場合のよくある間違いに以下のものがあります。

1.MACアドレスフィルタリングの許可設定が間違っている
      例:「リストに登録しているMACアドレスの接続を許可する」を選択すべきところを
          「リストに登録しているMACアドレスの接続を拒否する」を選択している
2.登録しているMACアドレスが間違っている

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > SSID 管理 > 接続するSSIDの「編集」
図 説明画像

YES/NO
  1. MACアドレスフィルタリングが設定されている場合に、ご使用の端末の接続が許可されていないと接続できません。設定の変更方法についてはこちらをご覧ください。

1-5

接続を試みているWLX302と同名のSSIDを使用しているアクセスポイントが周辺で稼動していないか確認してください。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 見える化ツール
図 説明画像

YES/NO
  1. 同名のSSIDで無線セキュリティ設定等が異なる別のアクセスポイントに接続を試みている可能性があります。こちらをご覧ください。

1-6

WLX302に接続している端末の数が設定した最大ステーション数に達していないか確認してください。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 見える化ツール > 端末情報 > 端末一覧表示
SSID:YAMAHA-1に3台、SSID:YAMAHA-2に3台、計6台接続されている状態です。
図 説明画像

YES/NO
  1. 接続している端末の数が設定した最大ステーション数に達していると、新たな端末がWLX302に接続することができません。改善方法はこちらをご覧ください。

  1. 1-8 にお進みください。

1-7

接続したいWLX302のSSIDが「非通知にする」の通知設定になっていないか確認してください。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > SSID 管理 > 接続するSSIDの「編集」
図 説明画像

YES/NO
  1. ワイヤレスネットワークに手動で接続します。設定方法はこちらをご覧ください。
  2. 通知設定を「通知する」に変更します。設定方法はこちらをご覧ください。

1-8

以下に示す問題があるか確認して、該当するものがあれば「NG」に進み、対応する番号の対処方法を試してください。

1.端末が対応していない周波数帯(2.4GHz/5GHz)を設定している
2.端末が対応していない無線モード(IEEE 802.11a/b/g/n)を設定している
3.端末が使用できないチャンネルを設定している、特定のチャンネルの使用が推奨されている
※各項目の端末の対応状況については、端末メーカーに問い合わせてください。

現在のWLX302の周波数帯(2.4GHz/5GHz)、無線モード(IEEE 802.11a/b/g/n)の設定は下記の画面で確認できます。
WLX302 Web設定画面 TOPページ > 管理機能 > システム情報
図 説明画像

YES/NO
  1. 端末が対応している周波数帯(2.4GHz/5GHz)の設定を行います。WLX302の設定方法はこちらをご覧ください。
  2. 端末が対応している無線モード(IEEE 802.11a/b/g/n)の設定を行います。WLX302の設定方法はこちらをご覧ください。
  3. 使用チャンネルの帯域を空きチャンネルか推奨チャンネルに変更します。設定方法はこちらをご覧ください。

認証が完了しましたらWLX302の見える化機能画面を確認してください。上端タブの「端末情報」にて、接続した端末が表示されていることを確認してください。表示されていれば接続完了です。それでも接続ができない、問題があるなどの場合には、WLX302に接続しているルーターの設定を確認してください。

トラブル対処方法

この項目では切り分け手順の各設問の対処方法を紹介します。

◆2-1 無線LAN設定を有効にする

◇端末本体の無線スイッチで無線機能を有効にする

ノートパソコンなどの端末には、本体の前面や側面に無線LANスイッチが備わっていることがあります。無線LANスイッチがOFFになっている場合は、ONにしてください。

◇端末の設定画面で無線LAN機能を有効にする

Windows 7 では、ネットワークデバイスの「ワイヤレス ネットワーク接続」を確認し、無効になっている場合は、有効に切り替えてください。 他の端末については取扱説明書を参照し、無線LAN設定をご確認ください。

コントロールパネル > ネットワークとインターネット > ネットワークと共有センター > アダプターの設定の変更
図 説明画像

◆2-2 認証方式の設定が正しいか確認する

◇事前共有鍵の確認方法

下記の画面で、事前共有鍵を確認することができます。SSIDが「Yamaha1」である例で事前共有鍵の確認方法を説明しています。事前共有鍵を確認したいSSIDの項目にある「psk-key」に続く文字列が事前共有鍵です。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 管理機能 > 設定(Config) > 「設定の表示」項目の「実行」
図 説明画像


◇ユーザー名、パスワード、認証サーバーの設定の確認方法

下記の画面で、ユーザー名とパスワードを確認することができます。「radiusd user USERID PASSWORD」というコマンドの USERID がユーザー名、PASSWORD がパスワードとなります。認証サーバーの設定の確認は、こちらを参照してください。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 管理機能 > 設定(Config) > 「設定の表示」項目の「実行」
図 説明画像


◇WLX302の認証方式の設定方法

Windows7とWLX302では、認証方式の表記が異なります。下記を参照して認証方式を確認してください。
Windows7 WLX302

WPA/WPA2 パーソナル

WPA/WPA2-PSK

WPA/WPA2 エンタープライズ

WPA/WPA2-EAP

1.Windows7の設定

下記の画面で、接続するSSIDの認証方式を選択することができます。WLX302の設定と合わせて設定してください。

コントロールパネル > ネットワークとインターネット > ネットワークと共有センター > 新しい接続またはネットワークのセットアップ > ワイヤレスネットワークに手動で接続します
図 説明画像



2.WLX302の設定

下記の画面で、WLX302の認証方式を選択することができます。端末が対応している認証方式を選択してください。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > SSID 管理 > 接続するSSIDの「編集」
図 説明画像

◆2-3 MACアドレスフィルタリング設定を変更する

◇許可設定を変更する

MACアドレスフィルタリングを設定する際に、リストに登録したMACアドレスの端末を許可するか、拒否するか選択します。意図した設定になっていることをご確認ください。

「リストに登録しているMACアドレスの接続を許可する」を選択した状態で、MACアドレスリストの登録がない場合、全てのMACアドレスを拒否する設定となり、いかなる端末も繋がりませんのでご注意ください。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > SSID 管理 > 接続するSSIDの「編集」
図 説明画像


◇MACアドレスを追加/削除する

  1. 「リストに登録しているMACアドレスの接続を許可する」場合
  2. → 接続を許可する端末のMACアドレスをMACアドレスリストに登録します。
  3. 「リストに登録しているMACアドレスの接続を拒否する」場合
  4. → 接続を拒否する端末のMACアドレスをMACアドレスリストに登録します。
  5. 接続を許可したい端末のMACアドレスがリストにある場合、MACアドレスが記載されている行の右にあるチェックボックスをチェックして[削除]をクリックします。

また、MACアドレスは正しいものを入力しているか十分に確認してください。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > SSID 管理 > 接続するSSIDの「編集」
図 説明画像

◆2-4 接続したいWLX302と同名のSSIDで無線セキュリティ設定等が異なる
          アクセスポイントが周辺で稼動しているときの対処方法

◇SSIDを変更する

周辺に同名のSSIDで無線セキュリティ設定等が異なるアクセスポイントがある場合、本来接続したいアクセスポイントではなく、別のアクセスポイントに接続を試みてしまうことがあります。無線設定等が異なるアクセスポイントは、それぞれ異なるSSIDを使用する必要があります。
同名のSSIDであり、無線設定が同じであれば、こちらの設定例を参考にしてローミング機能をご使用いただけます。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > SSID 管理 > 変更するSSIDの「編集」
図 説明画像

◆2-5 WLX302の接続端末数が最大ステーション数に達しているときの対処方法

◇端末を他のWLX302に分散する

ひとつのWLX302に端末の接続が集中している場合、他のWLX302に接続を分散させることで改善されます。

◇MACアドレスフィルタリングを使用して接続する端末を制限する

MACアドレスフィルタリングを使用することで、特定の端末のみ接続が可能となります。登録していない端末は接続されないため、接続端末数が最大ステーション数に達することを防ぐことができます。ネットワークに接続する端末があらかじめ決定している場合にご使用いただけます。
こちらの設定例を参考にしてMACアドレスフィルタリングをご使用いただけます。


◇最大ステーション数を変更する

最大ステーション数は各周波数帯ごとに50台まで指定することができます。下図のように50台より少ない台数を設定している場合は、最大ステーション数を増やすことで接続できる端末を増やすことができます。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > 2.4GHz 詳細
図 説明画像

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > 5GHz 詳細
図 説明画像




◆2-6 接続したいWLX302のSSIDが一覧に表示されていないときの対処方法

◇Windows 7 ネットワークに手動で接続する設定方法

WLX302のSSID通知設定が「非通知にする」となっている場合、端末のSSID一覧に該当SSIDは表示されません。端末の無線LAN設定画面でSSIDを直接入力して手動で接続してください。ここでは、Windows 7 の例を示します。その他端末の入力方法は、端末の取扱説明書を確認してください。

コントロールパネル > ネットワークとインターネット > ネットワークと共有センター > 新しい接続またはネットワークのセットアップ > ワイヤレスネットワークに手動で接続します
図 説明画像


◇WLX302 SSIDの通知設定を変更する

下記の設定画面で、SSIDの通知設定が「非通知にする」となっている場合、端末のSSID一覧に該当SSIDは表示されません。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > SSID 管理 > 接続するSSIDの「編集」
図 説明画像

◆2-7 周波数帯(2.4GHz/5GHz)、無線モード(IEEE 802.11a/b/g/n)、チャンネルの設定方法

◇WLX302の周波数帯(2.4GHz/5GHz)の設定

ご使用の端末によっては、周波数帯(2.4GHz/5GHz)の対応状況が異なり、主に5GHzに対応していないことがあります。下記の画面で、周波数帯(2.4GHz/5GHz)の設定を行うことができますので、端末に応じて設定を行ってください。対応する周波数帯については、端末メーカーにご確認ください。

1.WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > 2.4GHz 基本
図 説明画像

2.WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > 5GHz 基本
図 説明画像

3.WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > SSID 管理 > 接続するSSIDの「編集」
図 説明画像


◇WLX302の無線モード(IEEE 802.11a/b/g/n)の設定

ご使用の端末によっては、無線モード(IEEE 802.11a/b/g/n)の対応状況が異なります。下記の設定画面で、ご使用の端末に応じて無線モード(IEEE 802.11a/b/g/n)を設定してください

1.WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > 2.4GHz 基本
図 説明画像

2.WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > 5GHz 基本
図 説明画像


◇WLX302のチャンネルの設定

ご使用の端末によっては、使用できないチャンネルがあります。使用できないチャンネルがある場合は、見える化ツールにより電波干渉がない空きチャンネルに使用チャンネルを変更してください。

WLX302 Web設定画面 TOPページ > 見える化ツール
図 説明画像



下記の画面で、指定したチャンネルを使用するように設定を行うことができます。

1.WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > 2.4GHz 基本
図 説明画像

2.WLX302 Web設定画面 TOPページ > 無線設定 > 5GHz 基本
図 説明画像

それでも問題が解決しない場合は、サポート窓口までご相談ください。
その際、ご使用のOSの製品名とバージョン、無線カードとそのドライバのバージョンをご確認の上、ご連絡ください。

ページトップへ戻るReturn to Top