PPTPを使用したVPN拠点間接続(センター&拠点) + リモートアクセス : コマンド設定 + Web GUI設定

PPTPトンネル機能の対応機種は、RTX1210RTX810NVR700WNVR510NVR500FWX120です。

図 PPTPを使用したVPN拠点間接続(センター&拠点) + リモートアクセス : コマンド設定 + Web GUI設定

インターネットVPN(PPTP)を利用して、センターと拠点・外出先を安全に接続する構成です。

本設定例では、センターにプロバイダーから固定のグローバルIPアドレスが割り当てられ、拠点1,2にはプロバイダーから不定のグローバルIPアドレスが動的に割り当てられています。そのため、拠点1,2では「ネットボランチDNSサービス」から取得するホストアドレスを利用して、センターとVPN(PPTP)接続しています。

光回線に接続するためには、別途ONUが必要です。
NVR700WとNVR510は、本体のONUポートに小型ONUを装着することで、光回線に接続できます。

本機能の対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
センター

RTX1210 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500

コマンド設定例

拠点1

RTX1210 NVR700W NVR510

Web GUI設定例

拠点2

RTX1210 NVR700W NVR510

Web GUI設定例

拠点1 ルーター(1)の設定例

下記の設定(Config)を取り出すことができます。

RTX1210(1)

NVR700W(1) / NVR510(1)

設定の概要

以下の手順で設定を行います。

IPアドレス設定

1.ルーターの設定画面を開きます。

図 IPアドレス設定1

2.「かんたん設定」をクリックします。

図 IPアドレス設定2

3.「基本設定」をクリックします。

図 IPアドレス設定3

4.「LAN アドレス」をクリックします。

図 IPアドレス設定4

5.「設定」をクリックします。

図 IPアドレス設定5

6.「192.168.102.1」を入力して、「次へ」をクリックします。

図 IPアドレス設定6

7.入力内容を確認して問題がなければ、「設定の確定」をクリックします。
   パソコンのIPアドレスを再取得してください。

図 IPアドレス設定7

8.「変更後のIPアドレスでトップページにアクセスし直す。」をクリックします。

図 IPアドレス設定8

インターネット接続設定

1.「プロバイダー接続」をクリックします。

図 インターネット接続設定1

2.「新規」をクリックします。

図 インターネット接続設定2

3.「WAN」が選択されていることを確認して、「次へ」をクリックします。
   RTX1210の場合は、「LAN2」が選択されていることを確認してください。

図 インターネット接続設定3

4.ブロードバンド回線自動判別の表示を確認して、「次へ」をクリックします。

図 インターネット接続設定4

5.「PPPoE 接続」が選択されていることを確認して、「次へ」をクリックします。

図 インターネット接続設定5

6.プロバイダーへの接続情報を入力して、「次へ」をクリックします。

設定名

任意の設定名

ユーザーID

プロバイダーから指定された接続用のID

接続パスワード

プロバイダーから指定された接続用のパスワード(または自分で変更したパスワード)

図 インターネット接続設定6

7.プロバイダーとの契約内容にしたがい、DNSサーバーアドレスの設定をして、「次へ」をクリックします。

図 インターネット接続設定7

8.フィルターの設定をして、「次へ」をクリックします。

図 インターネット接続設定8

9.設定内容を確認して問題がなければ、「設定の確定」をクリックします。

図 インターネット接続設定9

10.プロバイダー接続の設定が完了しました。

図 インターネット接続設定10

ネットボランチDNSへの登録

1.「ネットボランチDNS」をクリックします。

図 ネットボランチDNSへの登録1

2.「設定」をクリックします。

図 ネットボランチDNSへの登録2

3.ホストアドレスの設定をして、「次へ」をクリックします。

インターフェース

WAN/PP[01] (provider2)
※(  ) 内は、プロバイダー情報の設定画面で入力した「設定名」が表示されます。

ホスト名

拠点1のホスト名

図 ネットボランチDNSへの登録3

4.利用規約を確認して、同意できる場合は、「同意する」をクリックします。

図 ネットボランチDNSへの登録4

5.入力内容を確認して問題がなければ、「設定の確定」をクリックします。

図 ネットボランチDNSへの登録5

6.ネットボランチDNSの登録が完了しました。
  「ホスト名」は、センターの設定で使用しますので、控えておいてください。

図 ネットボランチDNSへの登録6

PPTPの設定

1.「VPN」をクリックします。

図 PPTPの設定1

2.「拠点間接続」をクリックします。

図 PPTPの設定2

3.「新規」をクリックします。

図 PPTPの設定3

4.「PPTP」を選択して、「次へ」をクリックします。

図 PPTPの設定4

5.PPTPに関する設定をして、「次へ」をクリックします。

設定名

任意の設定名

PPTPサーバー/クライアント

PPTPクライアント

ユーザーID

センター-拠点1 PPTPのユーザーID
(センターと同じユーザーIDを設定してください)

接続パスワード

センター-拠点1 PPTPのパスワード
(センターと同じパスワードを設定してください)

接続先のホスト名またはIPアドレス

センターの固定グローバルIPアドレス

図 PPTPの設定5

6.経路に関する設定をします。設定する経路を増やす場合は、「+」をクリックしてください。
入力が完了したら、「次へ」をクリックします。

接続先のLAN側のアドレス

センターのLAN側ネットワークアドレス

拠点2のLAN側ネットワークアドレス

図 PPTPの設定6

7.入力内容を確認して問題がなければ、「設定の確定」をクリックします。

図 PPTPの設定7

8.PPTPの設定が完了しました。

図 PPTPの設定8

拠点2 ルーター(2)の設定例

下記の設定(Config)を取り出すことができます。

RTX1210(2)

NVR700W(2) / NVR510(2)

拠点1と同様の手順で行ってください。

センター ルーター(3)の設定例

ゲートウェイの設定

ip route default gateway pp 1
ip route 192.168.102.0/24 gateway pp 2
ip route 192.168.103.0/24 gateway pp 3

LANインターフェースの設定
(LAN1ポートを使用)

ip lan1 address 192.168.101.1/24

WAN(ISP1)インターフェースの設定
(LAN2ポートを使用)

pp select 1
pp always-on on
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname (ISP1と接続するID) (ISP1と接続するパスワード)
ppp lcp mru on 1454
ip pp address (センターの固定グローバルIPアドレス)
ip pp mtu 1454
ip pp secure filter in 1020 1030 1040 1041 2000
ip pp secure filter out 1010 1011 1012 1013 1014 1015 3000 dynamic 100 101 102 103 104 105 106 107
ip pp nat descriptor 1
pp enable 1

VPN(PPTP)の設定
(拠点1との接続)

pp select 2
pp bind tunnel1
pp auth request mschap
pp auth username (センター-拠点1 PPTPのユーザーID) (センター-拠点1 PPTPのパスワード)
ppp ipcp ipaddress on
ppp ccp type mppe-any
pptp service type server
pp enable 2

VPN(PPTP)の設定
(拠点2との接続)

pp select 3
pp bind tunnel2
pp auth request mschap
pp auth username (センター-拠点2 PPTPのユーザーID) (センター-拠点2 PPTPのパスワード)
ppp ipcp ipaddress on
ppp ccp type mppe-any
pptp service type server
pp enable 3

VPN(PPTP)の設定
(anonymous)

pp select anonymous # 注釈1
pp bind tunnel3
pp auth request mschap-v2
pp auth username (センター-外出先 PPTPのユーザーID) (センター-外出先 PPTPのパスワード)
ppp ipcp ipaddress on
ppp ccp type mppe-any
ip pp remote address pool 192.168.200.101-192.168.200.110
pptp service type server
pp enable anonymous

VPN(PPTP)の設定
(拠点1との接続)

tunnel select 1
tunnel encapsulation pptp
tunnel endpoint name (拠点1のネットボランチDNSに設定したホストアドレス)
pptp tunnel disconnect time off # 注釈2
tunnel enable 1

VPN(PPTP)の設定
(拠点2との接続)

tunnel select 2
tunnel encapsulation pptp
tunnel endpoint name (拠点2のネットボランチDNSに設定したホストアドレス)
pptp tunnel disconnect time off # 注釈2
tunnel enable 2

VPN(PPTP)の設定
(anonymous)

tunnel select 3
tunnel encapsulation pptp
tunnel enable 3

VPN(PPTP)の設定

pptp service on

フィルターの設定

ip filter source-route on
ip filter directed-broadcast on
ip filter 1010 reject * * udp,tcp 135 *
ip filter 1011 reject * * udp,tcp * 135
ip filter 1012 reject * * udp,tcp netbios_ns-netbios_ssn *
ip filter 1013 reject * * udp,tcp * netbios_ns-netbios_ssn
ip filter 1014 reject * * udp,tcp 445 *
ip filter 1015 reject * * udp,tcp * 445
ip filter 1020 reject 192.168.101.0/24 *
ip filter 1030 pass * 192.168.101.0/24 icmp
ip filter 1040 pass * 192.168.101.1 tcp * 1723 # 注釈3
ip filter 1041 pass * 192.168.101.1 gre # 注釈3
ip filter 2000 reject * *
ip filter 3000 pass * *
ip filter dynamic 100 * * ftp
ip filter dynamic 101 * * www
ip filter dynamic 102 * * domain
ip filter dynamic 103 * * smtp
ip filter dynamic 104 * * pop3
ip filter dynamic 105 * * netmeeting
ip filter dynamic 106 * * tcp
ip filter dynamic 107 * * udp

NATの設定

nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor masquerade static 1 1 192.168.101.1 tcp 1723 # 注釈3
nat descriptor masquerade static 1 2 192.168.101.1 gre # 注釈3

DHCPの設定

dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.101.2-192.168.101.100/24

DNSの設定

dns server (ISP1より指定されたDNSサーバーのアドレス)
dns private address spoof on

[注釈の説明]

注釈1:
リモートアクセス接続用にanonymousインタフェースで受け口を用意します。

注釈2:
拠点間通信では常時接続とするために、disconnect timerをoffとします。

注釈3:
VPN(PPTP)に関係するパケットを通過させる設定です。

接続状態の確認

拠点1 ルーター(1)、拠点2 ルーター(2)

[ダッシュボード] - [ガジェット] で 以下を選択すると、接続状態が確認できます。

  • プロバイダー接続状態
  • VPN接続状態(拠点間)
図 接続状態の確認

センター ルーター(3)

・「show status pp 1」コマンドで、インターネットの接続状態を確認できます。

[コンソール]

# show status pp 1
PP[01]:
説明:
PPPoEセッションは接続されています ★
接続相手:
通信時間: 5分26秒
受信: 1862 パケット [738824 オクテット]  負荷: 0.0%
送信: 621 パケット [176842 オクテット]  負荷: 0.0%
PPPオプション
    LCP Local: Magic-Number MRU, Remote: CHAP Magic-Number MRU
    IPCP Local: IP-Address Primary-DNS(xxx.xxx.xxx.x) Secondary-DNS(xxx.xxx.xxx
.x), Remote: IP-Address
    PP IP Address Local: xxx.xxx.xx.xxx, Remote: xxx.xxx.xx.x
    CCP: None

[解説]
相手先との接続状態が表示されます。xxxの部分は、IPアドレスが表示されます。

コマンドの詳細は、"各相手先の状態の表示" をご覧ください。
Open in new window RTX1210, RTX810 Open in new window NVR700W, NVR510 Open in new window NVR500

・「show status pp 2」「show status pp 3」コマンドで、拠点1、拠点2とのVPN接続状態を確認できます。

[コンソール]

# show status pp 2
PP[02]:
PPTPセッションは接続されています ★
接続相手: (拠点1の機種名)
通信時間: 29分20秒
受信: 77 パケット [1522 オクテット]
送信: 75 パケット [1347 オクテット]
PPPオプション
    LCP Local: MSCHAP Magic-Number MRU, Remote: Magic-Number MRU
    IPCP Local: IP-Address, Remote: IP-Address
    PP IP Address Local: 192.168.101.1, Remote: 192.168.102.1
    IPV6CP Local: Interface-ID, Remote: Interface-ID
    PP Interface-ID Local: xxxxxxxxxxxxxxxx, Remote: xxxxxxxxxxxxxxxx
    CCP: Mppe-128bit
受けとったUserId: (拠点1のPPTPのユーザーID)

# show status pp 3
PP[03]:
PPTPセッションは接続されています ★
接続相手: (拠点2の機種名)
通信時間: 30分13秒
受信: 74 パケット [1348 オクテット]
送信: 80 パケット [1565 オクテット]
PPPオプション
    LCP Local: MSCHAP Magic-Number MRU, Remote: Magic-Number MRU
    IPCP Local: IP-Address, Remote: IP-Address
    PP IP Address Local: 192.168.101.1, Remote: 192.168.103.1
    IPV6CP Local: Interface-ID, Remote: Interface-ID
    PP Interface-ID Local: xxxxxxxxxxxxxxxx, Remote: xxxxxxxxxxxxxxxx
    CCP: Mppe-128bit
受けとったUserId: (拠点2のPPTPのユーザーID)

[解説]
拠点1,2とのVPN接続状態が表示されます。

コマンドの詳細は、"各相手先の状態の表示" をご覧ください。
Open in new window RTX1210, RTX810 Open in new window NVR700W, NVR510 Open in new window NVR500

・「show status pp anonymous」コマンドで、外出先のPPTP ClientとのVPN接続状態を確認できます。

[コンソール]

# show status pp anonymous
ANONYMOUS[01]:
PPTPセッションは接続されています ★
接続相手:
通信時間: 18秒
受信: 94 パケット [7257 オクテット]
送信: 23 パケット [579 オクテット]
PPPオプション
    LCP Local: MSCHAP-V2 Magic-Number MRU, Remote: Magic-Number MRU
    IPCP Local: IP-Address, Remote: IP-Address
    PP IP Address Local: 192.168.101.1, Remote: 192.168.200.101
    IPV6CP Local: Interface-ID, Remote: Interface-ID
    PP Interface-ID Local: xxxxxxxxxxxxxxxx, Remote: xxxxxxxxxxxxxxxx
    CCP: Mppe-128bit
受けとったUserId: (PPTP ClientのユーザーID)

[解説]
PPTP ClientとのVPN接続状態が表示されます。

コマンドの詳細は、"各相手先の状態の表示" をご覧ください。
Open in new window RTX1210, RTX810 Open in new window NVR700W, NVR510 Open in new window NVR500

設定がうまくいかない場合は、VPN(PPTP)接続ができないをご覧ください。

【ご注意】

本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。

ページトップへ戻るReturn to Top