ニューストンライン

取り扱い:(株)ヤマハミュージックジャパン

ニューストーンライン 

 

ニューストーンラインミュート、最高品質のミュートをお手頃価格で!

37923_12_1.jpg

 管楽器奏者のいかなる要求にも対応する多種多様なラインナップを誇るニューストーンラインミュート、現在最も一般的な管楽器用ミュートとして、世界中で愛用されています。

 ニューストーンラインミュートの歴史は1935年アメリカ・シカゴで始まりました。創始者であるウィリー・バーグはシカゴでミュージシャンとして活動する傍ら、街中のクラブを渡り歩きオイル、リードなどの販売も手掛けていました。ウィリーの客にはデューク・エリントン、ハリー・ジェイムス、カウント・ベイシー、ウディー・ハーマン、ドーシー・ブラザーズなど数多くの有名ミュージシャンが名を連ねていました。そんな中、かのグレン・ミラーが ブラスセクションでのハーモニーを熟考する過程で、ウィリーにミュートの製造を提言したのが現在に至るニューストーンラインミュートの始まりとなったのです。その後、ウィリーと妻のフェイ・バーグはシカゴ南郊の小さなアパートメントでミュート製造を開始、本格的なビジネスを開始するに至りました。


 ウィリー・バーグに更なる転機が訪れたのは1941年のことでした。グレン・ミラーがウィリーに対し、街中のクラブまでミュートや小物販売のために足を運ぶことを止め、世界各地に駐留するアメリカ軍音楽隊へ支給するためのミュート製造に力を入れるよう進言したのです。これを受け、ウィリーは終日ミュート製造が出来る小さな工房を設立しました。そしてミュートに加えミュージシャンが求めるあらゆる製品を作り始めたのです。

 1948年、東シカゴに移転した小さな工房は今日までに更に規模を拡大し、その地に留まっています。ニューストーンラインミュートの長い歴史の中では1962年に不幸な火事で建物が全焼してしまうという災難もありました。しかし、音楽を愛し、ビジネスに打ち込むウィリー・バーグはそのような困難にも負けず、彼のライフワークとも言えるミュート製造を継続したのです。彼の息子であるアーウィンが兵役期間を終え、退役したのもその頃です。父親の事業再建のためにサポートが必要と感じたアーウィンは、ともに事業再建に取り組むことを決意しました。彼らの強力なパートナーシップは後々に数多くの革新的な製品となってあらわれ、その業界最高レベルの品質が世界中に認められることになりました。

 1992年にはマイク・バーグ(アーウィンの息子、ウィリーの孫)がチームに加わりました。ウィリーが1996年に逝去した後、アーウィンとマイク、そして多くの献身的なスタッフとともに現在もニューストーンラインは健全かつ安定的な経営を続けています。ニューストーンラインミュートは全米3,000を超える小売店、そして世界中の50を超える代理店によって支えられています。ニューストーンラインミュートのゴールは耐久性を兼ね備え、革新的で最高品質の製品を製造すること、そしてそれらをリーズナブルな価格で供給することにあります。ニューストーンラインミュートは、あなたの最高レベルのパフォーマンスを引き出す良きパートナーとなることでしょう。

ページトップへ戻る