• mixiチェック

楽譜について学ぶ

  • 音楽について勉強しよう
  • 先生(指導者)のページ
  • 楽器総合リースのご案内
  • ベルマークでのご購入について
  • バンド新入部員募集コンテスト
  • セミナー/講座のご案内

楽譜について学ぶ

はじめに

楽典とは、楽譜を読んだり書いたりするために必要な理論や約束のことです。それでは具体的に楽典を学ぶことによって、音楽のどんなことが解明されるのでしょうか?
ここで、古典派の大作曲家ベートーヴェンのもっとも有名な曲の一つ、交響曲『運命』を例に取り上げてみましょう。この交響曲の正しい名称は『交響曲第5番 ハ短調』といいます。『運命』という標題は実はベートーヴェン自身が付けた題ではありません。それではどうして『運命』と呼ばれているのでしょうか?さあ、これが第1の疑問です。次に正しい名称の語句を見てみましょう。‘交響曲’とありますが、この‘交響曲’とはいったい何なのでしょう。そして次の‘ハ短調’とは何を表しているのでしょう。
疑問が次々と湧き起こってきましたね。実はこれらの疑問を解き明かしてくれるのが、広い意味での「楽典」なのです。それではこれから5回にわたって、楽典の基礎を学んでいきましょう。



第1日 音の名前

1. 五線と加線

2. 音部記号

3. オクターヴ記号

4. 譜表

詳しく見る

第2日 音の形

1. 単純音符と単純休符

2. 付点音符と付点休符

3. 休符の表わし方

4. 音符の良い書き方

5. タイ

詳しく見る

第3日 音程

1. 音程

2. 幹音間の音程

3. 派生音を含む音程

4. 単音程と複音程

5. 転回音程

6. 協和音程と不協和音程

詳しく見る

第4日 音階と調

1. 長音階

2. 短音階

3. 調

詳しく見る

第5日 和音

1. 三和音

2. 四和音(七の和音)

3. 和音の転回

4. 和音で見る調の相互関係

5. 和音進行とカデンツ

詳しく見る
  • mixiチェック

ページトップへ戻る