JAH-RAH

※このインタビューは2004年に行なわれたものです。

ヤマハを選ぶ理由:CASE08

JAH-RAH

数々のアマチュアバンドを経て、1994年にEASY WALKERSでメジャーデビュー。4枚のアルバムを発売すると共に、精力的なライブ活動を行う。98年、EASY WALKERS脱退後、様々なプロジェクトに参加。最近の主な参加アーティストは、甲斐よしひろ、ROBOTS、LOVE PSYCHEDELICO、ROLLY、横山健、奥田民生など。そのタイトかつグルーヴィなドラミングには、共演者から厚い信頼が寄せられている。
20歳頃かな、8ビートの面白さを本気で追求し始めたのは。チャリー・ワッツのスイングするようなあの独特のタイム感に興味を持ったのが、きっかけでした。8ビートって、“古いけど新しい”と思う。いろんなドラマーが過去に素晴らしいプレイを残してきているけど、それを踏み台にして、さらにいろんなアプローチができる。俺はそこに、8ビートの懐の深さ、可能性を感じます。
打ち込みやループと同期させるプレイだって、俺にとっては面白いんですよ。マシンに合わせにいくんじゃなくて、俺が叩くビートの中にマシンを取り込んでいく感覚でやれば、そこから新しいグルーヴを生み出すことができる。ドンピシャで合わせたり、ちょっとルーズに揺らしたり。たとえ機械と組んでも、そんなニュアンスに富んだプレイをできるのが、8ビートを叩く面白さだと思う。
最初に触れたドラムがヤマハだったし、高校生の時に初めて自分で買ったドラムもヤマハ。ヤマハドラムスで耳が育ったので、頭の中で自然に鳴っている理想のサウンドはいつもヤマハなんです。この音があれば、すごく自然な気持ちでプレイできる。俺の中で、8ビートがもっと進化するような気がしてくる。ずっと、ヤマハの音で叩き続けたいですね。

新着情報

feed

2017年8月10日 [ドラム]
川口千里TRIANGLE featuring Philippe Saisse & Armand Sabal-Lecco

8月9日【イベント情報・その他】川口千里TRIANGLE featuring Philippe Saisse & Armand Sabal-Lecco 公演で行われるドラムセッションに5日、8日、菅沼孝三氏の出演が決定!
シーンの未来を担う若き天才ドラマー川口千里が、メジャーデビューアルバムの強力RECメンバーと共に登場!

日時・会場:
9/5(火) Motion Blue YOKOHAMA
9/7(木) Flamingo the Arusha
9/8(金) THE BOTTOM LINE

2017年8月9日 [ドラム]
【新商品発売】細部にわたり豪華な趣向を凝らした「ヤマハドラムス50周年記念ドラムセット」を限定発売致します。

2017年7月27日 [ドラム]
Yamaha Drums 50th Anniversary Drum Session

ヤマハドラムスに縁の深い4名のドラマーが集結!ヤマハドラムス誕生50周年を記念をしたスペシャルコンサート。

日時:2017年9月2日(土) Open 15:30 / Start 16:30
会場:原宿クエストホール

2017年5月24日 [ドラム]
【新商品発売】リアルなハイハットワークを可能にするハイハットコントローラー「HH40」を発売致します。

2017年5月24日 [ドラム]
【新商品発売】電子ドラム演奏に必要不可欠なアイテムを組み合わせたオプションセット「HP5A」「HP5ADM」を発売致します。

ページトップへ戻る

ヤマハドラム50周年

  • ヤマハドラム50周年