大坂 昌彦

※このインタビューは2004年に行なわれたものです。

ヤマハを選ぶ理由:CASE04

Masahiko Osaka

1966年生まれ。テクニックと音楽性の両面で高い評価を得ている、日本屈指のジャズドラマー。自ら作曲・アレンジを手がけるという点でも他の多くのドラマーと一線を画している。10歳の時に独学でドラムを始め、’86年に奨学金を得てバークリー音大に留学。NYでの活動を経て’90年に帰国し、その後、自身のバンドで多くのアルバムを発表しながら、有名ミュージシャンのライブやレコーディングでも活躍。現在、M’s、the MOST、EQ、守屋純子orc.等多くのレギュラーバンドで活動中。
メロディ、ハーモニー、リズムの組合せで起きる“瞬間の化学反応”を、時間の流れの中で創造的な表現に紡いでいく…。これをプレイヤー同士の音の会話でできるところに、ジャズをやる面白さの本質があるんじゃないかな。その会話の中でドラマーが果たす役割は、リズムや響きやダイナミズムを通じて、音楽に色彩感とでもいうべきものを与えることなんだと思う。音階が無いにもかかわらず、曲の表情・色彩感を決定づける力を秘めている…。僕はドラムをそういう楽器だと考えています。ドラマーには、音楽全体を深く理解する気持ちが必要だと思いますね。

僕は10代の半ばからジャズに傾倒していったけど、その頃からドラムの練習に励む一方で、好きな曲の構造を分析したり、自分で曲を作ったり、他の楽器をかじったりしてましたね。独学で好き放題にやっていたわけだけど、今思えば、それが僕の原点になっているのかも。ジャズを丸ごと自分のものにしたい思いがあったから、その後バークリーに行く気になったし、そこでいろんなことを吸収することもできた。そういう過程を経た結果として、僕は自分のドラムのスタイルを見つけることができたんだと思う。
これまで僕がトラディショナルなものに敬意を表する一方でオリジナル曲を多く手がけてきたのは、やっぱり自分のドラムスタイルが本当に生きる独自のジャズをやりたかったから。そんな活動の中でもう10年以上もヤマハを使っているけど、響きも演奏性もとてもバランスが良くて気に入ってます。“音の色彩感”という冒頭の話の関連で言えば、自分の色彩感覚を自在に発揮するために、バランスがとれた音というのは僕にとって極めて大切なもの。ヤマハドラムスのバランスに優れたサウンドがあるからこそ、僕は独自の非凡な表現を目指すことができるんです。

新着情報

feed

2017年7月20日 [ドラム]
【イベント情報】ヤマハミュージック 新潟店“ヤマハ電子DTXミニライブ & DTX体験会”開催

この夏、ドラムにチャレンジしてみませんか?
ドラムのサウンドだけでなく、様々な楽器の音色を奏でてくれる電子ドラム。電子ドラムならではの豊富な音色、トレーニング機能など、演奏とトークを交えてご紹介します。ドラム科講師・本間氏によるDTXミニライブの後は、ヤマハドラムインストラクター河原井みつるが、叩き方のコツや効果的な練習方法などを、笑いたっぷるわかりやすくお伝えしますので、是非お気軽にご参加下さい。

■日時:2017年7月23日(日)
・13:30~ ヤマハ電子ドラムインストアライブ
・プレイヤー:本間 克範(ミュージックアベニュー新潟 ドラム科講師)

・14:00~ ヤマハ電子ドラム体験会
・プレイヤー:河原井 みつる(ヤマハドラムインストラクター)

■場所:ヤマハミュージック 新潟店・1階店舗特設スペース
※参加無料・要予約 (各20名・定員になり次第ご予約締切)
■お問い合わせ:ヤマハミュージック 新潟店 TEL:025-243-4312

2017年5月24日 [ドラム]
【新商品発売】リアルなハイハットワークを可能にするハイハットコントローラー「HH40」を発売致します。

2017年5月24日 [ドラム]
【新商品発売】電子ドラム演奏に必要不可欠なアイテムを組み合わせたオプションセット「HP5A」「HP5ADM」を発売致します。

2017年5月24日 [ドラム]
【お知らせ】DTX400シリーズ専用アプリ「DTX400Touch」がアンドロイド端末でも利用可能になりました。

2017年1月30日 [ドラム]
【新商品発売】スタイリッシュな外観と耐久性を両立し、セッティングも容易な新モデルドラムトリガー「DT50S」「DT50K」を発売致します。

ページトップへ戻る

"I Play Yamaha"
Sully Erna & Shannon Larkin