SATOKO

※このインタビューは2004年に行なわれたものです。

ヤマハを選ぶ理由:CASE10

SATOKO

“手数王”菅沼孝三を父に持ち、13歳の時からドラムを始める。インディーズでの活動を経て3ピースバンド「FUZZY CONTROL」を結成し、2003年にメジャーデビュー。ハイ・テクニックと多彩な音楽性、圧倒的なパワーで、音にうるさいロックファンの間で話題となる。最新シングル「universe」2005年4月6日リリース!
http://www.fuzzycontrol.jp/
自分が思ったり感じたりしたことが、まわりの人達にうまく分かってもらえない…。そんな違和感を抱えた子供だったんです、わたしは。でもドラムを叩いている時だけは、自分をうまく表現できる気がした。「進む道はこれだ!」と思って、中学生の時から本気でドラムを練習し始めました。

父親がプロドラマーという環境で育ったけど、父は見守っていてくれたという感じですね。壁にぶつかっても、自分で考えた練習でそれを乗り越えてきたことが、今につながってるのかなと。たぶん父は、そういう経験がわたしに必要だということがわかっていたから、余計な口出しをしなかったんだと思う。
音楽がただのファッションとして扱われるのは、とてもさみしい。音楽は、人の気持ちをどんどん変えていく力を持った、熱くてリアルなものですよね。音楽を 聴くと、明るくなれるし、楽しいし、幸せな気分になる。わたしがドラムを通じていろんな人に届けたいのは、音楽のそんなパワーなんですよ。
良いドラムの条件って、人によって様々なんだろうけど、わたしの場合は、“シェルの鳴り”ですね。ヤマハをずっと使ってるけど、叩くほどに“わたしの振動で鳴る”感じ。自分が思った通りの反応がストレートに返ってくるから、安心してプレイできる。信頼できる楽器って、いい音楽を生み出すための基本ですよね。ヤマハドラムスは、わたしの欠かせないパートナーです。

新着情報

feed

2016年11月22日 [ドラム]
【新商品発売】ジャズをはじめ幅広い音楽ジャンルに対応する、小口径のバリエーションキット「ステージカスタムバーチ Bop-Kit」を発売致します。

2016年11月22日 [ドラム]
【新商品発売】「ステージカスタムバーチ」スネアドラムにスティールシェルモデルを追加、発売致します。

スタンダードなサイズである14”×5 1/2”と、深胴タイプの14”×6 1/2”の2モデルをご用意。音楽ジャンルや演奏環境を選ばない使いやすいラインアップです。

2016年11月10日 [ドラム]
【お知らせ】WEB音遊人「レコーディングカスタム」レビュー掲載しました。

新生「レコーディング・カスタム」誕生の開発コンセプト・進化の様をわかりやすくご紹介します。

2016年11月1日 [ギター・ベース]
楽器フェア2016 ヤマハブース出展情報

2年に1度開催される「楽器フェア」!今回もヤマハはたくさんの楽器を携えブースを構えます!
ギター・ベース、ドラム、デジタル楽器ブースの見どころをお伝えします。ヤマハブランドだけでなく輸入ブランドも含めて豊富に展示楽器をラインナップ。どなたでも気軽に試奏頂けますので、ご友人・ご家族と一緒にお越し下さい。アーティストによるデモンストレーションもたっぷりご用意。見て、触れて、聞いて、素敵な音楽との出会いをお楽しみ下さい。

2016年11月1日 [ドラム]
【お知らせ】2016年11月1日よりドラムスティックの小売価格を改定致します。[92KB]

ページトップへ戻る