SATOKO

※このインタビューは2004年に行なわれたものです。

ヤマハを選ぶ理由:CASE10

SATOKO

“手数王”菅沼孝三を父に持ち、13歳の時からドラムを始める。インディーズでの活動を経て3ピースバンド「FUZZY CONTROL」を結成し、2003年にメジャーデビュー。ハイ・テクニックと多彩な音楽性、圧倒的なパワーで、音にうるさいロックファンの間で話題となる。最新シングル「universe」2005年4月6日リリース!
http://www.fuzzycontrol.jp/
自分が思ったり感じたりしたことが、まわりの人達にうまく分かってもらえない…。そんな違和感を抱えた子供だったんです、わたしは。でもドラムを叩いている時だけは、自分をうまく表現できる気がした。「進む道はこれだ!」と思って、中学生の時から本気でドラムを練習し始めました。

父親がプロドラマーという環境で育ったけど、父は見守っていてくれたという感じですね。壁にぶつかっても、自分で考えた練習でそれを乗り越えてきたことが、今につながってるのかなと。たぶん父は、そういう経験がわたしに必要だということがわかっていたから、余計な口出しをしなかったんだと思う。
音楽がただのファッションとして扱われるのは、とてもさみしい。音楽は、人の気持ちをどんどん変えていく力を持った、熱くてリアルなものですよね。音楽を 聴くと、明るくなれるし、楽しいし、幸せな気分になる。わたしがドラムを通じていろんな人に届けたいのは、音楽のそんなパワーなんですよ。
良いドラムの条件って、人によって様々なんだろうけど、わたしの場合は、“シェルの鳴り”ですね。ヤマハをずっと使ってるけど、叩くほどに“わたしの振動で鳴る”感じ。自分が思った通りの反応がストレートに返ってくるから、安心してプレイできる。信頼できる楽器って、いい音楽を生み出すための基本ですよね。ヤマハドラムスは、わたしの欠かせないパートナーです。

新着情報

feed

2016年9月23日 [ドラム]
【イベント情報】楽器フェア2016「ドラマーズパラダイス」開催&ヤマハドラム出展!

今回で3回目を迎える“ドラマーズパラダイス”。ヤマハを始め、国内外の人気8ブランドのセットが大集結。会場2階に6つの部屋を用意し、合計36セットのドラムを自由に試打できる夢の3日間!「アブソルートハイブリッドメイプル」、「ライブカスタム」の他、ヤマハドラムの原点であり進化を遂げて誕生した新生「レコーディングカスタム」、ヤマハドラムのフラッグシップモデル「PHX」のラインナップが勢揃い。今回はご自分の好みに合わせてセットが選べる『コンセプトルーム』を新たに設置。是非、お気に入りのセットを見つけて下さい!

2016年9月8日 [ドラム]
【お知らせ】神保彰が叩く新生レコーディングカスタムムービーを公開しました。

2016年6月13日 [ドラム]
【新商品発売】音質の向上を追求、現代のレコーディング環境に最適なモデルに進化したヤマハ システムドラムス「レコーディングカスタム」を発売致します。

2016年3月16日 [ドラム]
【お知らせ】DTX700ドラムキットデータプレゼントキャンペーン開催!

期間中DTXdrums対象商品をご購入頂くと、ドラムキットデータ入りUSBメモリをプレゼント

2015年12月15日 [ドラム]
【お知らせ】若手実力派ドラマーSATOKOに聞く「ドラムセッティングの基本、電子ドラムを使った画期的な練習法」インタビューを公開しました。

ページトップへ戻る

楽器フェア2016「ドラマーズパラダイス」開催&ヤマハドラム出展!