スマートフォン/タブレット端末との接続

L2TP/IPsecを利用してリモートアクセスする

L2TP/IPsec(Layer-2 Tunneling Protocol)では、外出先からでもVPN(仮想プライベートネットワーク)としてLAN上のパソコンへアクセスできます。IPsecを利用して接続するため、PPTPよりもセキュリティを保つことができます。

詳細な技術情報や検証済み端末の情報は技術情報ページ(RTpro)をご覧ください。

L2TP/IPsecを利用して、リモートアクセスする

L2TP/IPsecについて

  • IPsecのデータ暗号化をサポートしています。
  • 鍵交換プロトコルはIKE(Internet Key Exchange)を使用します。必要な鍵はIKEにより自動的に生成されますが、鍵の種となる事前共有鍵をあらかじめ登録しておく必要があります(ipsec ike pre-shared-keyコマンド)。
  • 鍵や鍵の寿命、暗号や認証のアルゴリズムなどを登録した管理情報は、SA(Security Association)で管理します。

L2TP/IPsecを利用してリモートアクセスする

ルーターの設定

使用機種: RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX810 NVR700W NVR510

ルーターの設定 : Web GUI設定例

ルーターのWeb GUIを利用したL2TP/IPsecの接続設定について説明します。

使用機種: RTX1210 NVR700W NVR510

ルーターの設定(RTX810 GUI設定例)

RTX810のGUIを利用したL2TP/IPsecの接続設定について説明します。

使用機種: RTX810

ファイアウォールの設定

使用機種: FWX120

ファイアウォールの設定(FWX120 GUI設定例)

FWX120のGUIを利用したL2TP/IPsecの接続設定について説明します。

使用機種: FWX120

iOSからリモートアクセスする

iPhone/iPadからの接続設定について説明します。

使用機種: RTX5000 RTX3500 RTX810 FWX120

アンドロイドからリモートアクセスする

アンドロイドOSを搭載した携帯/タブレットからの接続設定について説明いたします。

使用機種: RTX5000 RTX3500 RTX810 FWX120

ページトップへ戻るReturn to Top