EPH-52 イヤホン

EPH-52 イヤホン

希望小売価格:オープン価格

  • 2014年11月 発売

ヤマハ独自の2Wayイヤサポーターにより、自分の好みに合わせて2種類の装着スタイルが選べるマット塗装のハイグレードモデル

専用開発の8.5mmドライバーなど、サイズ感を超えた高音質設計のインイヤー型

「EPH-52/32/22」シリーズ・「EPH-S01」シリーズ専用に新開発した8.5mmドライバーユニットには、高磁力のネオジムマグネットを使用。振動板に精度の高いヤマハ独自のタンジェンシャル・エッジを採用するとともに、実使用時の音量で振動板が最適に可動するエッジ形状や振動部(ドーム)面積に設定することで、コンパクトサイズながら幅広い帯域再生を可能にしています。また、ハウジングは、ドライバーの音がストレートに鼓膜に届くように、ドライバーと音導管が一直線上に並ぶように設計。素材には、フロント部にABS樹脂、リア部にポリカーボネートとABSの複合樹脂を採用し、硬度の異なる素材にすることで音の濁りの原因となる不要な共振を低減。さらに、不要な高域のピークを抑えるサウンドチューニングパイプを搭載するなど、高品位な音質を追求しています。

本機は、マンガン合金をドライバーユニット周辺に塗布して制振効果を飛躍的に向上させつつ、タイトな低音とクリアで抜けの良い高域再生を両立し、音楽が気持ちよく楽しめる音を追求しています。

装着スタイルが選べる独自の2Wayイヤサポーターなど、最適なフィット感を追求

耳にしっかりフィットし、気軽に装着できるコンパクトなサイズ。さらに、ヤマハ独自の2Wayイヤサポーターを採用し、通常のケーブル位置で装着するノーマルスタイルに加え、ケーブルを耳に引っかけてしっかり装着できる耳かけスタイルも可能。自分の好みや使うシーンに合わせて、2種類の装着スタイルが選べます。また、イヤピースには、硬度が異なる2種類のシリコン素材を採用。音の通過部分は、ハードシリコンにセレーション加工*¹を施すことで強度と柔軟性が両立され、形状を保持したまま耳の穴に合わせてフィット。イヤピースのつぶれなどによる、音質劣化も防げます。また、耳に触れる部分はソフトシリコンを採用し、耳の穴の大きさに合わせて選べる4サイズのイヤピースを付属。サイズに応じて、直径と奥行きのバランスも最適化しています。耳の穴の奥までしっかりと装着でき、動いていても取れにくい快適な着け心地を実現。周囲への音漏れも低減しています。さらに、ケーブルにはセレーション加工*²が施され、ケーブル絡みの原因となる摩擦を低減するとともに、タッチノイズも抑えて聴きやすさも向上しています。

飽きのこないシンプルなデザイン

フラットボディにヤマハの音叉マークを象徴的にあしらった、飽きのこないシンプルなデザイン。3カラーをご用意し、好みに合わせて好きな色を選べます。本機はマット塗装仕上げが施され、落ち着いた高品位な質感を演出。ケーブルのみのベーシックタイプです。

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。