EPH-M200 イヤホン

EPH-M200 イヤホン

希望小売価格:オープン価格 

  • 2014年8月 発売

世界初*!βチタニウムを音導管に採用した、スタイリッシュ&高音質なインイヤー型イヤホン

  • *民生用イヤホンとして、2014年4月時点。(ヤマハ調べ)

シンプルな上質感を追求した、スタイリッシュデザイン

美しいラウンドフォルムに、ヤマハの音叉マークのみがレイアウトされた、シンプルでスタイリッシュなデザイン。光沢のある表面仕上げで、ファッション性と上質感を両立させています。カラーは好みに合わせて選べる、赤・黒・白の3色をラインナップ。また、ボディと同じカラーでコーディネートしたケーブルには、iPod/iPhone/iPadの選曲・音量調整・通話(iPhoneのみ)などが行えるリモコンマイクを装備しています。セレーション加工*が施され、ケーブル絡みの原因となる摩擦を低減するとともに、タッチノイズも抑えて聴きやすさも向上。さらに、コンパクトに収めるキャリングケースを付属し、バッグの中にすっきりと入れられ持ち運びにも便利です。ファッションアイテムのように気軽に身に付けて、通勤・通学のときなどに音楽を楽しめます。

*セレーション加工:以下右側画像参照

15mm大口径ドライバーなど、新開発の高音質設計

「EPH-M200/M100」専用に開発した15mm大型ドライバーユニットには、高磁力のネオジムマグネットを使用。振動板には、剛性と柔軟性に優れたヤマハ独自のタンジェンシャル・エッジを採用し、サイズ感を超えたパワーあふれる低音と、細部までクリアな高音を両立しています。また、ハウジングには、ポリカーボネートとABS樹脂を複合した素材を採用し、内部の音の共振を低減。さらに、音響ポート(通気孔)を2カ所に設けることで、振動板動作時の通気抵抗を最適化し、クリアで心地よい低音を実現しています。

世界初*!βチタニウムを採用した音導管を搭載

「EPH-M200」の音導管には、柔軟性が高く弾力性にも優れたβチタニウムを世界で初めて*採用。レーザー加工により、特殊で高精度な切り込みを入れることで、耳の穴の形に合わせて音導管が可動し高い追従性を確保しています。15mmの大口径ドライバーを採用したイヤホンでありながら、耳の穴が小さな方でも快適に装着できる優れたフィット感を実現。同時に遮音性も向上し、音漏れがなくしっかりとした低音再生を可能にしています。また、高強度で共振しにくいため、クリアで抜けのいい高音も楽しめます。

*民生用イヤホンとして、2014年4月時点。(ヤマハ調べ)

専用のイヤピースを開発し、最適なフィット感を実現

βチタニウムの音導管の効果を最大限に発揮させるために、専用のイヤピースを開発。柔軟性と程よい硬さを併せ持つシリコン素材を採用し、耳の穴の形に合わせてイヤピースがしっかりフィットする優れた装着感を実現しました。また、一般的なイヤホンよりも長い音導管との相乗効果で、装着時のイヤピースのつぶれを低減するとともに、変形による音質劣化も防いでいます。さらに、耳の穴の大きさに合わせて選べる、5サイズのイヤピースを付属。サイズに応じて、直径と奥行きのバランスも最適化しています。耳の穴の奥までしっかりと装着でき、動いていても取れにくい快適な着け心地を実現。周囲への音漏れも低減しています。

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。