A-S3000 プリメインアンプ

ヤマハHiFiオーディオの血統というべき高音域の伸びやかさと中音域の温もり。A-S3000の開発にあたっては、その生来の特質と対を為すように音楽の実在感を際立たせる、低音域の新たな表現手法の確立を最大のテーマに据えました。アタック/ディケイ/サステイン/リリースから成る音のエンベロープの精密な再現を通して、ただ重いだけではない、適度な響きを湛えた“芯”のある低音域を表現する。そのためには音楽信号の情報量を活かす潤沢なパワーの供給と伝送ロスの低減が不可欠であり、絶対的に強固な筐体の構築と低インピーダンス化を志向した新しい機構設計、そして特許技術フローティング&バランス・パワーアンプの才能をさらに掘り起こすMOS-FET出力素子と大型トロイダル電源トランスによる新しい回路設計がここに選択されました。全段フルバランス伝送+フルディスクリート構成。ヤマハ流の緻密さと、それにも増して大きな音楽への愛が貫かれた、ヤマハプリメインアンプの最上位モデルです。

スペシャルサイトバナー CD-S3000/A-S3000

Gaudio+PCオーディオfanスペシャルコンテンツ

S3000シリーズ。その目指す世界とは、一体どんなものなのだろうか。三人のオーディオスペシャリストが、それぞれの視点から全貌を探った。

A-S3000/CD-S3000スペシャルサイト 音を紡ぎ、楽を綾なす。ヤマハHiFiオーディオ S3000シリーズ。

CD-S3000/A-S3000スペシャルサイト

丁寧に紡がれた「音」の情報量、それを「音楽」に織りあげる表現力。
・・・・・・今、音楽を愛するすべての人に。

Yamaha HiFi Historyスペシャルサイトバナー

Yamaha HiFi History

ヤマハHiFiプレーヤーが誕生した1954年から現在に至るヤマハHiFiオーディオの挑戦の歴史を、それぞれの時代の音を奏でた代表的な製品や技術とともに辿ってまいります。

A-S3000 プリメインアンプ

希望小売価格: 470,000 円(税抜)

  • 2013年9月 発売

新開発リジッド・ストリームラインド・コンストラクションを採用したヤマハプリメインアンプの最上位モデル

  • 色/仕上げ(SP)シルバー/ピアノブラック

プリアンプ部とパワーアンプ部を独立、信号経路を最短化したリジッド・ストリームラインド・コンストラクション

濃密かつ、高純度なオーディオ再生のために、新設計の高剛性・二重構造のコンストラクションを採用、徹底した振動対策、信号経路の最短化を実現しました。ボトムシャーシとインシュレーターで外部からの振動を受け止め、各回路は独立したインナーフレームによって支えられるフローティング構造とすることで、振動の影響を徹底して排除。理想的な重量バランスを考え、大型トロイダルトランス、コンデンサーから成る電源部は中央に配置。プリアンプ部はリアパネル側に、パワーアンプ部とヒートシンクは前後のインナーフレームで強固に挟みこんで固定することで左右対称のリジッド・ストリームラインド・コンストラクションを実現しました。電源部とアンプ回路を構造的に独立させて振動の伝播を徹底して遮断するだけでなく、微小信号を扱うプリアンプ部と信号増幅を行うパワーアンプ部を独立させることで、相互の干渉による音質の劣化を低減する理想的なシャーシ構造です。

また、パワー段そのものも左右を完全に分離した左右対称設計とすることで、チャンネルセパレーションの向上や明瞭なステレオイメージを追求しました。内部振動の原因となる大型トロイダルトランスをより強固にマウントするため、シャーシから独立した3次元構造インナーフレームを採用。銅メッキ処理されたインナーフレームは、凸型形状の高剛性メインフレームをベースに、前後・左右のフレームを組み合わせた構造で、全方向からの不要振動を低減します。トロイダルトランスの取付ベースには、素材の音色を吟味して無垢の3mm真鍮板を選定。振動を抑制するとともに、より開放感のあるクリアなサウンドを実現しました。また、インナーフレーム下部に設けられた空間は、高剛性化、振動対策の徹底に加えて、信号経路の最短化によるローインピーダンス化にも貢献。高剛性と信号伝達ロスを抑える効果を高い次元で両立しました。

スピーカーの駆動力・制動力を高め、躍動感のある力強い低域を実現するローインピーダンス設計

純度の高い信号伝送を実現するため、徹底したローインピーダンス化への取り組みを行っています。インナーフレーム下部に配線スペースを設けることで、トロイダルトランスからパワー段への電源供給や音楽信号の伝送など信号経路の最短化を物理的に実現。信号伝達ロスを排除し、瞬時の大音量時にもよどみなく電源を供給できる能力と、音楽信号をわずかでも損なわないダイレクト感のある再生を可能にしました。また、インナーフレームには銅メッキ処理を施すことで基準グランドのローインピーダンス化に寄与しています。トロイダルトランスの配線は、トランスの巻線そのものを取り出し、ダイレクトに接続端子にネジ止め結線。接点ロス、はんだ付けなどによる信号伝達ロスを徹底的に抑えた電源供給を実現しました。さらに、アンプの心臓部である電源部のブロックコンデンサーの配線、プリアンプ部とパワーアンプ部との接続、パワー段からスピーカー端子への配線など、信号伝送の上で重要となる箇所にネジ止め結線を採用することでダンピングファクターを向上させ、スピーカーの駆動力・制動力を高めることが可能となり、躍動感のある力強い低域を実現しました。

世界でも類を見ないユニークかつ合理的なアンプ回路「フローティング&バランス・パワーアンプ -ヤマハ特許技術-」

ヤマハの特許技術、フローティング&バランス・パワーアンプ。電源供給を含む全回路をグラウンドから完全に独立することで、微細な電圧変動やグラウンドを巡る外来ノイズの影響を徹底的に排除。さらに出力段の+側と-側に同一極性の出力素子を採用し、NFB回路や電源供給も左右のチャンネルのそれぞれの+側と-側の計4個をすべてフローティングさせることで、出力段におけるプッシュ-プル動作を完全に対称化(プル-プル化)した世界でも類を見ないユニークかつ合理的なアンプ回路です。信号伝送・増幅のフルバランス伝送との組合せにより、外来ノイズを排除するとともに、完璧なまでの増幅動作精度が実現されています。

オーディオの理想を追求した全段フルディスクリート構成&フルバランス伝送を実現

A-S3000は、トーンコントロール回路を信号系から切り離したトーンデフィート時において、全段フルディスクリート構成を実現します。これにより、スルーレートを向上しレスポンスを高め、活き活きと伸びのある高域を再現します。さらに、信号伝送・増幅のフルバランス伝送を採用し、制御系においてもバランス動作を徹底。したがってI/V変換回路をディスクリート設計、D/Aコンバーター以降の回路はすべてバランス伝送となっているCD-S3000とバランス接続することにより、トータルとして理想的な全段フルディスクリート構成&フルバランス伝送を現実のものとすることができます。CD-S3000が高い精度で読み取った信号は、その純度を落とすことなくA-S3000へ送られ、鮮度を落とすことなく増幅され、そしてスピーカー出力へ、聴取者の耳へ、心へと繋がっていくのです。

MOS FET+トロイダルトランスが生み出すあたたかみのある豊かな音

パワーアンプの出力素子としては、一般的なバイポーラー型トランジスタではなく、豊かな中域密度と情感的な音質傾向を備えたMOS FETを採用しました。カスタムメイドされた大型トロイダル電源トランスとの組み合わせにより、あたたかみのある豊かな音で音源本来の情報量を余すことなく再現します。また、+側と-側で同一極性のMOS FETを使用することでフローティング&バランス・パワーアンプの大きな特徴である、極性の違いによる音質差をなくした完全対称設計の理想をさらに進化させ、S/Nに優れた、音場感の高い音を実現しました。

音質最優先で選択されたこだわりのパーツ群

MCヘッドアンプ付きフォノイコライザーとヘッドホンアンプなどのアクセサリー回路もすべてディスクリート構成。アナログレコードの再生やヘッドホン再生においても、A-S3000の音楽性豊かなサウンドを楽しめます。また、ボリュームコントロールにはラダー抵抗のみで構成されたカスタム仕様の新日本無線社製高精度電子ボリューム素子を採用、スルーレートの低下や音色の色づけなどの影響を排除しました。さらに、トーンコントロールやバランスコントロールも不使用時には回路をバイパスする構成とし、より純度が高い再生音、急峻な信号に変化にも素早く反応するレスポンスの良さを実現しています。さらに、スピーカーへの最終の出口であるスピーカーターミナルにも徹底してこだわり、無垢の真鍮を削りだしたオリジナルデザインの大型ハンドル付きの締め込み式端子を採用。音質劣化のない確実な接続を実現するとともに、優雅な印象を与え、回しやすく、軽い力でもしっかりと締め付けられるように配慮しています(バナナプラグ接続、Yラグ接続にも対応)。

所有の愉悦を感じさせる精緻なデザインと使う歓びを満たす手触り

フロントパネルには、音楽の躍動感をダイレクトに感じられる大型のレベルメーターを装備。音楽のダイナミズムを伝えるメーターの動きを、ランプ球の色と柔らかな雰囲気を意識したLEDライトで美しくライトアップします。外観はCD-S3000と共通の、楽器のように、外観からはいっさいネジの見えない、精緻かつ美しいデザイン。世界的な楽器メーカー、ヤマハの匠の技とこだわりが息づいています。グランドピアノと同じ塗装・研磨工程で仕上げたピアノブラックのサイドウッド、金属と木材という異なる素材であるトップパネルとサイドウッドをすき間なく一体化した接合部分など、高度な加工技術を駆使して丁寧に仕上げました。トップパネルとフロントパネルには、信号への悪影響を排除するため、非磁性素材であるアルミを採用。フロントパネルは7mm、トップパネルは6mmの厚さとしました。シャーシ構造の高剛性化と同時に、振動の影響を巧みにコントロールし開放感のある伸びやかなサウンドを実現します。また、トップパネルの放熱穴は、CD-S3000とデザインを揃えたデザインで、パネルの両面から高精度な切削加工をおこない、細部にまで徹底してこだわって仕上げです。

ボリュームつまみやスイッチ類は、ユーザーが直接手に触れる部分だからこそ、その質感やデザインに徹底してこだわっています。音量および入力切り替えの各コントロールには、削り出しのアルミノブを使用、気品あふれる感触と質感の高さを伝えます。また、パワースイッチなどは、精緻な作り込みによって、上下の動きのどちらでもパネル面とのすき間が目立ちにくい形状とするなど、細部まで質感にこだわり、触れることそのものに喜びを感じさせるように作り上げています。

付属リモコンについても、アルミパネルを使った本体と共通するデザインを採用。金属的な質感を伝えるフォルムに、シンプルでわかりやすくボタンを配置。A-S3000の音量調整や入力切り替えといった操作に加え、CD-S3000の基本操作にも対応しています。

5年間の長期製品保証

永く安心してご愛用いただくため、A-S3000にはご購入日から5年間の長期製品保証を標準で付与いたしました。

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。