YSP-1600 デジタル・サウンド・プロジェクター

今後のHOME THEATER CONTROLLER(WLAN)について

2016/10/20

HOME THEATER CONTROLLER(WLAN)の機能はMusicCast CONTROLLERに統合いたしました。
今後の機能更新はMusicCast CONTROLLERのみで行います。操作にはMusicCast CONTROLLERをお使い下さい。

薄型テレビオーディオ総合サイト

薄型テレビオーディオ総合サイト

製品のレビューやインタビュー記事、最新情報がわかる!“テレビのサウンドパートナー”薄型テレビオーディオ総合サイト。

YSPのすべて スペシャルサイト

YSPのすべて

新章"世界初、サウンドバーによる3次元音場の再現″を公開。

MusicCast対応ヤマハWi-Fiスピーカーで音楽を10倍楽しもう!

MusicCast対応ヤマハWi-Fiスピーカーで音楽を10倍楽しもう♪

MusicCast®対応ヤマハWi-Fiスピーカーがあれば、音楽の新しい楽しみ方がもっと広がります。Wi-FiとMusicCast®で、いい音かんたん再生!

YSP-1600 デジタル・サウンド・プロジェクター

希望小売価格:オープン価格 *オープン価格製品の価格は販売店にお問い合わせください

  • 2015年9月 発売

ビームスピーカーを8個搭載、高さ6.5cmのスリムデザインで、快適にリアルサラウンドを

  • 色/仕上げ(B)ブラック

ヤマハ独自のリアルサラウンド技術で、 さまざまなコンテンツの臨場感と迫力がアップ

ボディのフロント中央に、高音質な2.8cm口径ビームスピーカーを8個搭載。ヤマハ独自の「デジタル・サウンド・プロジェクター技術(YSP)」により、ビーム化した音を壁に反射させることで実際に壁から音が聴こえ、自然でリアルなサラウンドを実現します。さらに、サラウンド再生では、コンテンツに合わせて最適な音場を創る独自の技術「シネマDSP」を搭載し、5種類の音場プログラム(テレビ番組/映画/音楽/スポーツ/ゲーム)から最適なモードを選べ、より臨場感と迫力がアップしたリアルサラウンドを楽しめます。

本機は、ワンバーボディの両端に8.5cm大口径サブウーファーを左右1個ずつ天面方向に内蔵することで、音の広がりが向上。前方へと絞り込まれた筐体の傾斜は、高さを抑えるともにサブウーファーも視聴者の方へ傾き、よりリアルな低音を届けます。また、高効率のバスレフポートも背面に装備し、迫力のある低域再生を可能にします。

※本機は音のビームを壁に反射させてサラウンドを実現するという特性上、次の様な環境では十分な効果を得られない場合があります。

・ビーム経路上にまったく壁が無い場合。

・大きさが幅3m~7m、奥行き3m~7m、高さ2m~3.5mにあてはまらない部屋。

・本機から視聴位置までが1.8m未満の場合。

・壁の材質が吸音素材でできている部屋。

・部屋の角に設置している。

テレビの前に設置できるスリムなサウンドバー

高さを極力抑えたスリムなワンバーボディを採用し、テレビの前に設置することが可能です。テレビのリモコン信号を本機背面に受け渡す「テレビリモコンリピーター*」機能を内蔵しているので、リモコンの受光部が低いテレビでもリモコン操作を妨げずに安心して置けます。また、天面部は高級感のあるヘアライン加工、前面部は上質なマット仕上げ、それらの間のカット面部は鏡面仕上げと、多彩な質感を施しています。

* 赤外線を利用したリモコン信号の伝送に有効です。

4K/60p映像伝送や著作権保護技術HDCP2.2など、4Kフォーマット対応のHDMI端子を装備

4K/60p映像伝送(パススルー)*¹や、4K放送の視聴に必要な著作権保護技術HDCP2.2に対応したHDMI端子を入出力各1系統装備。HDMIケーブル1本でテレビ音声を伝送できるオーディオリターンチャンネル(ARC)*²にも対応しています。また、大手メーカーのテレビやレコーダーに対応した「HDMIコントロール機能(リンク機能)」を搭載し、HDMI接続中のテレビやレコーダーと連動して、本機の電源オン/オフ・音量調整・入力切替などが可能です。さらに本機と対応テレビ*³をHDMI接続していれば、電子番組表とシネマDSPが連動する「おまかせサラウンド」機能が使用でき、テレビ番組を視聴する際に番組表のジャンルコードに合わせて、シネマDSPを自動的に最適な音場プログラムに切り替えます。

*¹ 4K/60p対応テレビ・4K/60p再生対応AV機器が必要です。

*² オーディオリターンチャンネル(ARC)対応テレビが必要です。

*³ 株式会社東芝・日立コンシューマエレクトロニクス株式会社の対応テレビと連動。

Wi-Fiや「MusicCastⓇ」による無線でのネットワーク音源の再生や、インターネットラジオなどに対応

有線での接続のほかに、無線LAN経由でネットワーク接続できるWi-Fi機能を内蔵しています。専用アプリ「MusicCast CONTROLLER*¹」をインストールしたスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を使って、端末内の音楽コンテンツのワイヤレス再生やパソコン(サーバー)内の音楽ファイルの再生、インターネットラジオを聴くことが可能です。radiko.jp*² にも対応し、radiko.jpプレミアム会員登録(有料)すれば、全国*³のラジオ局の放送を受信できます。さらに、別の部屋にある対応機器とワイヤレスでネットワーク接続できる新機能「MusicCastⓇ*⁴」に対応。本機と別のMusicCast対応機器との間で音声を配信/受信することができ、「MusicCast CONTROLLER」を使えば、複数の部屋に設置した対応機器の操作・設定などが行えます。また、iOSデバイスのAirPlayが使用できるほか、無線LAN環境がなくても、「MusicCast CONTROLLER」を使ったモバイル端末からのワイヤレス操作が可能な「Wireless Direct*⁵」も内蔵しています。

*¹ お手持ちのモバイル端末に、iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから無償ダウンロードしてご利用いただけます。

*² 聴取するには、対応したスマートフォンやタブレット端末と専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」が必要です。

*³「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」参加放送局に限ります。

*⁴ ファームウェア更新で対応します。

*⁵ Wi-Fi(無線LAN接続)や有線LAN接続と同時に使用することはできません。

新開発の専用アプリで、スマートフォンやタブレットなどからの 操作・設定等が可能

ネットワーク対応製品に向けて新たに開発した専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」をインストールしたスマートフォンやタブレットなどを使って、無線LANまたはWireless Directによる本機との接続で、音量調整や入力切り替えなどのリモート操作はもちろん、シネマDSPの音場プログラム5モード(テレビ番組/映画/音楽/スポーツ/ゲーム)の選択なども快適に行うことが可能です。また、ホーム画面では、入力中の機器や選択中のサラウンドプログラムなどがアイコンで分かりやすく表示されるので、本機の状況を一目で把握できます。さらに、理想の視聴環境を整えるためにアプリ機能も搭載しています。部屋の大きさ・壁までの距離・視聴する位置をアプリ上で入力すれば、サラウンドビームの方向や音響処理を自動で調整して、本機の音響効果を最大に発揮させることができます。

「クリアボイス」やBluetooth®対応など、より快適な機能と手軽な接続性を実現

セリフやナレーションを格段に聴き取りやすくする「クリアボイス」を搭載。BGMや効果音がふんだんに使用されている番組でも、人の声と背景音を判別して、人の声を強調し、聴き取りやすくします。また、Bluetooth®に対応し、お手持ちのスマートフォンやタブレットなど端末内の音楽コンテンツを、手軽にワイヤレス再生することが可能です。ネットワーク機器やBluetooth®対応端末と電源の連動ができる「ネットワークスタンバイ*¹」を使えば、スマートフォンなどの端末側からBluetooth®接続すると本機の電源がオンになり、同様に接続を切断すると電源がオフするので、電源操作の手間が省けます。さらに本機では、Bluetooth®対応のスピーカーやヘッドホンなどに音声をワイヤレス送信*²することも可能になりました。

*¹ 工場出荷時、「ネットワークスタンバイ」はオンに設定されています。

*² Bluetooth®受信時またはAirPlayで再生時には使用できません。

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。