クラリネット奏者 赤坂達三さん

#09

赤坂 達三さん

クラリネット奏者

いつでも音が出せるスペースがある。これは何物にも代え難い贅沢ですね
 
クラリネットを始めたのは中学の時。ちょうどその頃ジャズの大御所、ベニーグッドマンの来日公演を武道館で見て、いろいろな音色を兼ね備えたクラリネッ トという楽器がますます好きになったんです。それで普通高校から音大に進み、十九才の時、留学を決意してフランスに渡りました。
 
フランスは専門教育がすごく発達していて、入学試験も卒業試験もクラリネットだけ吹ければいい。そのかわり、試験は厳しいですよ。猛練習が必要なのです が、パリも東京みたいに住宅事情が良くないので、壁が薄かったり、上下階に音が響いたり。それに規則が厳しい。何時以降は絶対音を出してはいけない、何時 以降は風呂に入るな、とかね。じゃあ学校に行けば練習できるかというと、学校でも全員ぶんの練習室を用意しているわけではない。練習のためにわざわざ地下 室を借りたりもしました。  
 
東京に帰ってからは、グランドピアノ可の住まいをさがしました。だけど、いくら音出し可の部屋といっても、夜中に音を出すのは憚られる。それで、アビ テックスの二畳タイプを導入したんです。コンサートが終わって夜十一時頃帰宅して、それからでもちょっと音を出したり、楽器を触りたくなる時があるのです が、アビテックスがあれば、練習している、という気配すら感じさせずに、いつでも音が出せる。ちょっとリード選びをしたい、とか、譜読みをしたい、という 時に、いつでも音の出せるスペースがあるというのは、すごく贅沢なことですよね。  
 
それにアビテックスは、音の響きが実に自然。二畳相当という空間で、吸音と反射のバランスがよく、楽器の倍音まできちんと再現して、本来の楽器の音色を 損なわずに出すことが出来る。これはすごいことだと思いますね。練習場所がなくて困っているアマチュア奏者の方々にとっても、こんなに便利な商品はないん じゃないでしょうか。
 
 

アーティスト情報

 
あかさかたつぞう
1964年東京生まれ。国立音楽大学で学んだ後、渡仏。87年パリ国際音楽コンクール第1位、91年トゥーロン国際音楽コンクール第3位、日本木管コン クール第1位など輝かしい受賞歴を持つ。テレビ、ラジオにも多数出演、99年春のNHK連続テレビ小説『すずらん』主題曲を吉田美奈子とデュエット、大き な反響を呼ぶ。CDにはゲーデ・トリオと録音した『ブラームス、モーツァルト:クラリネット五重奏曲』(02年)など。

赤坂達三ファンクラブサイト
http://www007.upp.so-net.ne.jp/ATscope/