兵庫県西宮市 パインウエスト夙川

パインウエスト夙川のご紹介

西宮市の閑静な住宅街にある「パインウエスト夙川」。オーナーの西村音松氏は2010年に固定資産税対策として賃貸集合住宅を建設。「防音室」と「セキュリティ」をキーワードに試行錯誤を重ね、差別化された賃貸集合住宅を実現。満室経営に成功しています。

 

導入の経緯

「自宅にいるより快適な」賃貸住宅

「パインウエスト夙川」は軽量鉄骨、間取り1K31.71㎡の3階建6戸の賃貸集合住宅。西宮市内に音楽学部のある大学が2校あることに着目した西村オーナーが、他の物件との差別化のために考えたのが「防音室」と「セキュリティ」でした。コンセプトは「賃貸住宅の常識を覆そう」「自宅にいるより快適に」。

全室にセフィーネIIイーブイ2.0畳を設置(左)、 1DKの10.1畳洋室にアビテックスを設置(右)
 

防音室は全室にアビテックス「セフィーネⅡイーブイ2畳」を導入。アビテックスにした理由を「世界的な楽器メーカーが手がける防音室で、専門家のニーズを満たす一定水準以上の性能を有していると判断したからです。実際に防音室を利用する入居者もヤマハブランドに納得し、安心できると考えました。“防音室”は単に音を漏らさないという遮音性能以上に、防音室内で演奏者が感じる音の響き、つまり音場が大切です。演奏している人が、気持ち良く、ストレスを感じることなく演奏できなくてはならない。その面でもヤマハなら安心だと考えました」と西村オーナーは語ります。

ユニーク企画『体験入居』を契機に路線変更


力を入れて作成した専用ホームページ
http://www.pinewest.jp/

音楽学部の学生をメインターゲットに、女子学生専用として入居募集を開始しましたが苦戦。そのため西村オーナーは「体験入居」というユニークな企画を考えました。実際に住んでもらい住み心地を体験してもらいたいという考えから生まれたもので、3ヵ月家賃5,000円という破格の条件で募集。入居者からの情報収集の目的もあり、「学生には家賃が高い」など多くの情報が得られ、路線を変更して社会人も募集することにしました。その結果、その後は入居申込が相次いだといいます。

「意外だったのは、自宅が近くにありセカンドハウス的に利用する人が多かったことです。これまで体験入居をはじめ、チラシの配布、演奏会への協賛や広告出稿、ホームページの作成など様々なことを試みてきました。今は満室で空室待ちの方もおられますが、引続き物件のブランディングを徹底していきます。最近の問い合わせはネットからが多くなっていますので、『防音室・賃貸住宅』で検索すると『パインウエスト夙川』が上位に出てくるように認知度を高めていきたいと考えています」(西村オーナー)。常時満室経営を目指す西村オーナーの挑戦はこれからも続きそうです。
 

入居者の声

楽器が自由に弾けるマンションを探し、在学中に決めました(Tさん)


Tさん

ヴァイオリンは中学から大学まで、オーケストラ部に所属して弾いてきました。大家さんに、大学オーケストラ部の定期演奏会に協賛していただいたことでこのマンションのことを知りました。神戸に就職も決まっていてちょうど住まいを探していたところでしたので、どうせなら防音設備があって楽器が自由に弾けるマンションがいいと思い在学中に決めました。学生時代は部室が自由に使えましたし、演奏会が近づくとカラオケボックスで練習したりしていました。アビテックスは音の響きにも満足ですし、集中して練習することができます。

音大で「体験入居」の案内を見て入居しました(Mさん)


Mさん

フルートは中学校の吹奏楽部で始めて、その後音高、音大に進みました。実家がすぐ近くにあるのですが、実家ではなかなか自由に練習できずにいました。高校時代のフルートの先生がアビテックスを使っていて、購入を考えたこともありましたが、当時は賃貸住宅だったために設置が難しいということで諦めました。このマンションができたばかりのころに大学で体験入居の案内を見て入り、その後社会人になってからもずっと住み続けています。この周辺には防音室付きのマンションが少ないので貴重ですね。

勤務時間が変則的なので、時間を選ばず練習できるのが助かります(Nさん)

フルートは中学から大学のオーケストラまで吹いていましたが、社会人になって職場の寮に入ることになって中断していました。また吹きたいと思い防音付きマンションを探しているときに、ヤマハのお店でチラシを見て決めました。勤務時間が変則的なので、時間を選ばず練習できるのが助かります。音の響きもちょうど良く、伸び伸びと練習できています。現在は神戸のアマチュアオーケストラに所属しています。そのオーケストラが地域のボランティア活動などにも参加していて、やりがいがありずっと続けていきたいと思っています。

広さもちょうどよく長時間集中してピアノを弾くことができています(Kさん)


Kさん

現在大学院のピアノ科に通っています。学部の時代は大学の寮に入っていて練習室を自由に使えていました。大学院に入ると規則で寮を出なくてはいけないので、一年間は親戚の家に下宿していました。親戚の家でもピアノ教室をやっている関係で、自由にピアノを弾ける環境ではありませんでした。一人住まいを考えている時に、ちょうどこのマンションの一室が空いたという情報が入り、すぐに引っ越しました。最低でも1日5時間は練習しますが、広さもちょうどよく集中して弾くことができています。これからはコンクールにも挑戦して、プロのピアニストを目指したいと思います。

販売店のコメント

株式会社ヤマハミュージックリテイリング  神戸店Open in new window

ヤマハミュージックリテイリング 神戸店では、法人、個人を問わず「音」のご相談を受け付けております。  遮音だけでなく、音場(響き過ぎや、響か無さ過ぎ)のご相談もお気軽にお声掛け下さい。