【導入事例】コクヨ株式会社 様 / オフィス / 東京

Japan/Tokyo Feb.2021

コクヨ株式会社において、デスク・イス・収納などのオフィス家具から、教育・医療・公共施設向け家具、オフィス移転などのソリューションサービスまで幅広く提供するファニチャー事業本部。昨今のコロナ禍で国内企業の多くが対策を急ぐなか、感染症対策を意識した新しい働き方やオフィスの在り方をいち早く提案しています。2021年2月にリニューアルオープンした品川ライブオフィスの会議室や多目的スペースには、ヤマハの遠隔会議用ワンストップサウンドソリューション「ADECIA」が導入されました。

今回は、実際に「ADECIA」が設置された品川ライブオフィスの会議室にて、導入の理由や導入後の評価について、コクヨ株式会社 ファニチャー事業本部 ものづくり本部 DX戦略部 部長 永井 潤 氏にお話をうかがいました。

※「ADECIA」とは、遠隔会議に必要な機器をすべて揃えた音響システムとして、シーリングアレイマイクロフォン「RM-CG」、遠隔会議用プロセッサー「RM-CR」を中心に、PoE対応L2スイッチ「SWR2311P-10G」、Dante/Poe対応ラインアレイスピーカー「VXL1-16P」で構成されたソリューションです。

2021年2月にリニューアルオープンした品川ライブオフィス
コクヨ株式会社 ファニチャー事業本部 ものづくり本部
DX戦略部 部長 永井 潤 氏

コロナ禍で、お客様の関心は“従業員の安心・安全とコミュニケーションの両立”へ

コロナ禍で、ライブオフィスやショールームにお越しになるお客様のニーズに何か変化はありますか。

永井氏:
製品やソリューションを見る際の視点(角度)というか、優先するポイントやテーマが変わってきましたね。コロナ禍以前はワークライフバランスの適正化など「働き方改革」が大きなテーマでしたが、ここにきて「従業員の安心・安全」や「テレワーク・リモートワークとオフィスワークの連動」といった点に興味・関心が移っているように感じます。

今回の品川ライプオフィスのリニューアルについて、注目ポイントを教えていただけますか。

永井氏:
もともとリニューアルの計画は新型コロナ感染症とは関係なく進めていたのですが、2020年春以降のコロナ禍を受けて、急遽、安心・安全を担保しつつ、コラボレーションを推進してイノベーションへつなげていくための提案を盛り込むことにしました。この役員会議室を含むいくつかの会議室に設置した、会議室用飛沫吸引テーブル「エアトリーブ」(2020年12月受注開始)も注目ポイントのひとつです。

「ADECIA」と「エアトリーブ」が設置された役員会議室

品川ライブオフィスでは、3つの会議室にヤマハの遠隔会議用ワンストップサウンドソリューション「ADECIA」を導入されていますが、その理由を教えてください。

永井氏:
役員会議用のこの部屋のほか、2つの来客用会議室(会議室3・会議室5)にも「ADECIA」を導入しました。役員会議室はボードメンバーが集い会社の重要事項について議論する場ですし、来客用会議室についてもお客様や取引先といったビジネスの上で欠かせないVIPの方々と膝をつき合わせる場ですから、当然、心地よく会話に集中できる相応の設備が求められます。社員同士のコミュニケーションで利用する会議室であれば、Web会議用のマイクや配線がテーブル上に無造作に置かれていてもあまり気にならないと思いますが、このような特別なコミュニケーションの場にはふさわしくありません。パネル状のマイクを天井に設置する「ADECIA」なら、テーブル上を可能な限りスッキリさせることができるのでは…と考えたのが導入の理由です。

役員会議室天井に設置されたシーリングアレイマイクロフォン「RM-CGW」

お問い合わせいただいたのがちょうど「ADECIA」が発売されたばかりのタイミングだったそうですね。

永井氏:
そうですね。これまでもさまざまな案件のオフィス空間設計でヤマハ製品を活用してきた経緯もありますが、ちょうど発売されたばかりの「ADECIA」についてお聞きして、この製品なら我々が抱えている課題を解決できるのでは…ということで、早速弊社の情シス部門がヤマハさんを訪問し、実機を見て、その機能と効果をデモで確認し、すぐに導入が決まりました。

「ADECIA」のシーリングマイクが、会話に集中できる空間を演出

テーブルの中央部に空気吸入口がある「エアトリーブ」の場合、LANやマイクなどのケーブルの取り回しも変わってきますよね。

永井氏:
そうですね。最近の会議テーブルの多くは、天板のセンター部分に設けられた配線スペースからケーブルを取り出すことで、できるだけケーブルが目立たないように施工できますが、「エアトリーブ」の場合、室内空気を取り入れる吸気口がその場所を占めるため、座席側からケーブルを配線することになり、参加者にとって邪魔となりますし、見た目も美しくありません。このようにマイクや接続ケーブルが一切視界に入らず、究極のスッキリを実現できたのは「ADECIA」のおかげです。

「エアトリーブ」は、会議室内に浮遊するウイルスを5分で約99%減少させることができる空気清浄ユニットを搭載
遠隔会議用プロセッサー「RM-CR」とL2スイッチ「SWR2311P-10G」はモニター下の棚に設置(撮影のため露出)

発言のたびにその発言者にマイクを回して…といったことも必要なく、会議に集中できそうですね。

永井氏:
はい、その効果は大きいと思います。相手の表情を見て、発言の行間を読みながら、より深いコミュニケーションをとることが会議の目的ですから、この会議室のように、テーブル上に余計なモノが一切なく、マイクの位置や距離を意識しないで済む環境はまさに理想的です。単に天井設置で視界に入らないだけでなく、存在を主張せず天井に溶け込む高いデザイン性も気に入っています。

「ADECIA」のマイク内蔵機能が役立った点もありそうですね。

永井氏:
そうですね、「ADECIA」のノイズリダクション機能も高く評価している点です。強力な空気清浄ユニットを本体に搭載している「エアトリーブ」は、どうしても吸排気の音(ノイズ)が発生します。わかりやすく言うと、会議室内に、空調のほかにもうひとつノイズ発生源が増えるイメージです。「ADECIA」の高性能なノイズリダクション機能は、こうした低周波ノイズをあまり気にならないレベルに低減して会話音声をクリアに届けるのに効果を発揮しています。

会議室5全景 ※「ADECIA」と「エアトリーブ」を設置

「ADECIA」導入で、遠隔会議の音声品質とユーザビリティが大きく改善

導入直後のタイミングですが、実際に利用した感想や評価などお聞かせいただけますか。

永井氏:
以前利用していたバウンダリーマイクは、集音能力の問題か、声の小さい人やマイクから離れた人の声を相手側が聞き取りにくく、発言者にマイクを手渡しで回したり、マイクに顔を向けて発言するなど、常にマイクの位置を意識する必要がありました。慣れてしまってすっかりそれが普通になっていましたが、役員会議ではそのような状況を避けたい…と日々感じていたことも「ADECIA」導入に踏み切った理由のひとつです。

実際に音声品質やユーザビリティの課題はどの程度解決できましたか。

永井氏:
「ADECIA」の場合、天井に設置されたマイクが音源方向を瞬時に自動探知し集音してくれるので、参加者はマイクをまったく意識することなく会話に集中できます。さきほどのノイズリダクションや、人の声を判別して丁度よく音量調節してくれるオートゲインコントロールの効果もあり、着席位置や声の大きさに関わらず相手側にクリアな音声が届くようになったと思います。あと、スピーカーですがこちらも性能が良いためか、相手の声が自然に聞こえており、とても満足しています。

会議室5のモニター横に設置されたDante/PoE対応ラインアレイスピーカー「VXL1B-16P」

多目的の会議室にも「ADECIA」を導入されていますが、その理由についても教えていただけますか。

永井氏:
はい、もうひとつ、会議テーブルを置かない多目的スペース(会議室3)にも導入しました。小規模なセミナーや研修などの実施を想定していますが、「ADECIA」なら利用者数やレイアウトに応じてマイクの配置を変える必要がなく、ケーブルに足を引っかけたりする心配もなく、自由にレイアウトして利用できます。複数の音源をアクティブにトラッキングするマイクのおかげで、どこに着席してもクリアな音声を集音できる点も、こうしたスペースでは大きなアドバンテージとなります。

会議室3全景
上写真の天井を拡大:スケルトン天井からワイヤーで吊り下げ設置されたシーリングマイク「RM-CGB」

相乗効果のある両ソリューションをお客様に提案していきたい

「ADECIA」は「エアトリーブ」とも相性が良いですし、この2つのトータルソリューションのニーズもありそうですね。

永井氏:
そうですね。この会議室を見学されて「ADECIA」に興味関心を持たれたお客様には、両者の相乗効果をご説明のうえ、ぜひセットでご提案したいと思います。

本日はお忙しい中、ありがとうございました。

【コクヨ株式会社様の導入イメージ】

コクヨ株式会社 ファニチャー事業本部
https://www.kokuyo-furniture.co.jp/

品川ライブオフィス
https://www.kokuyo-furniture.co.jp/campus/sp/index.html

エアトリーブ(飛沫吸引テーブル)
https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/airtrieve/

製品情報

遠隔会議用ワンストップサウンドソリューション ADECIA

遠隔会議用ワンストップサウンドソリューション「ADECIA」導入のご相談はこちら

※これより先は、当社が委託した(株)セールスフォース・ドットコムのサイトへリンクします。