RX-A2A AVレシーバー 新製品

息を呑むサウンド

Dolby Atmos® with Height Virtualizer*

トップスピーカーやハイトスピーカーが設置されていない場合でも、Dolby Atmos® with Height Virtualizerは高さ方向を含むあらゆる方向からのイマーシブサウンドを再現できます。さまざまな環境に適応したバーチャル3Dサラウンドテクノロジーで従来のコンテンツも立体的な体験を可能にします。

Dolby Atmosであらゆる世界を感じて下さい。5.1chのスピーカーにトップスピーカーやハイトスピーカーなどを2つ追加するだけで包み込まれるような効果を提供します。 ステレオやDolby TrueHDなど従来のフォーマットでもDolby Surroundで3Dサラウンドを体験することも可能です。

*ファームウェアアップデートで対応予定

DTS:X®

イマーシブオーディオフォーマットのDTS:Xは、ごく自然に音を空間に配置し、生き生きとした多次元の音響を作り出します。また、DTS Neural:X™が搭載されており、お気に入りの映画などの没入感が向上し、臨場感が高まります。

シネマDSP 3D for Movie, Music and Game

実測音場データにデジタル信号処理を組み合わせたヤマハ独自の音場創造技術。ヤマハは、コンサートホールのデザインやパブリックアドレス、ミキシングなどの豊富な経験を活かし、世界の有名コンサートホールや音楽クラブの音場データを収集。この膨大な情報をデジタル化し、専用LSIに組み込むことで、コンサートホールや音楽クラブの空間を効果的に自宅に再現します。映画の圧倒的な臨場感に浸り、重厚なシアターサウンドの世界に浸ってください。

Music Enhancer

音楽をMP3のようなデジタル圧縮されたフォーマットにエンコードすると、周波数特性が損なわれてしまいます。ヤマハのMusic Enhancerは、独自のアルゴリズムを用いて高度なデジタル信号処理を行い、失われたものを補完することで、音楽が常に本来あるべき姿に聞こえるようにします。

ハイスルーレート・パワーアンプ

Yamaha AVENTAGE Receiver Amp

高スルーレートアンプは、信号を正確に伝送することができ、特にハイレゾリューションオーディオ信号に適しています。一般的に高スルーレートのアンプでは信号の伝送が不安定になりますが、ヤマハでは新設計の回路により高スルーレートで安定した信号伝送を実現しています。

クラフトマンシップ

アンチレゾナンステクノロジー

Yamaha RX-A2A A2A AVENTAGE Receiver Amp

本体底面の中央に装着された円錐形のレッグは、AVENTAGEシリーズの音づくりを象徴する装備のひとつです。この<5番目の脚>は、ヤマハ独自のアンチレゾナンステクノロジーによってシャーシの共振をもっとも効果的に 分散・抑制し、電源トランスが発するわずかな振動さえも徹底して抑え込むよう、材質と形状、取り付け位置が入念に検討されました。透明感に満ちたヴォーカルやキレのあるベース、そして深々と広がる自然な音場。揺るぎない安定 感を備え、力強くフォーカスの合った、AVENTAGEならではの表現力豊かなサウンドの秘密がここにもあります。

今までにない映画・ゲーム体験

HDR10+*

HDR10+は映像コンテンツのダイナミックレンジをシーンごとに信号化するだけでなく、明暗のシーン特性をメタデータで提供することで、より細やかなディティールを表現することができます。HDR10+で製作者の意図を感じられる、よりリアルな映像を体感して下さい。

*ファームウェアアップデートで対応予定

4K/120Hz*

4K/120Hz解像度とより高いリフレッシュレートソリューションをサポートし、よりシームレスなHDMIで接続されたシステムを実現します。4k/120Hzは、超高速モーションのUHD映像を鮮明でシャープなものにし、スポーツ、アクション映画、高性能ゲーム、VRコンテンツなどに大きなメリットをもたらします。

*ファームウェアアップデートで対応予定

ゲーミング専用機能搭載(ALLM,VRR,QMS,QFT)*

強化されたゲーム及びメディア機能は、ゲーム、映画、ビデオのスムーズでシームレスなモーションとトランジッションを提供します。自動遅延モード(ALLM)は、理想的な遅延設定を自動で行い、スムーズでラグのないインタラクティブ性を可能にします。可変リフレッシュレート(VRR)は、より流動的でシビアなゲームプレイのために、ラグ、スタッター、フレームティアリングを低減または排除できます。ムービーやビデオのクイックメディアスイッチング(QMS)は、よりスムーズなコンテンツ切替に対応しストレスを軽減します。クイックフレームトランスポート(QFT)は、遅延を軽減し、よりスムーズでラグのないゲームやリアルタイムのインタラクティブなバーチャルリアリティを実現します。

*ファームウェアアップデートで対応予定

あなたの部屋のために

YPAO™R.S.C/マルチポイント計測

Yamaha Receiver Amp YPAO

YPAO(Yamaha Parametric room Acoustic Optimizer)は、部屋の音響とシステムを分析し、さまざまなオーディオパラメータを正確に調整して、部屋に最適なサウンドを提供します。付属のマイクをリスニングポジションに設置し、YPAOのスイッチを入れるだけで、システムが自動的にキャリブレーションされ、ホームシアタールームで最適なパフォーマンスを発揮します。室内の初期反射音を積極的に制御して左右スピーカーの設置環境の違いによる音質・音場の偏りなども補正する「YPAO-R.S.C.」(Reflected Sound Control)も搭載。

ワイヤレスリアスピーカー

Yamaha Receiver Amp MusicCast

ワイヤレスストリーミングスピーカーMusicCast 50またはMusicCast 20と、このAVレシーバーを組み合わせて、ワイヤレスサラウンドでホームシアターを構築するという驚くべき利便性をお楽しみください。簡単に現在のリビングルームを映画や音楽を十分に楽しむことができる特別なエンターテイメント環境に変えることができます。

印象的でパワフルなデザインコンセプト

Yamaha RX-A2A A2A AVENTAGE Receiver Amp

新しいデザインと常に挑戦を続けるクラフトマンシップ、ホームエンターテインメントに視覚と音響の芸術を提供します。

安定したパフォーマンスを実現するために、堅牢なシャーシ構造を採用しています。美しいフォルムはAVENTAGEの独自性をさらに高め、音響的にも重要なポイントになっています。

伝統を忠実に受け継ぎながらも、新しい設計思想を取り入れることで、AVENTAGEの新しい姿は、エンジニアリングの革新性を最大限に発揮しています。

お好みの曲やステーションをプリセットできるSCENEボタン

SCENEボタンは4つあります。これらを異なる入力にプリセットしたり、サウンドフィールドプログラム、ミュージックエンハンサー、HDMI出力などを設定することができます。入力は、FMやインターネットラジオ局、ストリーミングサービスのステーション、USB機器、PCやNAS(ネットワーク)の曲など、特定のソースに設定することができます。ボタンを設定したら、本体またはリモコンのいずれかのボタンを押すだけで、レシーバーの電源を入れてお好みの音楽を聴くことができます。ボタンはいつでも再設定が可能です。

セットアップも使い方も簡単に

MusicCastアプリで簡単操作

Yamaha Receiver Amp MusicCast-App

スマートフォンやタブレットとMusicCast CONTROLLERアプリを併用して、AVRの操作や設定変更を素早く簡単に行うことができます。同じコントローラーアプリは、MusicCast対応のすべてのデバイスのリモコンとして機能するだけでなく、マルチルームでのオーディオコントロールも可能です。

音声操作に対応(Alexa)

リモコンやアプリでの操作に加え、音声操作にも対応。MusicCast対応製品だけでなく、Alexaを使って簡単に家中のシステム全体を直感的にコントロールし、家の中を音楽で満たすことができます。

※本サービスは事前の通知なく変更または中止される場合があります。

※音声操作には、Alexaを搭載したデバイスが必要です。

初期設定用アプリ「AV Setup Guide」

Yamaha Receiver Amp AV-Setup-Guide

AVレシーバーと周辺機器との接続や機能設定・調整作業を丁寧にガイドしてくれる専用アプリ「AV SETUP GUIDE」を用意。ご購入時のセットアップから毎日の鑑賞まで、シアターライフをバックアップします。

その他

マルチルームオーディオ - MusicCast

お気に入りの音楽を様々な部屋で共有することを想像してみてください。お気に入りのレコードからAirPlay®、Bluetooth®、音楽ストリーミングサービス*、さらにはテレビからのサウンドまで、MusicCastは実現できます。

*最大384kHzまでのWAV、FLAC、AIFF、DSDなどのハイレゾフォーマットに対応しています。

AirPlay 2

Hey Siri、キッチンやリビングルームで音楽を再生して。

AirPlay 2は、家中の複数のMusicCastデバイスにApple Musicやその他のストリーミングサービスをストリーミングする機能を追加します。iPhoneやiPadから簡単にコントロールしたり、HomePodとリンクさせたり、音声コントロールを使ってSiriにアシストしてもらうこともできます。

※本サービスは事前の通知なく変更または中止される場合があります。

ストリーミングサービス

音楽ストリーミングサービスで、音楽の世界を探検してみませんか。スマートフォンやパソコンのプレイリストや楽曲をAVレシーバーに同期させることで、お気に入りの音楽を聴いたり、新しい音楽を発見したりすることができます。

※本サービスは事前の通知なく変更または中止される場合があります。

eARC

4Kコンテンツの可能性を最大限に引き出します。エンハンスド・オーディオ・リターン・チャンネル(eARC)は、ヤマハのAVレシーバーに搭載されている次世代のARCです。

eARCは、Dolby® TrueHDやDTS-HD®などのフル解像度のマルチチャンネルオーディオフォーマットを、既存のHDMI接続を介して配信するため、お気に入りの映画や瞬間に浸るための最もリアルなサラウンドサウンド体験を提供します。

Zone2

Zone2対応のスピーカー端子を搭載しており、メインルームで再生しているAVコンテンツを別の部屋で再生するために、同じ(あるいは異なる)コンテンツを送ることができます。例えば、寝室やキッチンにスピーカーを設置しておけば、その部屋に行って、メインルームで再生しているコンテンツと同じものを、別の部屋で再生して楽しむことができます。

フォノ端子搭載

専用のフォノ入力端子を備え、ターンテーブルを接続してレコードコレクションの音楽を楽しめるAVレシーバーです。

5年間の長期製品保証

長期間にわたり安心してご愛用いただけるよう、お買い上げ日より5年間のメーカー製品保証を-AVENTAGE-AVレシーバー「RX-A2A」に標準で付与いたしました。

  A2A V6A V4A
 
A2A
V6A
V4A
内蔵パワーアンプ数 7ch 7ch 5ch
定格出力
(20Hz-20kHz, 2ch駆動)
100W(8Ω) 100W(8Ω) 80W(6Ω)
ゾーン機能 ゾーン2 ゾーン2 ゾーンB
HDMI 入出力 7/1 7/1 4/1
4k/120Hz, HDR10+
(ファームウェアアップデートで対応予定)
Dolby Atmos with Height Virtualizer
(ファームウェアアップデートで対応予定)

(ファームウェアアップデートで対応予定)
Surround:AI
ワイヤレス
リアスピーカー機能
YPAO
(R.S.C/マルチポイント計測)

(R.S.C/マルチポイント計測)

RX-A2A AVレシーバー 新製品

希望小売価格:88,000円(税込)

  • 2021年4月 発売

デザイン、回路構成を一新したAVENTAGEエントリーモデル。ワンランク上のクオリティーで深い音楽体験を届けるネットワークAVレシーバー

  • 音色・ダイナミクス、サウンドイメージにこだわり、ホームエンターテインメントを次のレベルへ引き上げるAVENTAGEシリーズ
  • Wi-Fi・Bluetooth®・AirPlay 2・Spotify Connect・MusicCast マルチルームオーディオに対応
  • トップスピーカーやハイトスピーカーなしで3次元音場をバーチャル再生できる「Dolby Atmos Height Virtualizer*」機能。*ファームウェアアップデートで対応予定
  • 4k/120Hz*入出力に対応したHDMI端子を搭載し、ゲームプレイに最適な最新規格(ALLM,VRR,QMS,QFT)に対応 *ファームウェアアップデートで対応予定
  • MusicCast20やMusicCast50と組み合わせてワイヤレスサラウンドを構築できるMusiCast Surroundに対応
  • 設置環境の違いによる音質・音場の偏りも有効に補正するYPAO-R.S.C
  • 色/仕上げ(B)ブラック

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。