EPH-RS01 イヤホン 生産完了品

EPH-RS01 イヤホン 生産完了品

希望小売価格:オープン価格 

ケーブルにスマートフォンの操作・通話ができるリモコンユニット装備し、イヤカフで装着感をアップできるスポーツタイプ

イヤカフで耳にしっかり固定でき、激しい動きや汗にも強いスポーツモデル

スポーツシーンでの使用に最適な、ヤマハ初となるスポーツモデルのイヤホン。ケーブルを耳に引っかけて装着できる独自の2Wayイヤサポーターと、耳にかけたケーブルをしっかり固定できるイヤカフを使用することにより、ランニングやスポーツ時などの激しい動きから、イヤホンを外れにくくサポートします。さらに、イヤホン本体に、水の侵入を防ぐ特殊シートを採用。汗や水しぶきに強く、スポーツ時に使用していても安心です。また、イヤピースには、硬度が異なる2種類のシリコン素材を採用。音の通過部分は、ハードシリコンにセレーション加工*を施すことで強度と柔軟性が両立され、形状を保持したまま耳の穴に合わせてフィット。イヤピースのつぶれなどによる、音質劣化も防げます。また、耳に触れる部分はソフトシリコンを採用し、耳の穴の大きさに合わせて選べる4サイズのイヤピースを付属。サイズに応じて、直径と奥行きのバランスも最適化しています。耳の穴の奥までしっかりと装着でき、動いていても取れにくい快適な着け心地を実現。周囲への音漏れも低減しています。

専用設計の8.5mmドライバーを搭載し、ヤマハならではのクリアな音質を実現

「EPH-52/32/22」シリーズ・「EPH-S01」シリーズ専用に新開発した8.5mmドライバーユニットには、高磁力のネオジムマグネットを使用。振動板に精度の高いヤマハ独自のタンジェンシャル・エッジを採用するとともに、実使用時の音量で振動板が最適に可動するエッジ形状や振動部(ドーム)面積に設定することで、コンパクトサイズながら幅広い帯域再生を可能にしています。また、ハウジングは、ドライバーの音がストレートに鼓膜に届くように、ドライバーと音導管が一直線上に並ぶように設計。素材には、フロント部にABS樹脂、リア部にポリカーボネートとABSの複合樹脂を採用し、硬度の異なる素材にすることで音の濁りの原因となる不要な共振を低減しています。さらに、不要な高域のピークを抑えるサウンドチューニングパイプを搭載するなど高音質を追求。スポーツ時でも聴き取りやすい、クリアで明瞭な音にチューニングしています。

スポーツファッションに合うビビッドカラー&シンプルでスタイリッシュなデザイン

スポーツアイテムらしい、ビビッドな2カラーを用意。本体とケーブルのカラーが異なるツートーンを採用し、スポーツファッションともコーディネートしやすいカラーリングにしています。また、デザインは、フラットボディにヤマハの音叉マークのみを象徴的にあしらった、シンプルで飽きのこない外観。本来の質感を活かした素材色で、長く愛用していただけるように仕上げています。さらに、本機はケーブルにスマートフォン対応の操作・通話リモコンを装備したリモコンユニットタイプ。スポーツ時手元で音量などのアナログ調整が可能です。

リモコンで出来る操作

・音楽を聞く(再生・一時停止・音量調整)

・電話を使う(電話を受ける・電話を切る・音量調整)

※ 一部のスマートフォンでは、音楽・動画再生/ 一時停止の操作ができない場合があります。

※ 接続機器自体の音量を調整することはできません。

※ リモコン側で音量を最小にしても消音にはなりません。

※ 通話時は、マイクを口に近付けなくても会話が可能です。

製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。