2018年吹奏楽コンクール課題曲アドヴァイス

Responsive image

今年も吹奏楽コンクールのシーズンがやってきました。
2018年度課題曲での演奏のポイントを、東京佼成ウインドオーケストラ団員の坂本雄希さんと秋田孝訓さんにうかがいました。
併せて、ヤマハがおススメする打楽器もご紹介します。ぜひ練習の参考にしてください。

  • Ⅰ.古き森の戦記

    全体的に場面が目まぐるしく変化するので、それに伴い音色も変化させて効果的に作りましょう。
    同様に1つ1つの場面ごとに仕上げるというよりは全体を見通しての音楽作りが特に必要な曲だと思います。
    この曲ではf以上になった時に、開放的な音色というよりは密度のある凝縮した音色感を意識して場面ごとの頂点を作ると、
    全体の起承転結のバランスが作りやすいかと思います。金属楽器は漂うような幻想的な雰囲気が出せると良いですね。

  • Ⅱ.マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ

    明るいマーチですね。fは力まずにバウンドする様な跳ねるテンポ感を出しましょう!
    Trioの刻みはスネアドラムのみになります。フレーズが長くなりますが歌い過ぎずにマーチのグルーヴ感も表現したいですね!
    作曲者はグロッケンにはスタッカートを書いていますがシロフォンには書いていません。グロッケンシロフォン共に、
    スラーも含めて同じ動きのアーティキュレーションを確認する事で、フレーズがグッとつかみやすくなると思います。       

  • Ⅲ.吹奏楽のための「ワルツ」

    非常に繊細な音楽です。ウィンナーワルツはもちろんラヴェルなどのワルツ作品を聴いて、色々な表現のパレットを作れると良いですね。
    前の人からのフレーズを受け取り、さらに次の人にしっかり受け渡す事が大切ですね。微妙なテンポの変化の時に、打楽器は肝になります。
    テンポの速い遅いだけでなく、音楽の重心の位置、テンポの伸び縮みをイメージして演奏できると良いですね!
    小編成の作品なので打楽器は4人で書いてありますが、自由曲で人数がいる場合はパート譜にとらわれ過ぎずに、
    バスドラムは1人にして鍵盤パートは独立させるなど工夫すると、より深く表現が出来る様になると思います。

  • Ⅳ.コンサート・マーチ「虹色の未来へ」

    上行形のメロディが多いので、そのニュアンスを打楽器セクションは意識してフレーズを作りましょう。
    作曲者は打楽器パートのダイナミクスをメロディや同じ動きの伴奏よりも一段落として書いてあるところが多いですが、
    音量というよりはニュアンスや音色を意識してサウンドを作ってみましょう。
    フレーズの途中で打楽器だけ楽器が変わったり重なってくるところがあるので、流れを止めない様にしたいですね!

  • Ⅴ.エレウシスの祭儀

    この曲の打楽器は舞踏的なリズムの核になっています。
    リズムだけでなく各々の打楽器の音色のキャラクターを活かす様に意識すると色彩感が出てくるはずです。
    5/8のパッセージは打楽器セクションのアンサンブルがまとまっていると、合奏も引き締まります!
    タイが伸びない事と4拍目の裏の人が正確に入る事が重要です。お互いがお互いのパートを交換して練習してみましょう。
    各々のフレーズのなりがちな癖が見えてきてパートを戻した時にリズムの噛み合わせがうまく行くと思います。
    112小節目は打楽器セクションの見せ場です。サスペンデッドシンバルは響きが残りやすいので、fpのpの作り方を研究しましょう。
    打楽器セクションとしてのクレッシェンドを効果的に作りたいですね!

アドヴァイザー:坂本雄希

国立音楽大学卒業。
全国各地のオケやスーパーワールドオーケストラ、ハンガリー国立フィル、ミハイロフスキー劇場管等でも演奏活動を行う。
現在東京佼成ウインドオーケストラティンパニ奏者。

アドヴァイザー:秋田孝訓

東京藝術大学卒業。クラシックからミュージカル等の劇音楽、ポピュラーミュージックまでジャンルを問わない
マルチパーカッショニスト、ドラマー。
現在、東京佼成ウインドオーケストラ打楽器奏者。