AVレシーバー『RX-V4A』『RX-V6A』『RX-A2A』の次世代ゲーム機およびグラフィックボードとの互換性につきまして(情報更新)

2021年5月24日

ヤマハ株式会社

株式会社ヤマハミュージックジャパン

平素はヤマハ製品へのご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

 

2020年と2021年に発売いたしましたAVレシーバー『RX-V4A』『RX-V6A』『RX-A2A』につきまして、今後のアップデートで最新のHDMI2.1の機能である4K/120Hz入出力への対応を予定しております。しかしながら、次世代ゲーム機Xbox Series XおよびグラフィックボードNVIDIA GeForce RTX30シリーズからの4K/120Hz信号において、AVレシーバーへ入力した際に映像や音声が出力されない問題が明らかになり、これらに対応するためにはハードウェアの交換が必要となることが判明いたしました。

Xbox Series XやNVIDIA GeForce RTX30 シリーズと接続し4K/120Hz入出力を楽しまれるお客様へ

対象のAVレシーバーをご使用のお客様に無償の基板交換対応を予定しております。これにより問題の起きる機器と接続して4K/120Hz信号の映像をお楽しみいただけるようになります。この基板交換は開始月から24カ月間無償で実施いたします。申込方法等詳細につきましては改めて2021年9月頃にこちらのウェブサイト等にてご案内いたします。

なお、Xbox Series XやNVIDIA GeForce RTX30 シリーズを4K/120Hz映像信号で使用されないお客様は基板交換を実施いただく必要はございません。今回対象としているAVレシーバーは現時点で4K/60HzのHDR信号に対応しておりますので、多くのゲーム機器で通常通りご使用いただけます。 また、対象のAVレシーバーはeARCに対応しております。テレビとソース機器を直接接続いただき、音声信号をeARCでAVレシーバーに出力することで4K/120Hzの映像をお楽しみいただくことができます。

加えて、2021年5月13日に発表いたしましたAVレシーバー『RX-A4A』『RX-A6A』『RX-A8A』ではこの問題は発生しませんので、基板の交換は必要なく将来のファームウェアアップデートのみでHDMI2.1規格の映像をお楽しみいただけます。

今回の対象の機器および組み合わせでご使用のお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

Yamaha RX-A2A A2A AVENTAGE Receiver Amp

RX-A2A 新製品

希望小売価格:88,000円(税込)

デザイン、回路構成を一新したAVENTAGEエントリーモデル。ワンランク上のクオリティーで深い音楽体験を届けるネットワークAVレシーバー

Yamaha RX-V6A V6A Receiver Amp

RX-V6A

希望小売価格:71,500円(税込)

デザインと回路構成を一新し、最新の3次元音場機能やHDMI規格に対応した7.1chネットワークAVレシーバー

Yamaha RX-V4A V4A Receiver Amp

RX-V4A

希望小売価格:49,500円(税込)

デザインと回路構成を一新し、あらゆるホームエンターテイメントを楽しめる5.1chネットワークAVレシーバー